So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

川向うからザルツブルク旧市街を見下ろす [ザルツブルク 2016年夏]

現在、2016年夏のザルツブルクの話を連載中。

こんな魅力的な古い階段を上り・・・
d1.jpg


たどり着いたところにはこんな眺めが待っていた。
d2.jpg


望遠ズームは楽しいな、と思う瞬間。
d3.jpg


ちょっと視線を左にずらすと、大聖堂や城塞の見えるこんな景色で・・・
d4.jpg


右側は音楽祭会場が見えるこんなふう。
d5.jpg


この崖の岩で作った部分が音楽祭会場。
d6.jpg


ここまでの全体が、広角で撮るとこんなふう。
d11.jpg


レンズって楽しいな。

実は、この一年前にここと同じ場所に上ってこんな写真を撮っていた(こちらをどうぞ)。このときニコワンに換算50mm相当の単焦点1本で撮ったため、今度は必ずフルサイズに広角と望遠レンズを持っていこうと思っていたのだった。天気にも恵まれてなにより。

広角も面白いけど、ここではやっぱり望遠であれこれズームアップ。これはもっと右側の部分。手前にホテルザッハーが写っている。
d7.jpg


ずっと手前の屋根をズームアップしてみたり。この屋根、面白いわよねえ。
d8.jpg


ザルツブルクは基本的に屋根に色がなく、あってもくすんだ緑色で、上から見た景色はそれほど美しいわけではない。でも、統一感はあるわね。
d12.jpg


もっと左側に目を向けると・・・
d9.jpg


サウンドオブミュージックのマリアがいた修道院が見えた。その後ろの山々との距離を見ると、あの映画の冒頭のシーンは全く別の場所との継ぎ接ぎであることがよく分かるわね。でも、ああいうアイディアが湧いてくる気持ちはわかる気がする。ザルツブルクは山々と緑に囲まれた街、という感じなのだもの。
d10.jpg


撮影: D600 + 70-300mm(F4.5-5.6)/20mm(F1.8)
nice!(30)  コメント(8) 

nice! 30

コメント 8

Baldhead1010

フルサイズの高画素カメラは大きな望遠レンズは必要ないですね。

トリミングでかなりカバーできます。
by Baldhead1010 (2018-03-10 04:42) 

YAP

望遠のレンズは便利ズームしか持ってませんが、あまり望遠側を積極的に使ってません。
もう少しいろいろ試してみよう。
by YAP (2018-03-10 07:09) 

Inatimy

いい眺めですね。 広角で撮った全景、絵はがきみたい。
丘の上に建つ家もゴージャスそうな。
サウンド・オブ・ミュージックの冒頭のシーン、確かに^^。
山から走り下りてすぐに修道院があるのかとずっと思ってましたよ。
by Inatimy (2018-03-10 07:37) 

ナツパパ

おおっ、ザルツブルク!!
懐かしいなあ、行きたいなあ。
先に訪れたときは冬のお終いでした。
今度は夏に、音楽祭も込みで行きたいです。
...いつかはぜひ!
by ナツパパ (2018-03-10 09:50) 

テリー

遠くのものを、望遠ズームで、アップしてみたいという、気持ちよくわかりますね。重いズームレンズは、旅行の時は、大変です、目下、D500・D5600+18-300F3.5-6.3 で、試し撮り中です。鳥の飛翔などを撮らないなら、結構、いい写真が撮れますね。
by テリー (2018-03-10 19:30) 

ふーみん

望遠レンズ いいですねー 私も憧れです。
でも重たいので この頃主人も短いレンズばかりです。
by ふーみん (2018-03-10 23:07) 

miffy

素晴らしい眺めですね。
いろいろと試して撮りたくなる景色ですね。
by miffy (2018-03-10 23:25) 

engrid

いい感じの階段を登ったさき見せる景色
望遠ズーム 広角 たのしいな、、、
いつもと違う感覚、魅力的
by engrid (2018-03-11 23:57)