So-net無料ブログ作成

9回目の4月 [小さな出来事]

ax.jpg

今日から4月。
a7.jpg


ドイツで春を迎えるのはこれが9回目。もう9回目、というよりは、まだ9回目?という感じ。

初々しい色がいっぱい。向こうのピンクはモクレン。
a8.jpg


今年のドイツの春はものすごい急ぎ足。いつもは5月に入ってもなかなか芽を出してくれない藤が、今年はもうこんな状態に。
a3.jpg


3月最後の日は待望の雨だった。屋根の苔も嬉しそう。
a1.jpg


ちらちら見える紫色は、ポプラの花の残骸。
a2.jpg


あのふっくらふさふさだった花はしわがれて、初々しい緑色を見せ始めたポプラ。
a4.jpg


自然はこんなにも残酷で美しい。きっと、冷たい残酷な空恐ろしさを秘めているからこそ、殊更美しいのだろうな。
a5.jpg


人間の人生も然り。日々うちのドイツ人が繰り返し言うのだが、痛みを感じるのも真実だし、日々美味しいものを食べたり仕事で充実していたりうちのドイツ人のジジイギャグに笑ったりなど楽しみや幸せを感じるのもまた真実。どちらか片方だけでは病気になってしまう。辛さや悲しみや痛みに蓋をしてしまってはいけないし、そればかり見て喜びを押しつぶしてしまうのもいけない。人生は両方あってこそで、どちらからも目を背けずに生きていくことが大切だ・・・ここ数日、何を書きたいか分からなかったのも真実だし、でも何か書きたかったのも真実。それにおつきあいくださってたくさんのコメントをくださったみなさまに心から感謝。

雨で花粉が洗い流され、とても過ごしやすくなった。
a10.jpg


そして、雨が上がったら、またぐぐぐっと緑色が増えた。さあ、4月。また一歩、踏み出そう。
a11.jpg
nice!(46)  コメント(23) 

nice! 46

コメント 23

コメントの受付は締め切りました
Bonheur

9年目の春、なんですね。
たくさんたくさん、いろんなことがおありだったことと思います。
最初の欧州一人旅がドイツ(2000年)で、その翌年に再び訪れて以来、行っていないのですが、そのうちまた、と思っています。
めぎさんのブログのおかげで、ドイツがより身近に感じられて、嬉しいです。
ブログもそうですが、どうぞ無理なさらないでくださいね。
by Bonheur (2011-04-01 07:07) 

manamana

勝手なドイツのイメージには、屋根の上の苔って似合いません。
考えてみれば不思議でも何でもないのですが。
とにかく長くていろいろ考えさせられる3月でした。
by manamana (2011-04-01 07:18) 

YAP

ドイツ人さんの言葉、重みがありますね。
私こそお礼をいいたいです。
めぎさん、ドイツ人さん、ありがとうございます。
日本の春は、今年はなんだかゆっくりです。
今週も桜はまだまだです。
by YAP (2011-04-01 08:07) 

まぐろ

エプリルフールですね!
忘れていました。ここジュネーブでは魚の何とかというそうです。
あいまいすぎてごめんなさい。
昨日のクロッカスに感動したのにそれを書くのを忘れていました。
皆芽吹いて生きてエネルギーを感じます。
by まぐろ (2011-04-01 08:14) 

ナツパパ

こういうことがあって、日常の暮らしの大切さを思い知らされました。
なんということのない朝の愛おしいこと。
by ナツパパ (2011-04-01 08:16) 

くっさん。

同じ日本でも、関西にいると、まったく平常通りの生活です。
なんか申し訳ないという気持ちになりますが、
平穏無事な日常の有難さを感じながら日々を送っています。
応援する気持ちはいつも持っていますので。
by くっさん。 (2011-04-01 08:17) 

krause

若葉を見ると、春から初夏という雰囲気ですね。

節電で、店も街も薄暗い雰囲気ですが、今までが「子供の時間」のような明るさだったのではないか、と思っています。欧州の駅舎内や街も夜は薄暗くなりますが、その雰囲気をとても気に入っていますし、同様に、節電して暗くなった現在の日本も個人的には気に入っています。しかし、暗くなると、女性の一人歩きは少し心配かもしれませんね。
by krause (2011-04-01 08:30) 

夢空

9年ですか、長いようで短い、、そんな感じでしょうか。
いつかは、訪れてたいドイツ★
いつまでも、情報発信お願いします(^.^)
by 夢空 (2011-04-01 08:33) 

ネム

ドイツ人さんは素敵な方ですね。
はじめは「ドイツビールって美味しいな」で興味を持ったドイツでしたが
めぎさんのブログを見るようになって私もすごくドイツが近くなりました。
いつかいつか、絶対に行こう!と、夫といつも話しています。

みんな水滴が気持ちよさそう…。
清々しい朝ですね。
日本でもたくさんの人が新しい一歩を踏み出していると思います。
by ネム (2011-04-01 08:58) 

たいちさん

大阪でも昨日、桜の開花宣言がされました。被災者の心にも春が訪れることを願っています。
by たいちさん (2011-04-01 09:25) 

mimimomo

春っていいなぁ~ 芽吹きって何故だか希望が湧く~
屋根の苔、manamanaさんじゃないけれど、日本的かな^^
美しいですよね~
ご主人様の仰る通りね~ 人生悲喜こもごも、ずべてを受け入れないと
生きていられないですよね。
by mimimomo (2011-04-01 09:45) 

ひろころ

藤の若芽が、生命力に溢れててめっちゃ美しいです☆

ドイツ人さんのおっしゃること、もっともだなぁと真に納得しました。
両方、必要なんですよね。どっちかが欠落してるってコトは、
非常にアンバランスな状態なんだと思います。
めぎさんの、9年目のドイツ。ますます充実した日々になりますように(._.*)ノ
by ひろころ (2011-04-01 10:42) 

MOCOMOCO

来年は10年の節目なんですね^^
日々、充実していらっしゃるからこその毎日ブログ更新、ですね♪
ドイツ人さんの仰るとおり、良い面も悪い面も含めての人生。
上手に消化吸収して、最終的には満足な人生だったと思いたいです^^
ドイツ語でのオヤジギャグって、日本のオヤジギャグと同じようなものかしら?(笑)
by MOCOMOCO (2011-04-01 13:04) 

テリー

九回目のドイツでの春、いいですね。充実している感じです。
ピンクのモクレンは、あまり、日本では見かけません。新宿御苑では、ハクモクレン、シデコブシが満開です、
by テリー (2011-04-01 15:49) 

nao

ドイツ人さんの言葉、とても胸にしみました。
物事には、陰と陽があるから、バランスが保てるのですよね…。
今年も、めぎさんとドイツ人さんにとって、
充実した年になりますように。(^_^)
by nao (2011-04-01 18:21) 

マリエ

9年目の春、ドイツで暮らしているめぎさんの頑張りは凄いと思います。
でもそれをささえているのはやっぱりお宅のドイツ人さんなんですね~
とっても心にしみる言葉です。芽吹きの植物のように元気出して行きたいです。(*^_^*)
by マリエ (2011-04-01 19:42) 

あかえび

今日の最高気温は20度を少し超えました。(^^♪
仕事でバイクに乗ったけど、帰り道に遠回りしてしまったよ。(笑)
by あかえび (2011-04-01 20:12) 

ぽりぽり

後ろぼけの写真が良い雰囲気。。 今年の日本の花粉はかなり手強いです。(泣)
by ぽりぽり (2011-04-01 22:44) 

miffy

やっと春らしく暖かくなりました。
日当たりのいいところでは桜の花も三分咲きくらいになりました。
人生は山あり谷ありですよね。
平坦な道を行くばかりでは面白みがないですものね。
by miffy (2011-04-01 23:03) 

HIROMI

なんだか今日の写真は、日本の風景のように感じました。
苔や木蓮。
今日はわりと暖かかったです。続くと良いな、こんな日が。
by HIROMI (2011-04-01 23:22) 

もんとれ

植物たち、花たちが自分に与えられた色や咲き方、季節をけして忘れないように。我々も後に続けと思うのです。
Liebe japanische Freunde
http://www.wiwo.de/politik-weltwirtschaft/tabellen-1/japan-trauer-um-die-opfer.html
和訳してくだすった方がいらっしゃいます。
http://fachwerk.exblog.jp/15075398/
by もんとれ (2011-04-02 03:03) 

Inatimy

芽吹きの姿が美しい時期ですよね。黄緑が初々しくって。
9年・・・早く過ぎたようで、いろいろあった歳月ですね。
街のあちこちに思い出がたくさんかしら。
我が家はその9年の間に6回引っ越しました・・・。
by Inatimy (2011-04-02 05:11) 

rinochi

9回目の春ですか。めぎさんのブログで何回目からその春を追ってきたかしら・・と想うとなんか嬉しいです。これからますます美しい季節ですね。そんな何気ない日常の春やドイツ人さんの話題楽しみにしていますよ♪
by rinochi (2011-04-02 08:52)