So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月のめぎ家の夕食 [食べ物・飲み物]

9月最後の今日は恒例のめぎ家の夕食をご紹介。

これはドイツのハンバーグ、フリカデレ。ハーブの利いたハンバーグで、ソース無しで食べるのがドイツ風。
a1.jpg


大量に作ってあるのは、うちのドイツ人が平日昼に食べるため。サラダはめぎが準備したもの。

付け合せの白いのはパースニップ。蒸してバターで味付け。
a2.jpg


9月はデザートに凝ったうちのドイツ人。これは一番下にチョコレートプディングを、その上にチェリーのコンポート、その上に生クリーム。
a3.jpg


↑こんな感じで下がバニラプディングだったり真ん中がナシのゼリーだったりリンゴのコンポートだったりプルーンのコンポートだったりを色々組み合わせて、様々なのを作ってくれた。いつもコニャックとかラム酒とかキルシュヴァッサー(さくらんぼの蒸留酒)とかを使ってお酒の味がついているのがポイント♪

これは鴨のローストの日。フライドポテトもちゃんと自分でじゃがいもを切って揚げたもの。
a4.jpg


サッカーニュースを見ながらの土曜日は、食べやすいようおつまみ風の持ち寄り♪ 鶏の唐揚げ(味付けはめぎの担当で、揚げるのはうちのドイツ人担当)にじゃがいものオーブン焼きローズマリー風味(うちのドイツ人が準備)、キャベツの漬物とほうれん草と松の実の胡麻油炒め(めぎが準備)。
a5.jpg


今年度に入ってからめぎの帰宅は毎日7時過ぎになったため、平日は8時の夕食で、もうすっかり暗くて電気の明かりで撮影する季節になった。それとともに煮込みも多くなり、美味しいのだけど写真映えがしない。
a6.jpg


豚のバラ肉と生プルーンの煮込み。プルーンの酸味と甘味が絶品。
a7.jpg


うちのドイツ人はめぎのためにアサリを買ってきてくれたりも。
a8.jpg


これはまた土曜日のサッカーニュースを見ながらの夕食。食べやすいようにニョッキで。トマトソースもうちのドイツ人作。地物トマトが美味しい季節ももう少しでお仕舞い。今、食べ貯めしているって感じ。
a9.jpg


めぎ家の食事は基本的にうちのドイツ人が作るからナイフとフォークで食べることとなる。でも、めぎが作ったちょっとした小鉢もの(サラダとか漬物とか)を並べるときには箸も使ったりする。箸を使うのは2~3割くらいかな。

これもうちのドイツ人が作ってくれたデザート。カカオ味のグリースブライ(グリースは粗挽き穀物という意味で、ブライは粥という意味で、あらびき穀物を牛乳で煮て固めたもの)。ソースは干しプルーンのコンポート。
a10.jpg


他にもレバー団子スープを作ってくれたり、魚を買ってきてムニエルを作ってくれたり、めぎがご飯を炊いてうちのドイツ人が鶏のハツといろいろな野菜を炒めて丼にしてみたり、大根おろしをしてみたりなど色々食べたんだけど、割愛。そう言えば知人におみやげに貰った横浜のシュウマイが美味しかったんだけど、それも撮り忘れちゃったな・・・

撮影: D600 + 35mm(F1.8)/ 20mm(F1.8)
nice!(27)  コメント(7) 

9月の日曜日のめぎ家のブランチ [食べ物・飲み物]

月末恒例の食事の話は、まず日曜日のブランチから。

これは9月3日。パンがドイツらしいでしょ。
a1.jpg


↑ハム類を色々並べているけど(上の大きく丸いのは牛タン入りの血のソーセージ、その手前にハーブの利いた粗挽きレバーの燻製ペースト、粗挽き燻製ソーセージ、そして一番手前にドイツの生ハム)、食べたのはわずか。なにしろうちのドイツ人がベーコンエッグをこんなに大量に用意したし。
a2.jpg


これは9月10日。燻製ソーセージの前に並んでいるのは、ガチョウの燻製の薄切り。パンは3種類のクロワッサン。芥子の実がついているのと白ごまがついているのとチーズ入りのと。丸い白い入れ物の中身は、マルクト市場の鶏肉スタンドで買った出来合いの鶏肉サラダ(ヨーグルト味)。
a3.jpg


17日のメインは白ソーセージ。白ソーセージはバイエルンでは日本の昔のお豆腐みたいに朝買って午前中に食べるものだけど、めぎ家では金曜日に買って日曜日に食べている。それでも十分美味しいと思うのはバイエルンから見たら邪道なのかもしれないが。
a4.jpg


沸騰しないように茹でたのを皮を剥いて、甘い味の粒マスタードをつけて食べる。これは日本で人気の粗挽きソーセージとは全く異なっていて食感はさつま揚げに近い。慣れるとやみつきになる美味しさ。
a5.jpg


そして24日はゆで卵。白いパンはモロッコ系のパン屋で買ったもの。ドイツはトルコ系やアラブ系、モロッコ系の人が多く、彼らイスラム教徒のための特別な食料品店も多い。おかげで彼らのパンも楽しめる。30cmくらいの大きな塊の一斤を買ってきてスライスして食べるのだが、ふわふわでとても美味しく、ぺろりと食べ切ってしまう。普通のドイツのふわふわ系のパンが一日でパサパサしてしまうのに対し、なぜかイスラム系のは数日ふわふわしっとりしているのも嬉しいところ。
a6.jpg


日曜日のお昼にテレビの前で食事するのは、11時半からのマウスの番組を見ながら食べるから。マウスの番組は子供向けだが、なかなかどうして薀蓄に富み、大人が見ても色々と勉強になる。なにしろ選挙のやり方も難民のことも東西分断の歴史のことも扱うし、物理学系・化学系のこともわかりやすく、決してお茶を濁さずきちんと説明するのだから。マウスのサイトはこちら(ドイツ語だけだけど)。

撮影: D600 + DX40mm(F2.8)micro/ 35mm(F1.8)/ 20mm(F1.8)
nice!(25)  コメント(7) 

秋の光 [小さな出来事]

なんだか毎日同じようなタイトルで書いているけれど、今日も日曜日の散歩の秋の風景から。

秋の日差しって、柔らかくて美しいな。
b1.jpg


直射日光がキラキラしているのも美しいけれど・・・
b3.jpg


こういう柔らかい光が秋らしさという気がする。
a1.jpg


日曜日の街はひっそりとしている。午後は散歩する人が多くなるけど、午前中はホント静か。お店が閉まっているからね。
b4.jpg


ちょっと賑やかな一角では、ボッチャというスポーツをしている年配の人たちがいた。これも典型的な日曜日の光景。
b5.jpg


今度の日曜日ってもう10月だわね。なんだか日々飛ぶように過ぎていくなあ・・・

撮影: D600 + 105mm(F2.8)micro
nice!(36)  コメント(7)