So-net無料ブログ作成
検索選択

様々な鳥たち [小さな出来事]

bx.jpg

今日もお散歩シーンから。

今日はボクがご案内。ボクはドイツではニールガンス(ナイルガン)と呼ばれてるんだけど、日本ではエジプトガンというみたい。
b10.jpg


ここには昨日のカナダガンの他にもいろんな鳥がいっぱいいるんだよ。例えば鴨君たち。彼らはたいていつがいでゆっくりしている。渡りをする鴨君たちもいるけど、ここに住み着いちゃった鴨君も多いんじゃないかな。
b1.jpg


だから、いつもグワグワ賑やか。
b1a.jpg


それからいつもいるのは例えばバンとか・・・
b2.jpg


オオバンとか。
b3.jpg


そうそう、鵜もいるんだよ。あそこがお気に入りの場所。
b4.jpg


いっぱいいることもある。
b13.jpg


それから、数は少ないけど白鳥さんたち。ほんの数羽だけど彼らも住み着いちゃったみたいで、一年中ここにいる。彼らは最近ここで向こうを伺っている。ここはデュッセル川がこの池に流れ込んでくるところなんだけど、向こうに行けるのは鴨君たちとかオオバン君たちとか、小さめの鳥さんたち。白鳥さんたちも行きたいのかな。
b12.jpg


あとはね、木の上を見上げるといろんな鳥がいっぱいいるんだけど・・・
b5.jpg



すばしっこくてなかなかめぎは撮れずにいるみたい。これはトリミングだけど、ブレブレ。誰なのかなあ。
b6.jpg


これはクロウタ鳥。ちょっと立ち止まってめぎにシャッターチャンスをあげたみたい。
b7.jpg


茂みの中からひょっこり顔を出したところを激写したみたいだけど、やっぱりピンがずれてたって・・・これもトリミング。
b8.jpg


他にも鳥はたくさんたくさんいて綺麗な声で囀っているのだけど、どれも全く写真にはならず。鳥撮りは難しいんだね。

それじゃそろそろボクもお嫁さんの話聞いてあげなきゃならないから・・・じゃあね。
b9.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4)/ 70-300mm(F4.5-5.6), Nikon 1 V3 + FT1 + 70-300mm(F4.5-5.6)
nice!(32)  コメント(9) 

雁たち [小さな出来事]

ax.jpg

今日もお散歩シーンから。

今日はボクがみなさまをご案内するね。
a2.jpg


ここはめぎがよく来る公園だよ。
a1.jpg


公園には今どんどん芽が出てきてて、美味しいものがいっぱい。
a5.jpg


時々人間さんたちが食べ物をくれたりするし、渡りの途中でここに宿をとるのはとっても便利。
a3.jpg


だからぼくたちの仲間の多くはここでパートナーを見つけてちょっと長居するのも多いんだ。
a4.jpg


だから今はみんな、くわーくわーと大騒ぎ。ボクが一番きれいだよ~って競い合ってる。
a7.jpg


ときどき国際結婚もするみたいでね・・・クチバシがオレンジ色でお目々もちょっと違うこの子はハイイロガンとのハーフ。ちなみにボクたちはカナダガン。
a12.jpg


ボクたちがここで家族を作るもう一つの理由は、ここがとっても安全だから。この国はワンちゃんたちがボクらに全然悪さをしないんだ。
a8.jpg


時々繋がれていないワンちゃんも来るけど、吠えることもないし、そもそもボクらに無関心。一応ちょっと警戒するけど、追いかけられたことなんて一度もないんだよ。
a10.jpg


だからここにはボクらだけでなくて鴨君たちもいっぱい。その他の鳥もいっぱいいて、とても賑やか。でも、人間さんたちは散歩するだけで、カメラを持った人はほとんど来ない。もちろん通りがかりにスマホを取り出す人はいっぱいいるけど、カメラに三脚持ってくる人は一日に数人いるか否かじゃないかな。こんなに綺麗なのにね。でも、ドイツ中こんな感じで、そんなに特別じゃないんだよ。
a9.jpg


ホント、長閑で良いところだよ。ボクも水仙をゆっくり眺めたり・・・あ、いや、実は美味しいものを食べ歩いているうちに迷い込んじゃっただけなんだけどね。
a11.jpg


さて、ボクもこれからお嫁さんを探すことにするよ・・・あ、その前にクチバシきちんと綺麗にしなくちゃ。それじゃね!
a6.jpg


撮影: D600 + 105mm(F2.8)micro/ 70-300mm(F4.5-5.6)/ 58mm(F1.4)
nice!(31)  コメント(8) 

散歩の風景から [小さな出来事]

ax.jpg

ここはいつもの公園。
a5.jpg


春の陽気に誘われて、とある週末にカメラを持ってここへ。と言ってももうしばらく前のことだけど。毎日飛ぶように過ぎていって、でも春も飛ぶように進んでいって、ブログが追いつかないわね・・・

週末の散歩はうちのドイツ人と一緒で、いつも通勤で通り抜けるのとは全く別の順路で全く別のリズム。いつもの場所をいつもと違うところから撮ると、ちょっと新鮮。
a1.jpg


3月に入って、一気に春に。ホント、あちこちから春の芽が勢いよく撃ち出てきて、痛いほど。
a2.jpg


春の光と影を如何に写すか、試行錯誤。ここでは設定を変え、アングルを換え、下の岸辺を入れたり避けたり、右上の枝垂れ柳のボケの位置をどこにするか調節したりしながら何枚も何枚も撮り、さらにうちでRAWからホワイトバランスなどをいじって色合いも調節した。それでも最も納得がいかなかったのはフォーカスで、ずいぶん気をつけてピントを合わせたつもりだったけど、多くはピンがずれていた。やっぱり手持ちには限界があるかな・・・
a3.jpg


私の性格はキッチリ型かいい加減かと問われたら、かなりいい加減だと思う・・・多くの場面でめぎは相当にいい加減である。ただ、いくつか、自分でこれと決めたことに関してはかなりキッチリというか、キッチリを通り越して極めようと努力する性質でもある。ただこれも、かなりのところまで努力するのだが、本当に頂点まで極めるかと問われるとこれがまたそうではなく、本当に多くのことで結局極めきれずいい加減にまあいっか~となあなあにして終わってきてもいる・・・だからやっぱりめぎはいい加減なんじゃないかなぁ。ブログに関しては、毎日更新しているところはキッチリしてるが、コメント返しをしていないところはいい加減だわね。写真については、ずいぶん拘っている割には装備が適当だったりして、まだまだ。

さてさて・・・春の息吹の季節は同時に花粉症の季節。でも、いつもはこの公園を通るとくしゃみ連発で大変だったのが、今年は不思議にそれほど酷くないな・・・と思っていたら、その理由がここに。
a10.jpg


ここでめぎの鼻を大いに刺激していたと思われる植物がことごとくこうして切られていたのだ。しかしこうして株は残されていて、数年後にはまた花粉をまき散らすのかも知れないけれど。
a12.jpg


そんなわけで、時々涙を拭きながら&鼻をかみながらだけど、割と落ち着いて撮影出来ているこの春。映り込み撮影もあれこれ試行錯誤。
a6.jpg


ここは敢えて人が来るのを待って撮影。すると、ここの景色が生き生きとしてくるように思って。これは人にピントを合わせるべきだったかな。左上の幹の一部も邪魔ね。
a9.jpg


ここも水仙にピントを合わせて人が来るのを待って写したのだが、ちょっとぼかしすぎたな・・・
a4.jpg


これはこのレンズでは遠すぎたわね。
a7.jpg


写真撮影って、ホント難しいわねえ。

写真を撮っているめぎの横を様々な人たちが通り過ぎていく。時にはこんな集団も。同じような背格好で、同じような髪で、同じような服装で、この人たちは一体何の集団だったのかしら・・・
a11.jpg


人が入っていると、時間を止めた写真に突然ドラマや動きができる。それが楽しい。もっともっと、ニオイやざわめきまで伝えられたらいいなと思うのだけど、それはまだまだ。

綺麗な花や景色を綺麗に切り取るのも楽しいけどね。
a8.jpg


撮影: D600 + 105mm(F2.8)micro/ 58mm(F1.4)/ 70-300mm(F4.5-5.6)、Nikon 1 V3 + 18.5mm(F1.8)
nice!(29)  コメント(5)