So-net無料ブログ作成
ヘルゴラント ブログトップ
前の3件 | -

特集1:ヘルゴラントへ! [ヘルゴラント]

ヘルゴラント特集の第一回目。

まず、ヘルゴラントの位置を確認。

これはドイツ。

この紫色の部分がデュッセルドルフやケルンのあるノルトライン・ヴェストファーレン州。その北にはブレーメンやハノーファーのある黄緑色のニーダーザクセン州。その北の黄色い部分はリューベックのあるシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州。シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州とニーダーザクセン州の間にはハンブルク。

ニーダーザクセン州の北端辺りにあるCuxhaven(クックスハーフェン)という小さな町から北西60キロのところに、Helgoland(ヘルゴラント)という島がある。ヘルゴラントはシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州に属している。

さて、旅行開始!

クックスハーフェンからヘルゴラントへ向かうアトランティスという船。

こちらがチケット。往復で43ユーロ。7千円くらいか。こう考えるとユーロは高いなあ。

いい天気で、甲板上はたくさんの人だった。

途中で見えた漁船。

船で2時間、ヘルゴラントが見えてきた!

ヘルゴラントは、ヘルゴラント島とDüne(デューネ)という砂丘の島の二つからなる。

こちらがヘルゴラント島。大きな船は港にはつけないため、島と島の真ん中に停まっている。

こちらがデューネ。

私たちの船も島と島の真ん中に着き、小さなボートが迎えに来た!

ボートにどんどん人が乗り込んでいく。

これはボート上のめぎが乗り込んでくる人を写したもの。

ボート出発!

アトランティスを後にし・・・

こんな風に乗客たちが運ばれていく。

ヘルゴラントに到着!

続きはまた明日。


nice!(44)  コメント(61) 
共通テーマ:旅行

特集2:デューネ(砂丘)へ! [ヘルゴラント]

ヘルゴラントに着いた人たち。たいていの人たちは、リゾートのこの島に滞在する。

しかし、めぎたちはまずデューネ、すなわち砂丘の島へ。(ヘルゴラントとデューネとの位置関係については前日記事をお読みください。)

デューネへの船は、朝早くから夜まで30分または1時間おきに出ている。往復4ユーロ。

それはこんな船。

いざ乗り込んで・・・

ヘルゴラント島を後にする。

乗客たち。

早速デューネを散策♪

左がめぎ。陽射しがきつく、帽子を忘れたのでストールを頭にぐるぐる。右はうちのドイツ人の妹。

デューネはこんなところ。

ここには、何も無い。



人が非常に少なかった。

あるのは鳥の声と・・・

波の音だけ。


この島にFKKがある。それについては明日。


nice!(48)  コメント(39) 
共通テーマ:旅行

特集3:FKK [ヘルゴラント]

さて、いよいよビーチへ!ここがビーチへの入り口。

このビーチは島の北側。

ビーチの入り口にこんな標識が立っている。

左下にFKKの文字。Freikörperkultur(フライケルパークルトゥア)の略で、簡単に言えばヌーディスト・ビーチのこと。身体の解放を礼賛する運動がドイツでは18世紀に起こり、第一次世界大戦前にはFKK協会も設立された。身体が太陽や水や空気と直接触れることを目的としており、水浴・沐浴を裸で行う、と考えると分かりやすいかもしれない。

したがって、FKKはすばらしい肉体を自慢げに見せながら闊歩するところではない。人の肉体を眺めるところでもない。裸になって、自分の身体の自由を自分で全身に感じることを目的としている。だから、きょろきょろしている人はいない。男性も女性もスッポンポンだが、誰もそれをじーっとみている人はいない。そのあたり、全て混浴のドイツのサウナに行っても同じである。

その様子を、当たり障りない程度にご紹介。





水着を着ている人もいる。自分が気持ちいいと思う程度にまで脱ぐのが基本らしい。FKKビーチには、スッポンポンエリアと水着エリアとをハッキリ分けているところもあり、そういうところでは裸になるべきエリアでは水着着用しないのだが、ここでは混在OKだった。

こんなハダカンボも。真っ白ですねえ。

よい天気に恵まれ、格好の日光浴・海水浴日和だった。

次の日の朝、めぎが一人早朝の海に佇んでいると・・・

老夫婦がハダカンボでやってきて・・・

海へ!


ひとしきり泳ぎを楽しんだ後、シャワー室へ。

いくつになってもカップルで休暇を楽しんでいるのって、いいな。

実際にハダカンボになってみると、泳いだ後濡れた水着がべとーっと身体にまとわりつく不快感が無く、水から上がったときに太陽がすぐに乾かしてくれるので、気持ちいい。それは意外な発見だった。

めぎは自分で撮影していたため、裸体UPする写真が無い。楽しみになさっていた数名の皆様、あしからずご了承を♪

↑ これはめぎが作ったものではありません。


nice!(49)  コメント(42) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ヘルゴラント ブログトップ