So-net無料ブログ作成
検索選択

塔からの眺め [南西ドイツ 2017年6月]

ax.jpg

現在、6月中旬の南西ドイツの話を連載中。

これはテュービンゲンのシュティフト教会。
a1.jpg


シュティフトとは修道院という意味だが、ここの場合はまず12世紀に礼拝堂だったのが教会に、そして13世紀に修道院となり、15世紀以降徐々に現在の建物の形になっていったようである。

めぎたちはこの教会の塔に昇ってみることにした。途中で教会の鐘の仕掛けが見えたり・・・
a2.jpg



鐘も目の前で見ることができたりする。ここ、実際はとても暗く、ピントをあわせるのに苦労した。でも、合えばF1.4の明るい単焦点は楽々こんなに明るく写せる。
a3.jpg


大きな鐘が複数吊り下がっていて、鐘が鳴ると大音響なので注意、というような掲示があった。
a4.jpg


降りてくるときにちょうど5時半を過ぎ、15分毎に鳴る鐘の音を間近で体験したのだが、たしかに凄い響きだった。

塔から見下ろすと、真下にネッカー川。町のすぐ裏に緑が広がり、ここがものすごく小さな田舎町であることがよく分かる。
a5.jpg


反対側には城が見えた。城の裏側も緑いっぱい。
a6.jpg


そして狭い空間にギッシリと並ぶ旧市街の建物。
a7.jpg


日本の家はウサギ小屋なんて言う表現があるけれど、たしかに一つ一つの家は日本より大きいが、隙間なく立つという意味ではここは日本に全く負けてない。

ザルツブルクをたっぷり見ていっぱい撮影してきた今のめぎの目には、ドイツの街並みって屋根がザルツブルクよりずっとずっとずっと美しくて、これまた全然負けてないなあと感じる。
a10.jpg


塔の柵の隙間からほぼ真下を写してみる。ちょっとジオラマ風に見えて面白い。でもこれ、普通に撮った写真で、効果処理をしたものではない。
a9.jpg


テュービンゲン、きれいな街ね。
a8.jpg


散歩はまだ続く。

撮影: D600 + 58mm(F1.4)
nice!(35)  コメント(7) 

テュービンゲンにて [南西ドイツ 2017年6月]

ax.jpg

今日から6月中旬の南西ドイツのお話を再開。

話をざっくり振り返ると、うちのドイツ人とハンブルクの友人夫婦と4人で南西ドイツへ旅をし、ヒュフィンゲンという小さな町で2泊してカトリックの聖体の日の伝統行事を見学し、ドナウの源泉巡りをし、さらにジュラ紀の石灰岩の岩山の辺りをハイキングしたところまでご紹介済み。今日は、ハイキングの後で3泊目の宿の街に向かうところから。その途中に見えたのは、かつてのプロイセン王家のホーエンツォレルン家の名城、ホーエンツォレルン城。
a1.jpg


アウトバーンだったか高速幹線道路だったかをぶっ飛ばしながらの撮影。ホーエンツォレルン家がここに城を築いたのは11世紀の事だが、それは全壊し、この城は1867年に新たに建設されたものである。ノイシュヴァンシュタイン城と同様、中世風に作られた「フェイク」だとドイツでは揶揄されていて、連れのドイツ人たちはここに寄ろうなどという気はさらさらなく、通り過ぎただけ。
a2.jpg


これはトリミング。絵に描いたようなドイツの城なのだが、たしかに新しい。新しいと言っても明治維新頃のものなのだけど、ドイツで古城というと12~15世紀のものを指す。19世紀の回顧調建築はドイツ人的には「フェイク」なのだ。それでもノイシュヴァンシュタイン城よりはホーエンツォレルン城の方に価値を感じているようだけど。
a3.jpg


そして到着したのはテュービンゲン。これは市庁舎。
a10.jpg


この日はいっぱい歩いて疲れちゃってて、軽い58mmの単焦点レンズ一本で散歩。しかしそれはレンズ選択ミスだったように思う・・・どうも広角的にも望遠的にもどっち付かずな、寄りきれず距離感もつかめず、作品になるようなものには程遠いのはもちろん、スナップなのか観光記録写真なのか何なのかわからない写真ばかりが残った。
a4.jpg


そもそもうちのドイツ人のみならず友人夫婦とも一緒の旅なので、おしゃべりもしながらで撮影だけに集中はできないし、同じ場所でタイミングを待って気の済むまで撮るというわけにもいかず、でもあれこれ被写体が目に入り、適当にパシャパシャ。追い込んでいないので何を撮りたかったのかさっぱり伝わらないものばかり。旅の記録としてならもっと街並みが分かるように撮るべきだったと思うし、せっかくの高価な58mmレンズが勿体無いことだわねぇ・・・
a5.jpg


アイス屋さんでアイスを買ってもらっている小さな子どもたちが可愛かった。
a6.jpg


3人の小さな子連れの若いお母さん、大変だろうな。
a7.jpg


めぎたちも小腹がすいたので、上の写真のカフェではないが別のところでちょっと座ってケーキを食べることにした。このときは金曜日の午後4時過ぎで、仕事を3時頃終えたドイツ人サラリーマンたちが週末の始まりを謳歌する時間帯で(ドイツでは普通は定時5時ぐらいだが、金曜日は3時頃に仕事を終える人が圧倒的に多い)、しかもめぎたちのように祝日の木曜日と週末の合間の金曜日に休みを取っている人も多く、どこも外のテラス席(テラスというより道端や広場にテーブルを置いているというような感じの席)は満席状態。

でも、やはり外のテラス席は満席だったあるカフェで、外とのガラスの仕切りが全て取っ払われてて中に座ってもそこそこ外っぽいところがあって、そこはガラ空きだったのでやっと座れて落ち着き、やれやれと注文したのだが、その矢先友人夫婦のご主人のほうがサクッと席を立って外のテラス席をゲット!お見せできないけど、ここでめぎはとっても満足そうなにこにこ顔のご主人を撮影したのだった。
a8.jpg


そんなわけでめぎたちも外の席に座ったのだが、そこまで外に座りたいですかドイツ人!という感じ。だって、外はこの頃からちょっと風が強くなってきててナプキンとか砂糖の袋とかが飛びそうであまり落ち着けなかったし、友人の奥さんの方は首周りが寒いとまで言い出していたのだ。中だったら風も防げて、でも風通し良く空気が篭ってなくて十分外みたいに開放感があって涼しくて暑くもなく快適だったのになあ・・・まあドイツ人のテラス席好きは重々知っているのだが、でもでも。冬でもオーバー着込んで外に座りたがるドイツ人たちなのだが、でもでも。

そうそう、食べたのはめぎはりんごのケーキとカシスジュースの炭酸割り。うちのドイツ人はルバーブのケーキに、あれ?もうワインだったっけ・・・?

テュービンゲンの夕方の散歩は更に続く。
a9.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4)
nice!(33)  コメント(7) 

3週間ぶりの公園 [小さな出来事]

ax.jpg

この日曜日、うちのドイツ人と近くの公園へ散歩に出かけた。
a1.jpg


もう秋ね~
a8.jpg


前回この公園に撮影にきたのは7月23日のことで、ちょうど3週間ぶり。ガンは大方既に渡っていってしまっていたが、数家族だけ残っていた。
a2.jpg


白いガンも。
a3.jpg


ハーフちゃんも。
a4.jpg


エジプトガンも数家族残留。
a5.jpg


しかもまだ雛がいた。
a6.jpg


以前みたいに餌をねだりに寄ってこなかったし、馴染みのガンたちではないのかも。朝夕にガンの鳴き声が聞こえ、群れで高いところを飛んでいるので、雛の家族以外は渡りの途中なのかも知れない。
a9.jpg


まだ青くても、ちょっと疲れてきた感じの葉っぱね・・・
a7.jpg


さて、めぎにはこの年末年始のボルネオの話と6月の南ドイツの話と昨年夏のザルツブルクの話がまだ残っていて、今回の旅行で今年夏のザルツブルクとその後のドイツの話が追加され、更に数年前のドイツ東部の話もまだ書いていないしここ数ヶ月の日帰りの話もほとんど書いていないままなのだが、いったいどれから書き始めようかしらねぇ。

全部書き終わるまで旅行するのやめたら?などとうちのドイツ人にからかわれているめぎ。ああホントどうしようかしら・・・
a10.jpg


撮影: D600 + 105mm(F2.8)micro
nice!(25)  コメント(4)