So-net無料ブログ作成

アルスター湖畔 [ハンブルク]

今日から6月中旬の北ドイツのお話を。

キリスト教の聖霊降臨祭の4連休を利用して北ドイツを訪ねることにしためぎたちがまず最初に向かったのはハンブルク。ここはアルスター湖。
a1.jpg


うちのドイツ人が、広い広いアルスター湖の端っこにあるこの銅像が見たいというので。
a6.jpg


1963年に建てられたこの銅像は「凧揚げをする子どもたち」といい、うちのドイツ人が子供の頃から好きだったんだって。銅像なのにふわっと飛ぶような感じが素敵だなあって。
a2.jpg


たしかに軽々としたイメージだわね。
a5.jpg


ここは公園になっていて、もうほとんど終わりかけの薔薇がたくさんあった。きれいなのをやっと見つけてパチリ。
a3.jpg


これは何という木なのかしらねえ。
a4.jpg


どっしりと大きい。
a7.jpg


美しい公園だった。
a8.jpg
nice!(30)  コメント(6) 

nice! 30

コメント 6

(。・_・。)2k

凧にもお国柄が出るんですね
凧というより カイトって感じますよね
同じ意味なんでしょうけど(笑)

by (。・_・。)2k (2019-07-02 02:08) 

Baldhead1010

この木何の木、気になる木、ですね^^
by Baldhead1010 (2019-07-02 04:22) 

Inatimy

凧を持って見上げてる像、風を感じられていいですね^^。 爽やか。
その木は、たぶん、コーカサスサワグルミ(Pterocarya fraxinifolia)かも。
何だろう?と気になって、手持ちの図鑑で調べてみました^^;。
by Inatimy (2019-07-02 05:46) 

mimimomo

この像はそんなに古くから立っているってことですね。
あまり古さを感じないです。
by mimimomo (2019-07-02 07:55) 

YAP

風を受けて凧が浮き上がってるんですね。
銅像なのに柔らかい感じが伝わります。

by YAP (2019-07-02 07:58) 

engrid

銅像、のびやかでいいですね
アルスター湖、写り込みの雲が波紋に揺れてる
by engrid (2019-07-03 01:18)