So-net無料ブログ作成
検索選択

花の絨毯 [南西ドイツ 2017年6月]

ax.jpg

今日からぼちぼちと6月中旬の旅のお話を。

Hüfingen(ヒュフィンゲン)という人口7500人の小さな無名の街に行こうなどと言い出したのは、うちのドイツ人だった。なんでも彼は若い頃、知り合いに誘われてその街へある行事を見に行ったことがあるのだという。その行事とはキリスト教のカトリックの聖体のお祭りで、プロテスタントの彼には全く馴染みのない行事なのだが、そのパレードは一見の価値があったのだとか。その話をこれまでに何度か聞かされていたのだが、しかし彼は肝心の街の名前を忘れてしまってて、しかもその街はデュッセルドルフからは結構遠いところなので泊りがけになるし、それほどどうしてもというわけでもなく、街の名前を調べることもなく何年も過ぎていた。

ようやく名前を調べ出し、フライブルク近くのその街へ本当に行くことにした頃、たまたまハンブルクの友人夫婦とオランダに小旅行(あの牡蠣を食べに行った旅)。そこでめぎ家の計画を聞いた彼らは一緒に行きたいと言い出し、今回の旅になったのだった。ハンブルク生まれ育ちで今もなおハンブルクに住み続けている彼らも、カトリックの行事には全く疎い。キリスト教とひとくくりに言っても、カトリックとプロテスタントは実は全く異なるのだ。同じドイツでもプロテスタント圏は聖体の日が祝日ではなく、したがってハンブルクは平日なのである。めぎの住むデュッセルドルフは祝日だが、プロテスタントの多いデュッセルドルフでは特に目立った行事もなく、カトリックの多いお隣ケルンではたぶん何らかの行事があるのだろうと思う。ちなみに聖体の日というのはキリストの聖なる体と血を崇める日で、その行事はたいてい、花を道路に撒きながら練り歩くパレードである。

さてさて・・・その聖体の日、めぎは朝6時から撮影開始。
a1.jpg


というのは、前日に宿に到着したとき、めぎのカメラを見た宿の人が「撮影するなら朝早く行った方がいいよ」と薦めてくれたから。パレードそのものは朝8時半から始まるのだが、準備を見ると面白いだろうと言う。7時頃に行けばいいというのだが、パレードでいい場所をとるには8時に行かなければと仮定して、朝食は7時、すると準備はその前に見るしかない。ハンブルクの友人たちは朝食に間に合うようにゆっくり起きると言うので、めぎ家だけ朝の散歩に。

朝6時には既にもうほとんど準備が終わっていた。
a3.jpg


準備と言うのは、この花の絨毯を作るところ。
a4.jpg


教会から伸びるこの街の目抜き通りに往復500mくらいの花の絨毯を敷き詰めるのだ。5~10mずつ担当グループが分かれているようで、モチーフが異なる。幾何学的な模様のところもあれば、宗教的なのもある。
a10.jpg


作業は非常に細かい。小さな花をそっとそっと綺麗に置いていく。人々は物凄く真剣で、近くで撮っていても脇目も振らない。その様子は、宗教的というよりも、その街の伝統的なハレの日を大事に思い、みんなで力を合わせてしっかり準備をしている、という感じだった。
a5.jpg


この時点で見に来ている人たちはほとんど地元の人で、準備を終えて出来上がりを見て回っていた。
a6.jpg


ところどころに力作が。
a7.jpg
a8.jpg


これ、全て生花&生の枝葉で出来ているのだ。
a9.jpg


このためにどれほどの花が前日の夜に(もしかしてこの日の朝?)に摘み取られたことかしら。もちろんそのための畑があるのだろうけれど。
a11.jpg


つづく

撮影: D600 + 70-300mm(F4.5-5.6)
nice!(33)  コメント(8) 

アンティークのランプ [めぎはいまここ]

ハンブルクの友人夫婦にもらいました!
2017-06-24T02:12:01.JPG2017-06-24T02:12:01.JPG

nice!(34)  コメント(7) 
共通テーマ:moblog

めぎ仕事中 [仕事風景]

これは先日オフの時間の撮影。
a1.jpg


オフと言っても教師には持ち帰りの仕事が多く、それも締め切りを延ばせない仕事ばかりで、結構しんどいことがある。どんなに暑くてもクーラーのないところでドイツでは逃げ場もなく、仕事し続けなければならないし。うちも学校も大学もバスの中も、どこにいてもうだるような暑さ。

で、比較的涼しい午前中にこれまた比較的涼しい風の吹いていたバルコニーで採点したわけだが、お昼近くなるとどんどん日が差すようになり、さらに日差しが強くなってきた。これは、こんなに淋しい状態になってしまった紫陽花の鉢。去年のジャングル状態が夢のよう。すっかり衰えて枝を減らし、スカスカの中で日差しに萎えている花になんだかシンパシーを感じたり。
a2.jpg


学生たちには採点する教師のしんどさって全く想像できないものなのよねぇ・・・これまでその昔会社勤めもしたことがあるし論文書きに苦しんだことも多々あるが、めぎの仕事人生の中で採点ほど苦しいものはない。授業は大変でも基本楽しいのだけど、採点って、ホント、辛い。

日陰で健気に咲いているバラが可愛い。あっついねぇ・・・
a3.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4)
nice!(26)  コメント(6)