So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

昔と今の交差するところ [2018年夏 北イタリア]

現在、夏の北イタリア旅行記を連載中。

コモ湖畔の山間の集落パランツォには、古い水場が残されていた。
b2.jpg


昔の洗濯場。1998~99年に修復されたそうだ。
b3.jpg


集落の中にも教会があった。
b4.jpg


日時計なのね。
b5.jpg


古い建物を今でも使っている集落。めぎ家も築130~150年くらいだからわかるけど、古い建物は現代の色々な技術や設備のことまで考えて建てられていないから、色々と不便なことが多い。でも、その昔住んでいた人の暮らしを感じつつ過ごしていけるのって、素敵。
b6.jpg


あ、あそこに現代が。街づくりの際に車のことも考えていなかったから、集落の中に駐車場はない。駐車場は集落の一番下にある幹線道路に近いところにあるのだけど、時々ちょっとした隙間に停まっているのを見かけた。
b7.jpg


ちゃんと標識もある。いや、制限されなくても、そんなにスピード出せないけどね。ここ、一通でもないし。
b8.jpg


こういう小路に入っていくと、どこにつながるかわからない。とても素敵な散歩だった。
b9.jpg


犬じゃなくて猫にもこういうのがあるのね~うふふ。
b10.jpg


そろそろ8時で、朝食の時間。めぎたちはこれで散歩を切り上げて宿に戻った。

撮影: D600 + 58mm(F1.4), Huawei p20 pro
nice!(12)  コメント(4) 

古い石畳 [2018年夏 北イタリア]

現在、夏の北イタリア旅行記を連載中。

段々畑のところにあったちょっと素敵な一角。
aa1.jpg


これはスマホの撮影だが、ちょうど集落の始まりのあたりまで来たところ。
aa3.jpg


↑ここは、以前載せたこの地図の、右上の橋のところ。
a3.jpg


今思えば橋も撮っておけばよかったわねえ。

このときはそこまで気が回らず、下に見えるこんな景色や・・・
aa5.jpg


これから降りていくこの古い石畳に心を奪われていた。
aa6.jpg


↑上の写真のアーチの辺りでこの車とすれ違った。
aa7.jpg


ガタガタゴトゴトと登っていった。
aa8.jpg


中世からずっとあるこの石積み、今も生きているのね。
aa9.jpg


石畳って今まで色々見てきたけれど、こういうのは初めて。
aa10.jpg


いつまでもここままであってほしいな。
b1.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4), Huawei p20 pro
nice!(29)  コメント(10) 

山間の村の畑 [2018年夏 北イタリア]

現在、夏の北イタリア旅行記を連載中。

ここはパランツォという小さな集落の畑地帯。遥か下に見えるのはコモ湖。
a1.jpg


昨日ご紹介した伝説によるとここにはワイン畑があったはずなのだけど、今はここではワインを作っていないみたい。
a2.jpg


集落には古いぶどう圧搾機が残っていて、そこが唯一の観光スポットらしく宿の人に勧められたのだが、めぎたちはそこには行かなかった。その場所の写真と英語の説明はこちら
a3.jpg


代わりにここではトマトが多く栽培されていた。と言っても農業としてという感じではなく、集落の人達の家庭菜園という感じ。
a4.jpg


ここまでフルサイズカメラに58mm単焦点で写したものを挙げてきたが、同じ場所でスマホの広角でも撮った。色合いは人工的すぎてイマイチだが、画角としてはこっちのほうが良かったかも・・・
a5.jpg


だって広角だと、この狭い場所にどんなふうに色々なものがあるか、全部入るものね。
a6.jpg


スマホだからとかなり適当にパシャパシャと撮っただけなのだが、もっと色々考えて撮っておけばよかったな・・・
a7.jpg


いや、フルサイズカメラの方に広角を付けておくべきだったなあ。こういう散歩時にレンズを付け替えるのはめぎ的には難しいので、いっその事やっぱり便利なズームレンズを付けておくべきなのかもしれないなあ。こういうとき、そんな明るいF値もいらないし、そんなすごいボケもいらないし、超望遠ズームなどのほうが良いのかもしれないなあ・・・
a8.jpg


・・・そんなことを、帰ってきてから写真を見比べて思った。
a9.jpg


最後に一枚、フルサイズカメラと58mm単焦点での写真を。
a10.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4), Huawei p20 pro
nice!(30)  コメント(8) 
前の3件 | -