So-net無料ブログ作成

約7年ぶりにここへ [ザクセン&ザクセン・アンハルト]

今日から5月末~6月初めのドイツ東部への家族の旅の話を始めようと思う。これは叔母の80歳の誕生日プレゼントに計画した旅だったのだが、その話は明日以降にするとして、今日は旅の最初にめぎとうちのドイツ人だけで寄ってみた場所の話から。
a7.jpg


それは墓地である。
a1.jpg


このお墓に葬られているのはうちのドイツ人の母親の7年前に亡くなったパートナーのカール。結婚していないパートナーさんなので、ここに掘られている名前はめぎたちとは全く関係がない。うちのドイツ人の母親はめんどくさがりでお墓の世話はもうしていないようだし、カールの家族はこの地方の人ではないので、このお墓は今やほったらかし状態の模様。
a2.jpg


ドイツのお墓は公園みたいに敷地にいろいろな花を植えるのだが、ここには女性のマントという植物が生い茂っていた。カール、こんなに女性たちに囲まれて、苦しくな~い?それとも嬉しい?もっと色とりどりの女性たちが良いなあ、なんて思ってな~い?
a9.jpg


お墓にはお花の水遣りのためのジョウロが置かれていた。
a4.jpg


ドイツには日本のようにお墓を清めると言った習慣はなく、日本の墓地のような桶と柄杓などはない。お墓参りをする人はみんな花に水をやって草取りするだけなのだが、日本でお墓参りを経験したうちのドイツ人が墓石に水をかけるというのを思い出して、ジャ~~~ッと勢いよく実行!
a3.jpg


カール、びっくりしているだろうなあ・・・とっても暑い日だったから、水浴びできて気持ちよかったかも。

7年前の夏、あの礼拝堂でお葬式をして、ここまで歩いてきたんだった。棺桶をそのまま埋めるお葬式を間近で見るのは初めてで、非常に興味深く、たくさん写真を撮らせてもらったんだったなあ・・・昨日のことのように覚えているけれど、もう7年も経ったのね。
a5.jpg


このクロウタちゃんはあの時から何代目なのかな。
a6.jpg


この先めぎたちがここに来ること、またあるかな。もう無いかな。こうして人は忘れられていくのね。

ここから母親の住む町の教会が見える。母親の住む町へ来るのは2年ぶり。さあ、そろそろ行こうか・・・
a8.jpg


撮影: D600 + 70-200mm(F4)
nice!(31)  コメント(8) 

マニュアルフォーカス撮影の練習 [小さな出来事]

6月ももう中旬だというのに未だ5月の写真がいっぱい残ってる・・・というわけで、5月末の東独旅行記に入る前にもう一日在庫写真から。

マニュアルフォーカスのレンズと親しんだ5月。40mmという画角も好きで、時間があると積極的に持ち出した。まずは5月初旬に撮影したものから。ここは定点撮影地点。
a0.jpg


5月初旬はこの黄色い花が咲いていたんだなあ・・・
a1.jpg


このクレマチスも5月早々に咲いていた。
a2.jpg


このレンズ、明るくパッチリ写って好き。木の上にいるのはエジプトガン。
a3.jpg


ちょっと広角めに写る40mmという画角も好き。
a4.jpg


朝日にきらめくブーメランが綺麗でパチリ。
a5.jpg


それから約3週間後、5月末頃。定点撮影のはずだけど若干位置が違うわね。
a7.jpg


5月末のブーメラン。
a6.jpg


この頃はこの黄色い花が綺麗だった。
a8.jpg


黄色い花を写しているとすぐに邪魔をしに来る雁たち。
a9.jpg


動く鳥たちをマニュアルフォーカスで撮るのはめぎには全く無理だった。
a10.jpg


蕊にピントをあわせるのもかなり大変。風で揺れるしね~
a11b.jpg


Baldhead1010さんの素晴らしい写真とは比べ物にならないけれど、めぎなりにマニュアルフォーカスレンズを楽しんでいるところ。これに味をしめるとニコンの昔の銘玉とか欲しくなるし、さらにDfとか欲しくなっちゃうんだけど、旅行もしたいから我慢ガマン・・・
a12.jpg


撮影: D600 + Voigtländer Ultron 40mm(F2)
nice!(29)  コメント(7) 

天候不順の続くドイツ [小さな出来事]

現在、めぎ家のクレマチスが満開。
a1.jpg


満開なのだけどどれも高いところで上を向いて咲いているので後ろ姿しか写せない・・・

さて、温暖化の影響で天候がどうもおかしいと言われ始めてもう久しいが、ドイツでも以前にはなかった現象が続いている。4月や5月に真夏の気温が続くなんてことは以前にはなかったのだが、今年は暑くて眠れないほどの日が5月に続き、それと同時にスコールのような土砂降りや雷雨や雹が頻繁になった。

これは雹が降り始めたときに仕舞うのが間に合わなかったパラソル。
a2.jpg


すごい勢いの雹と雨のおかげで顔を見ることのできたクレマチス。
a3.jpg


バルコニーのガラス屋根から落ちる水しぶき。うちのドイツ人は木の板が傷まないようにちょうど水の落ちるところに石を置いている。
a4.jpg


どうも雨の勢いがうまく写せないので、向かいの建物の様子をパチリ。
a5.jpg


この豪雨で床下浸水の被害などがあったようだが、こうしてうちにいる分にはとても美しい。
a6.jpg


これを撮るためにちょっと外に出たらすぐにずぶ濡れになってしまったけど、暑くてげんなりしていたところに雨で濡れるのって気持ちが良い。
a7.jpg


まあそんな悠長なことを言っていられるのは、被害に遭っていないからなんだけど。
a8.jpg


こんなスコールみたいな雷雨があるのはドイツでは真夏の天気だったのだけど、それがここ数年、5月や6月に相次ぐようになった。それも、まさに相次ぐのだ。そして、降り続ける時間も以前より長くなったように感じる。
a9.jpg


地球はこれからどうなっていくのかしらねえ・・・
a10.jpg


撮影: D600 + 70-200mm(F4)/ 105mm(F2.8)micro
nice!(33)  コメント(14)