So-net無料ブログ作成
文化の違い ブログトップ
前の3件 | -

新しい携帯 [文化の違い]

私はドイツに住んで5年目になるのだが、その間に携帯を3回買い換えた。
最初に買った携帯はプリペイド式で、これなに?と思うようなちゃっちーの。それでも126ユーロもした。日本のカッコいい携帯に慣れていた私には、ちょっとショック。もちろん写真も取れないし、カラーでさえない。
でも、私の小さな手にぴったりのサイズで、結構愛用した。
SMSという携帯メールをドイツ語で打って、ドイツ人の友達と会う約束なんかをして、それでドイツ語の日常表現をいっぱい覚えたなあ。今の相方と出会って、Ich vermisse dich.なんていうSMSのやり取りをしたのも、いい思い出だ。
しかし、プリペイドっていちいちカード買って補充しなくちゃならず、めんどくさい。日曜日ってドイツはお店休みだし、平日も8時以降は軒並み閉まってしまう。カードを求めて開いているキオスクを捜し歩いたことも。
2年経ったときに、もうしばらくはドイツにいることだし、と考えて携帯電話会社と契約を結んだ。プリペイドの電話番号をそのまま引き継いでもらい、そのときに機種変更も。新契約ってことで、当時150ユーロくらいで売られていた機種が1ユーロ。スライド式で、結構カッコイイな、と気に入っていた。音が、日本の携帯の素晴らしいサウンドや着うたとまで行かずとも、優しくて綺麗なトーンだったのがよかったかな。写真も取れるし、やっとカラー!
それからまた2年。電話会社から、もう2年契約を延ばすことを条件に1ユーロで買ったのが、三つ目の携帯。やっぱり150ユーロ位するようだ。写真なんかは前のと比べて質がぐーっといいし、持った感じも悪くないのだが、着メロが!なに、この電子音。日本の10年前の携帯みたい。一応着メロのダウンロードもやってみたけど、イマイチ。
この手のモノは、日本がやっぱり最先端だな~

06.08.02.-8.JPG

それにしても、ドイツ人は、着メロなどに興味が無いのか?電話できさえすればいいのだろうか。電車の中でも、無機質音が鳴ることって実に多いし。
そうそう、電車の中でのマナーモードのルールって、ドイツには特に無い。だいたい、車内放送がほとんど無いから、マナーモードにしてください、なんてアナウンスが入ることってあり得ない。ICE(日本の新幹線に相当)みたいな長距離列車の場合は携帯電話禁止車両が有るけど、それは禁煙車両と同じような考え方に基づき、したい人はこちらへ、嫌な人はこちらへ、とハッキリしていて簡単だ。いちいち、人にマナーを促すより、きっぱり分けちゃった方がいいかもしれない。少なくとも、日本へ帰国するたびにうんざりするあのひっきりなしの車内放送が減り、その分静かに電車に乗っていられるのでは。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台所を自分で取り付け [文化の違い]

ドイツに来て一番驚いたこと・・・それは、部屋を借りるとき、一般的に台所がついていないこと。
この事実って、ドイツ留学をテーマに楽しげな会話が繰り広げられるドイツ語の教科書を読んでも、ドイツ事情の本なんかを読んでも、あまり出てこない。
私は、ドイツに来る前にドイツ文化を専門として大学で何年もドイツについて学んだけれど、そんなことは一度も聞いたことが無かった。
それはなぜか。
一般に、ドイツ語の教科書を作ったりドイツ事情について本を出したりするような大学の先生方は、みんな大学やドイツ学術振興会から援助を受けて滞在するからお金の余裕があるし(月々キチンと決まった額のお給料が入るだけで生活力は全く違う)、半年からせいぜい2年程度までの滞在というニーズに合わせ、受け入れ先がそれに見合った台所&家具付きの部屋を用意して待っていてくれる、または研究滞在者用の家具付きフラットを紹介してくれるらしい。自分で探すとしても家具付きの部屋を探すようだし、机やベッドなどが予め用意された部屋を借りるとなると当然台所も付いているのだ。
また、駐在員のご家族は、会社が数年の滞在というニーズに合わせて日本人用にちゃんと台所や立派な家具まで揃えられたお部屋を用意して待っていてくれるらしく、やっぱり台所を買うなんてことがあんまり発生しないで済んでしまうらしい。
だから、ドイツの住宅に台所が付いていない、というのは日本ではあまり知られていないのだけど、これは正真正銘の事実なのである。

で、留学の奨学金が切れたのにドイツに残ることを決めた貧乏人の私のような人間は、一般のドイツ人と同様に台所の付いていないアパートに住むわけだ。
じゃ、ドイツ人は台所を買うの?
そう、システムキッチンを買うのである。机やベッドや本棚やテレビなどと同様に、システムキッチンはドイツ人個人の持ち物で、引越しするときには台所もろとも引越しするのだ。
どうして?
だって、台所も机やベッドと同様、個人の趣味があるじゃない?コンロだってガスがいいか、電気がいいか、いくつ欲しいか千差万別だし、作業台の広さやシンクの数、蛇口の形に至るまで、個人のニーズで台所の形は全く変わってくる。

私は当初ドイツ人学生と部屋をシェアして住んでいたのだが、相方と知り合って1年半経ったところで、彼の隣の部屋に引越しした。今はお隣さん同士である。
そんなわけで、私は中古のシステムキッチンを400ユーロで購入し(もとは1500ユーロくらい)、古い安アパートに取り付けた。取り付けも自分でやるのがドイツ流。とは言え、取り付けるための大工道具なんて持っていないし、生まれてこのかた云十年大工仕事なんてしたことが無いから、自分一人ではもちろんできない。ドイツ人の相方がいたからこそ、可能だった。ま、相方に出会わなければ私はさっさと日本に帰っていたはずなのだから、そのくらいは手伝ってもらおう。

取り付け前の様子はこんな感じだった。
a6.jpg

左端の大き目の箱の中には冷凍冷蔵庫が入り、その右隣の空間にはオーブンとコンロが入り、その隣に収納、食器洗浄器、シンクと続く。上にも収納が取り付けられる。これ全部で400ユーロ(約5万円)はお買い得でしょ?
ちなみに明かりも自分で取り付ける。線がぶら下がっている状況のところにドリルで穴を開けて自分の電灯を取り付けるのだ。
a9.jpga10.jpg

少しずつ組み立てていった。
a7.jpg
a8.jpg

これらを取り付けるために様々な道具を使ったのだが、その一部がこれら。この他、ドリルはもちろん水平かどうかを見る道具や、化粧板を必要に応じて切る電動鋸など、相方は地下室からいろんなものを持ち出してきて作業に当たった。ドイツ人は各家庭にこういう道具を揃えている。たとえ持っていなくても、知り合い2~3人に電話すれば、すぐに持っている人が見つかって借りることができる。
06.08.03.-3.JPG

そして出来上がった台所がこれ。こんなシステムキッチン持ちになって、いつか日本に帰国するとしたらどうしましょ。
06.08.03.-1.JPG

ちなみに隣の相方の部屋の台所はこんな感じ。彼は私のようにシステムキッチンを購入することすらせず、手持ちのコンロやオーブン、冷蔵庫を組み合わせ、自分で台所を作ったそうだ。つまり、私のシステムキッチンの外枠の部分を彼は持っておらず、木を買ってきて自分で作ったのである。このカーブの形には誰もが目を見張る。
06.08.03.-5.JPG

我々のキッチンの最大の違いは、高さである。私の台所は私に合わせて低く設置したのに対し、身長185センチで手の長い彼にあわせて自分のためだけに作った相方の台所は、身長156センチで手の短い私には高すぎ、料理していると腕が疲れるし、調理器具を取るのにいちいち背伸びしなければならず、背伸びしても取れないものが多い。そういえば、先日同僚のドイツ人研究者のホームパーティーに招かれたけど、背の高い彼の家の台所も、彼に合わせて高く設置されていた。もちろん、自分で設置したという。まさに、ドイツ人は個人の趣味で台所を作るのだ、と実感するところだ。
いつか相方と二人で一つの部屋に引越ししよう、という話もあるのだけど、台所の趣味の違いをどう克服するかが、最大の問題のような気がする。

♪ 2012年11月追記 ♪

ちなみにこのキッチンを取り付ける前の改装中の状態はこんな感じだった。
a2.jpg
a3.jpg

キッチンの部分はこの青い板。
a4.jpg

その裏には配管があって、そこはバスルーム。
a1.jpg

めぎの住んでいるアパートは築130年くらい。こういう古い建物をこんな風に直して・・・
a5.jpg

こうやって人が住んでいるということね。
a11.jpg

それにしても、この約8年間になんてものが増えたんでしょ。

キッチンを取り外して引っ越ししていく様子を納めた写真も発見したので、例として載せておく。
06.10.30.-28.JPG
06.10.30.-27.JPG


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

ドイツの薬は強烈! [文化の違い]

汚い話だが、一週間ほど前、ひどい下痢で3日間も寝込んでしまった。
突然具合が悪くなり、起きているのも苦痛、寝ているのも苦痛、トイレに座っているのも苦痛。
トイレが肘付だったら良かったのになあ、などと思ったくらい、目がぐるぐる回って、血の気が引いていた。
一日何も食べられずほとんど飲むこともできず寝込んで悪いものを出し切って(汚い話で失礼!)、ふらふらながらもようやく水分くらいは取ろうという気になった二日目、相方に勧められた薬を服用。
それは、これ。
06.08.03.-7.JPG

Kohle?す、炭?
ドイツ語でKohleといえば、まずは「石炭」、次に「炭一般」、そして口語で「お金」の意味も。
消臭用の炭ボールじゃあるまいし、炭を飲むの?
まさかね、と思って辞書を引く。
すると、「デッサン用の木炭」と「活性炭」が。
そっかー活性炭!きっと、毒素を吸収してくれちゃうのね。

中身はこ~んなに真っ黒で、しかもデカイ。
なんだか不安になって、くらくらしつつも説明書を読む。
大人は一日に3~4回、一回2~4錠服用のこと。
薬の中身は、1錠あたり250mg Medizinische Kohleとしか書いてない。
つまり、医薬活性炭?

それ以上深く突っ込む気力も体力も無かった私は、とりあえず湯冷ましで2錠服用。
すると!!!!!
効果覿面、あれほどひどかった水のような下痢がすっきり治まった。

あとで相方にその話をしたら、書いてある服用量の半分から試すのが常識だ、と叱られてしまった。
しかし、同じ症状で病院にかかった友人は、医者に一回4錠飲むように言われたとか。

そんなわけでドイツ滞在5年目にして初めて活性炭のお世話になった私は、発病後3日目くらいまでほとんど食欲も無く寝て過ごし、きっと体がお休みを欲していたのかな、と思いながらゆっくりした。
しかし、ちょうどその頃ドイツは猛暑のど真ん中で、寝ていても暑くて汗びっしょり。そのためすっかり体内のミネラルを失い、次に私を襲ったのが・・・足がつる!
寝ていると突然足がつり、その痛いのなんのって。そこで相方が勧めたのが、これ。
06.08.03.-6.JPG

これはマグネシウム。ちなみに上の丸いのがふたで、右の丸いのが中身。この白い丸いのをコップいっぱいの水に溶かして飲む。例によってまた湯冷ましに溶かし、しゅわしゅわしゅわ~というのを楽しみ、甘い砂糖水みたいなマグネシウム水を飲んだ。

そして、これまたびっくり、足攣りもいっぺんに治ってしまったのであった。

ドイツの薬は凄くよく効く。服用は半分からにしよう。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の3件 | - 文化の違い ブログトップ