So-net無料ブログ作成
2019年夏 ザルツブルク ブログトップ
前の3件 | -

いつもと違う乗り物で出発 [2019年夏 ザルツブルク]

めぎ家に滞在していた学生さんは元気に日本へ戻って行ったそうだ。最後の晩にうちのドイツ人と一緒にバルコニーで撮ったビデオを送ってくれたが、学生さんの顔に終わりの寂しさが滲み出ていて、なんだか切ない気分。なんか昔のめぎみたい。人生、色々試行錯誤して、未来を切り開いて行ってくれたらいいな。その際に、めぎ家での滞在がいつか何らかの形でほんのちょこっとふっと役立ってくれればいいな。

さて、今日からこの夏の旅行記をいきなり始める…まだ来たばっかり、旅が始まったばかり、旅の途中だけど、もうちゃんと旅行記にしちゃえ、と思い立った。普通は旅に出た時くらいネットからも解放されて旅に集中すべきと考えるのだろうが、めぎは夏休みの今のほうが書く時間がいっぱいあるのだ。なにしろ今はめぎ一人だし、特に予定も立て込んでいない暇な旅だし、旅に集中すればするほど書くことも思いつくのでその勢いのまま書いちゃえば書く時に思い出そうと考えずに済むし、帰ったらまた激務が待っているのでゆっくり書く時間はなくなるし、そもそも2年前の夏の話も去年のもまだ書いてなくてその後となると忘れちゃうだろうし、それなら書ける今のうちに少しでも書いちゃおう、と。まあ、書けない時はスマホで写真のみアップの「めぎはいまここ」で対応するということで。

旅の始まりは7月も押し迫ってきたある日の早朝。まあ早朝と言っても出発は7時10分、搭乗は6時台。わ~プロペラ機だ~!
a1.jpg


ちょっと離れて全体像を撮りたいところだが、ここで我慢。
a2.jpg


プロペラ機に乗るのは生涯でたぶん3度目くらいだと思う。1度目は小学生の時で、札幌から釧路まで往復。2度目はドイツに来てからで、フリース諸島の何処かの島からドイツ本土まで。それ以外は思い出せない。
a7.jpg


1時間半ちょっとかかって、到着。これは着陸の瞬間。この山を見ただけでわかる方は通。
a8.jpg


のどかな飛行場…
a3.jpg


ここ、歩いてあそこまで。
a4.jpg


飛行場の前のバスターミナルも閑散としてて、乗ったバスもめぎ一人でチャーターみたい。普通の路線バスなのでしばらくすると人でいっぱいになったけどね。
a5.jpg


そして15分ほどで到着~~そう、いつものザルツブルク♪ 到着は9時15分ごろ。
a6.jpg


今までは電車で来ていた。電車の旅も楽しかったけど、デュッセルドルフからザルツブルクまで7~8時間かかる。ドイツ鉄道はよく遅れるので、ミュンヘンでの乗り換えに遅れて次の電車まで1時間待ちなんてこともあったし、レイルジェットの1等車の座席指定をしたのに次の電車は普通電車で1等は1等でもこれですかという座席になったなんていう経験もして、乗り換えなしの飛行機のほうがいいような気がしたのだった。予約したのは4~5か月前のことで、23㎏のスーツケースを預ける分も含め片道78ユーロ。帰りはうちのドイツ人の車なので、片道だけ。

いつもの宿に荷物を置いて、まずは朝食へ。トマセッリというカフェでザルツブルクの新聞を読みながら、ああ、今年も夏がやってきたわ~と至福の時。
a9.jpg


つづく♪
nice!(33)  コメント(8) 

ザルツブルク一日目 [2019年夏 ザルツブルク]

現在、旅先から旅の話を連載中。

ザルツブルクに到着後、カフェで朝食を食べ終えて出かけた先は、フランツィスカーナー教会。
b1.jpg


モノクロで撮っているのは、今回の旅ではモノクロに挑戦するつもりだから。ヘタッピーだけど練習せずしてうまくなるはずもないし。これなど、これ以上近づけないところで単焦点レンズだからあとで切るつもりで撮ったために余計なもの写り込んでいるのは仕方がないとしても、斜めになっちゃってるし、もっとしっかり撮らなきゃねえ。
b2.jpg


黒すぎて、モニター見てもちゃんと写っているのかよくわからなったりする。老眼の所為もあるけど。ゴーストも写ってるし。
b3.jpg


ホント綺麗だったんだけどねえ。ここにはまた行ってリベンジしてこなければ。
b4.jpg


さて、教会で涼んでいる間に…そう、この時は暑かったのだ。と言ってもデュッセルドルフの40℃に対しザルツブルクは最高31℃くらいで十分過ごしやすく感じたけど…宿から部屋の支度ができたという連絡が届き(10時半!)、若干の食料品の買い物をして宿へ。宿はアパルトマンで、つまり自炊である。長期滞在なので、毎日外食すると飽きるからキッチン付き。

部屋はエアコン付きだが、使わなくてもいい程度に涼しくて、快適にゆっくりと過ごした。午後、ちょっと散歩に出かけたが、暑いけどその暑さを楽しめる程度の暑さ。ホント、デュッセルドルフの40℃(オフィシャルには40.7℃を記録したとのこと)は過激だったわ…
b8.jpg


それからちょっと昼寝して早めの夕食をとって、20時半からのコンサートへ。これが聞きたくて1月初めに申し込みをし、3月初めにチケット割り当ての連絡が届いて大喜びで飛行機をとったのだった。
b5.jpg


それはクルレンツィスというギリシャ出身の若手の指揮者のショスタコーヴィッチ第7番で、期待以上に興味深く面白く素晴らしかった。1時間半ものシンフォニーがアッという間に感じたほど。書き忘れたので追記だが、オケは現在クルレンツィスが首席指揮者のSWR Symphonieorchester(南西ドイツ放送交響楽団)。
b6.jpg


うんうん、この雰囲気、一年ぶり。今年もいっぱい見ていっぱい聞いて、心のタンク飽和状態にまで充電しますわよ~
b7.jpg
nice!(28)  コメント(4) 

ザルツブルク2日目 [2019年夏 ザルツブルク]

現在、旅先から旅の話を連載中。

ザルツブルク滞在2日目の朝はめぎ的にはかなり遅く8時過ぎに起床。買ってあったパンとハム、宿備え付きのコーヒーで簡単に朝食を済ませ、9時過ぎに散歩に出発。まず向かったのは古い水車小屋。
b1.jpg


↑この水車小屋の中はこれまた古い中世からあるパン屋さんなのだが、この日はここでは購入せず、そのままあの有名な墓地の中へ。
b2.jpg


何度かご紹介したあのサウンドオブミュージックに出てくる鉄格子の墓地である。映画ではこんなきれいなシーンは出てこなくて、真っ暗な怖そうなところだったけど、ここは色とりどりの花と鉄細工の十字架が美しいところ。
b3.jpg


その真ん中に泉があった。
b4.jpg


ボコボコと湧き出てくる…そんな様子を撮っていたその時…
b5.jpg


ふと誰かがやってきて、水を汲んだ。不意だったのでびっくりしたが、じょうろに水をこうして入れているところをぎりぎりキャッチ。
b6.jpg


あ、お墓の花の水遣りに来たのね。結構きちんとした身なりで、こざっぱりとしたちょっとお年の方。スカートとバッグが緑で、緑色が好きなのかな。ちょっとついて行ってみよう…もしかしたら声をかけてお話できるかもしれないし…めぎは、ここにお墓を持っていて世話をしている人にお話を伺ってみたいと思っていたのだった。いいチャンスだわ!
b7.jpg


そう思っていたのだけど…
b8.jpg


できなかった。だって、どうやら泣いているみたいだったから。
b9.jpg


ちょっと遠くからでも、この人の悲しみがめぎにビンビンと伝わってきた。そんな人を撮るのもどうかしているが、めぎはどうしてもこの人の悲しみを記録しておきたいと感じた。なんだかそんなに他人事に思えなかったのだ。あの姿は、いつの日かのめぎ。そんな気がしたのだった。

その人はしばらくここにいた。蝋燭を付けて。
c1.jpg


つづく
nice!(29)  コメント(5) 
前の3件 | - 2019年夏 ザルツブルク ブログトップ