So-net無料ブログ作成

国境を歩く [プファルツ地方]

現在、先週末のプファルツ地方の話を連載中。

宿のあるSt. Germanhofから200mくらい歩くと、そこはドイツとフランスの国境。
a1.jpg


かつての税関が立っていた。
a2.jpg


そこにドイツ語とフランス語でこんな表示があった。
a3.jpg


なんでも1950年にドイツとフランスの学生たちが国境廃止の集会をしたようなのだ。そのときにここにあった遮断器を壊したのだという。彼らの主張は、ヨーロッパ人としての権利を訴えるもの。なるほどなあ・・・ドイツ人としての権利、フランス人としての権利もあるけれど、もっと大きくヨーロッパ人としての権利もあるんだわね。ヨーロッパ人としては、ヨーロッパ中どこにでも自由に行ける権利があるということなのだろう。そう言われると、アジア人としての権利って、ほとんど無いわねえ・・・
a6.jpg


1950年に学生だった人たちって今88歳前後。彼らにしてみたら今の世の中って、彼らが成し遂げたことをこんな晩年になってまた壊されていくという感じ。どう感じているのかな。

なにはともあれここには今は誰もいなくて、ここまでがSt. Germanhofで3km先にWissembourgがあるという極めて普通のドイツ表示に並んでフランス語の標識があって(居住者以外駐車禁止)・・・
a5.jpg


ここからフランス。
b1.jpg


そこから200mほど歩くと、ノートルダム礼拝堂!
b2.jpg


フランスの聖母さん、おはようございます!(見えにくいけど)
b4.jpg


礼拝堂には入れなかった。
b3.jpg


もう500mほど先へ行けばWeiler(訳すと「小さな村」!)という小さな集落に出るのだが、このときかなり冷えていたのでもう引き返すことにした。朝8時頃で、そろそろおなかすいてたし。

で、ここからまたドイツ。
b6.jpg


撮影しながら、手が冷たかった・・・
b7.jpg


通り沿いの木にりんごがたわわになって、どれも虫食いになっていた。
b8.jpg


歩いたのは左上の建物(めぎの泊まった宿)から右下の建物(ノートルダム礼拝堂)まで。写真はPCの画面を撮ったもの。これがドイツとフランスの国境。なんて平和なんだろう。
b9.jpg


ところで昨日のこの地図だけど、これはソネットのこの記事を書く画面にある「地図貼り付け」機能を使ったもの。どうやらこれはソネットのAPIキーとやらが有効でないってことのようね。




昨日のYAPさんのコメントを読んで、ああそうか~とGoogle Mapそのものの埋込機能を使ってみた。これはこれで、自分専用の地図だから訪問者には別の地図が表示されると但書があったのだけど、皆様の画面にはいったいどこが表示されているのかしら・・・?



撮影: D600 + 20mm(F1.8)
nice!(34)  コメント(6) 

nice! 34

コメント 6

(。・_・。)2k

地図上にしか線がないんですね
なんでトランプさん 壁作りたいんだろうと不思議に思います

by (。・_・。)2k (2018-10-24 04:01) 

Baldhead1010

EUもなく、シェンゲン協定もなかったら・・・。
不便この上もないし、国境紛争で各国が猜疑心の塊になっているでしょうね。
by Baldhead1010 (2018-10-24 04:28) 

Inatimy

林檎の赤が印象的です^^。
最後の地図、私が見た画面では、ドイツ&フランス国境の上に
Landgasthof St. Germanshof がちゃんと表示されましたよ。
小川の下にある道(宿の南側にある道)、国境が通ってるんですね。
1本の道の左右でフランスとドイツっていうのも面白いな^^。
by Inatimy (2018-10-24 06:28) 

mimimomo

ヨーロッパ人って全部じゃないけれど、かなり血が入り混じっているでしょ。だから文化も似たところがきっとある。
でもアジアって十把一絡げにするのは難しいわ。違いが大きすぎる感じがします。
今は長閑ねぇ~ 争いと無縁なのね。
by mimimomo (2018-10-24 07:19) 

YAP

Google の地図はちゃんと表示されてますよ。
たぶん、めぎさんの意図通りになってるんじゃないかな。
今や EU 内の国境は、こんな風に表示看板だけのところが多いんでしょうね。
日本国内の県境的な気軽さですね。
by YAP (2018-10-24 08:08) 

めぎ

Inatimyさん、YAPさん、マップの件コメントくださり、ありがとうございます!
by めぎ (2018-10-25 00:31)