So-net無料ブログ作成
検索選択
マドリード ブログトップ
前の3件 | -

マドリードの第一印象 [マドリード]

ax.jpg

今日から9月初旬のマドリードのお話を。

その日、仕事を終えてから旅立った・・・それでも午後の授業を休講としたが、マドリードの空港に着いたのは19時半過ぎ。それから公共交通機関5日間乗り放題のツーリスト・トラベルパス(26.8ユーロ)を買って地下鉄で移動したのだが、あと一駅というところで地下鉄工事中。ええええ、行き先ってマドリードのど真ん中なのにな。そうと知っていたら別のルートで目的地まで工事を避けて向かうことも出来たのに。見れば工事は2ヶ月前から始まっている・・・チケット売り場の人は路線図とか地図とかはくれたけど肝心の工事で通行止めの路線のことはなんにも教えてくれなくて、ずいぶん不親切だなあ。まあ、それがスペイン、それがヨーロッパ、ということなんだけど。

というわけで、降りたのはこの駅。
a6.jpg


地上に出たところにこんな美しい美術館が建っていた。
a2.jpg


今回の旅のお伴はいつもの如くうちのドイツ人と(彼はほぼいつも出張についてきて散歩したり美味しいものを食べたりする自由人)、ニコンのD600と24-70mmレンズ。それだけでも2キロ近いし、出張だからそれほど撮影する機会はないだろうと望遠は留守番に。どうしても軽くしたい場合に備え、小さなDX40mmマクロレンズを持ってきた。

上の写真は24-70mmレンズでの撮影。手ぶれ防止機能なしの手持ち撮影だが、トリミングしてもかなり詳細に写っている。さすが、大口径F2.4レンズはすごいなあ。
a3.jpg


ちょっと話は逸れるが、後日DX40mmレンズでクロップ機能を使って60mmで撮影したのがこちら。
a4.jpg


それをトリミングすると、24-70mmレンズとの解像度の差は歴然・・・いや、クロップ機能だから元々切り取っている訳で、差は当然なのだけどね。
a5.jpg


だから、クロップ機能を使わずに40mmで撮ったのも比べてみよう。四隅が黒いのはセンサーサイズが小さいAPS-CサイズのDXレンズをフルサイズカメラにつけて使っているから。残念ながらあの銅像が真ん中にある写真はないのだが・・・
a1.jpg


トリミングするとやはり解像度が24-70mmレンズよりずっと低い。
a2.jpg


やっぱりちゃんとフルサイズ用の60mmマクロレンズを買わなきゃダメね。もしくは、軽さを追求するなら50mm単焦点かな。24-70mmレンズの写りがあまりにも素晴らしくて、単焦点と言えどもどうもその画角のは買う気にならないのだけど、でも、この写りでがっかりするよりはね。どうしても軽さが必要なときもあるしね。

さてさて話を元に戻して・・・とにかく地下鉄工事でもう一区間乗れなかっためぎたちは、その区間を歩くことにした。
a7.jpg


ああ、スペイン、やっぱりまだ夏だわね~もう8時半頃だったのだけど、ドイツより西にあるスペインはまだ明るく、南欧だからまだ暑く、でもからっとしていて気持ちよかった。
a8.jpg


この暮れゆく色と生暖かい空気とラテンの陽気な雰囲気がとても心地よく、ああ異国に来たんだな、と旅情を感じた瞬間だった。ドイツを離れ、ちょっとリフレッシュできそう。やっぱりどこかへ移動するのって、息抜きには大事なのね。
a9.jpg


失業率が26.4%、25歳以下の失業率がなんと56.1%というスペインだが、道行く人々の様子は明るい。まあ、マドリードだから観光客なのかも知れないが。
a10.jpg


こうして一区間歩いてグラン・ビアという通りまでやってきた。ここはマドリードの目抜き通り。めぎの泊まったホテルはこの通り沿いにある。学会斡旋のホテルなのでそこになった訳だが、どこに行くにも便利で、また一等地だからこそマドリードの実態もよく見えて、非常にいい経験になった。その辺りのことは追い追いに。
a11.jpg


あ、そうそう、そのホテルは便利な空港直通シャトルバスもあるのだが、二人で片道22ユーロということで、5日間パスの方を選んだのだった。まあ、めぎたちは急いでないし、大学までも地下鉄移動だし、どこか見に行くにしても地下鉄やバスを使うつもりだったから。
nice!(32)  コメント(9) 

グラン・ビア [マドリード]

bx.jpg

これはめぎたちが泊まったホテル。
a1.jpg


これはグラン・ビアという大通りの向かい側から。ホテルの左側の細い道を入ると・・・
a2.jpg


見上げるとこんな建物で・・・
a3.jpg


そこに小さな入り口がある。
a4.jpg


部屋の中は到着時に写すのを忘れ、使ったあとのものしかない。一等地に建つ古いホテルだから、部屋はかなり小さめ。外から見ると建物は美しく立派だが、中はかなり古い。それでもずいぶんちょこちょこ改装したようで、バスルームは真新しくとても綺麗だったし、ベッドも清潔で快適だった。
a5.jpg


飾ってあるバラはうちのドイツ人が通りで一本売りしているおじさんから購入したもの。ヨーロッパではよく深紅のバラを一本売りしていて、それを普段買うことはないが、その売り子のおじさんをうちのドイツ人が気に入って、この人から買ってあげたいと。
a6.jpg


さて、マドリードの話の初っ端からホテルの話をしたのは、めぎにとって部屋から見える景色が最も印象に残ったから。めぎたちの部屋には運良くバルコニーがついていた。
a7.jpg


室外機も置かれている狭いバルコニー。
a8.jpg


でも、そこから見える景色が素晴らしい。
a9.jpg
a10.jpg


めぎはマドリードが初めてだったが、うちのドイツ人は70年代に一度来たことがあって、そのときの印象ではこのグラン・ビアは灰色と茶色のイメージ。色がないという印象だったそうだ。スペインといえば情熱の色を多い浮かべるめぎとは全く異なるイメージだが(でも思えばそれはアンダルシアのイメージであって、ラ・マンチャは違うわね)、彼が来たのはフランコ時代の直後で、スペインはまだ閉ざされた世界だったのだとか。建物は全て古いままだったのだろう。今回このグラン・ビアの輝くような真新しい白や黄色やピンク色を見て、彼はしみじみと過ぎ去った月日を振り返っていた。

下を見るとちょっと怖いわ~
a11.jpg
a12.jpg


マドリードの日の出は遅く、7時半頃だった。これは8時の撮影。
a13.jpg
a14.jpg


これは7時40分。
a15.jpg
a17.jpg


8時。
a16.jpg


夜景も素晴らしかった。
a18.jpg
a19.jpg


ところで、この綺麗な建物だが・・・
b4.jpg


屋上に木のような植物やパラソルが置かれている大きなバルコニーがあるが、どんな人が使っているのかな・・・
b5.jpg


・・・なんてことを思ったりしていたのだが、よく見ると・・・
b6.jpg


テナント募集中。
b7.jpg


こちらも・・・
b2.jpg


よく見ると・・・
b8.jpg


下の階が4階分くらい改装中。改装後はちゃんと借り手がついているのかな。
b9.jpg


スペインならではの様式の立派な建物の並ぶこのグラン・ビア、景気は大丈夫なのかな・・・外枠は立派だけど、中身はがらんどうなんじゃないかしら。EUに加盟し、オリンピックに名乗りを上げ、バブルで勢いよく綺麗にしたのはいいけれど、テナント料が高くなりすぎて、経済も破綻して、誰も払えなくなったんじゃないかしら。

これは早朝4時半頃の撮影。通りを歩く人も通る車も24時間絶えることが無い。スペインはどこもそうだが、本当に夜が長い。どこも活気があって賑やかなのだけど、やっぱり経済は・・・うーん、どうなのかしらね。
b15.jpg
nice!(34)  コメント(10) 

ちょっと有名なポイントへ [マドリード]

ax.jpg

ここはマドリードを観光したことがある方ならきっと見たことのある元コムニカシオネス宮殿かつ旧中央郵便局、今はマドリード市庁舎。見えにくいけど時計の針は6時50分。夕方だけど、ずいぶん明るい。
a1.jpg


シベーレス広場というのがそこにあって、これはシベーレスの噴水。シベーレスとはギリシャ神話の女神キュベレのスペイン語読み。
a2.jpg


めぎたちはここからバスに乗った。
a3.jpg


こんなバスに揺られて北上。
a4.jpg


途中で国立図書館前を通った。立派な建物だなあ。
a5.jpg


さらに北へ進むと、あのレアル・マドリードのスタジアム。
a6.jpg


マドリードへ行くことが決まったとき、真っ先にレアル・マドリードの試合日程を調べためぎ。残念ながらこのときは遠征中。でも、めぎ愛しのドイツ人選手オェーズィル(日本ではエジルと書かれている)がちょうどこの直前にアーセナルへ電撃移籍し、まあいいわ。めぎが好きなカカー選手もミランへ行ってしまったし。でも、どちらもまだキオスクで葉書が売られていた。左下がオェーズィル。
a7.jpg


さて、めぎたちが向かったのはここ。
a8.jpg


↑これ、スペイン経済危機がニュースで取り上げられると必ず写るシンボルのようなビル。こんなに傾いているからね。うちのドイツ人はこれがどうしても見たくて、ホテルで場所と行き方を聞いて出かけたのだった。日暮れが遅いので、7時過ぎでもまだこんなに明るい写真が撮れた。ヨーロッパの旅はやっぱり夏に限るわねえ。

その前にはこんなのが立っている広場があって・・・
a10.jpg


そこへ向かってめぎたちが通ってきた道が。この道、マドリードの中心へまっすぐ続いている。
a9.jpg


なんだか広々・・・マドリードって道が広く、土地がいっぱいある印象。


♪サッカーのこと♪

嬉しかった~!(写真はRP-Onlineから)
RP.jpg


狙ったゴールじゃないのは誰もが分かっているけど、綺麗なセンタリングだったなあ。

nice!(34)  コメント(10) 
前の3件 | - マドリード ブログトップ