So-net無料ブログ作成

久々のワイン畑 [アール川河畔の葡萄棚]

先週末、ホームステイのお嬢さんを連れて久々にアルテンアールのワイン畑を訪ねた。
a1.jpg


ホント久々・・・
a2.jpg


残念ながら曇りだったけど、時折差し込む光が美しかった。
a3.jpg


ワイン用のぶどうはまだまだ若かった。
a4.jpg


このときに持ち出したのはAPS-CセンサーのD5600に一年ほど前に知人から頂いたフルサイズ用のシグマのマクロレンズ150mm(F2.8)と、フルサイズのD600に58mm(F1.4)をつけた2セット。最初の3枚はフルサイズの58mmの写真で、4枚目のぶどうのアップからはマクロレンズ。35mm換算で225mmの単焦点マクロレンズはオートフォーカスが壊れているのでマニュアルで操作。むずかし・・・
a5.jpg


ここなんて6~7枚撮ったのだけど、どれもピントの位置が違った。全部川に合わせていたはずなんだけど。
a6.jpg


デュッセルで見かけない可愛い鳥さんがいたので頑張ってみたけど、どれもピントが合ってなかったわ・・・
a16.jpg


ここも、川面の映り込みを撮っていたはずなんだけどな・・・
a9.jpg


さて、ここのワインはワインの北限地帯。
a10.jpg


アール川の水とこのスレートの土で育つ。
a7.jpg


繊細な味で、強い太陽の味が好きなめぎ好みではないけれど、景色は素敵。
a8.jpg


夏の勢いを感じる蔓。
a14.jpg


あちこちに生えている花も可愛かった。
a15.jpg


さて、最後の3枚はまたフルサイズに58mm単焦点の写真。
a11.jpg


F1.4だけど絞って撮っている。絞るとセンサーのゴミが目立つが、ここならまあそれもわからないし。
a12.jpg


最後に、座れないベンチ。ここに生えている植物は触ると被れてしまうのだ。
a13.jpg


こんな何気ないドイツの風景に案内されたお嬢さん。何を感じたかな。この一週間前の週末には一緒に留学してきた友人と一日はデュッセルドルフを見て回り、もう一日は電車でケルンとブリュールとボンへ行ってきた。この次の日には語学学校のエクスカーションでアムステルダムへ行ってきた。一ヶ月に体験すること、見聞きするもの、膨大だわね。
nice!(30)  コメント(5) 

nice! 30

コメント 5

Baldhead1010

SONYから6100万画素のフルサイズカメラが出るようですが、今でも4200万画素のセンサーのシビアさに手を焼いてるのに、とても手が出せる代物ではないです。
それと、容量からして、PCが追いつけないような^^;
by Baldhead1010 (2019-07-18 04:19) 

mimimomo

ピンクのお花はヤナギランかしらね。こちらではお山の植物。
by mimimomo (2019-07-18 07:26) 

YAP

街もいいですが、こういう景色も印象に残るのではないでしょうか?
日本の田舎とはまた違う雰囲気ですから。
by YAP (2019-07-18 08:20) 

(。・_・。)2k

なんて鳥でしょうね
ビタキ系なのは間違いなさそうですけど

by (。・_・。)2k (2019-07-18 11:09) 

テリー

日本のブドウ畑とは、全く違うブドウ畑は、印象に残るでしょうね。
by テリー (2019-07-19 09:27)