So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年夏 日本の旅 ブログトップ
前の3件 | -

日本ならではのもの [2010年夏 日本の旅]

ax.jpg

みなさま、日本ならではのもの、と言ったら何を思い浮かべます?

神社仏閣?歌舞伎?祭り?懐石料理?

生活の隅々にまで西洋文化が入り込み、先進国の一つである現代日本は、生活習慣上はヨーロッパと特に差がないような気がする・・・みんな洋服着てるし、パンもコーヒーもケーキもステーキも普通に口に入るし、ベッドやソファーも普通だし。だから、日本ならではのもの、と問われたら、殊更に伝統文化的なものを探してしまう・・・そんなこと、ありません?

または、日本ならではのものと言えば、細かいところまで行き届いたサービスかしら?ドイツ暮らしをした人なら、日本の宅配便やコンビニの便利さが実はとっても特別なものなんだということが骨身にしみて分かるし、24時間開いているスーパーや土日も休まないデパートの売り子さんたちのサービスの徹底さとにこやかな対応も日本ならではのものだとしみじみ感じるはず・・・

日本人が考える「日本らしさ」ももちろん人によって千差万別だけど、外国人の目から見た「日本らしさ」はなかなか一筋縄ではいかない。めぎが今回一ヶ月を通してドイツ人たちから指摘された「日本ならではのもの」を、今ざっと思い出す限りご紹介しちゃいましょ。時間が経つとどんどん忘れちゃいそうだし。

ドイツ人たちが終始感嘆の声を上げ続けたのは日本の緑。ドイツの緑色はもっと黒っぽいよね、日本の緑は明るい緑色だね、と何度も何度も言われ、ドイツに戻ってからドイツの木々をしげしげと見て納得。そういえばドイツには「黒い森」という地域まであったわね。昨日のバルコニーやそこから見える木々の緑色と比べてみると、明らかに日本の木々の方が綺麗な明るい緑色をしている。
a6.jpg


日本らしさと言えばやっぱり水田風景。美しい明るい緑色。これが黄色くなる時期にまたいつか行ってみたいな。
a7.jpg


水田のある地方では、平らなところには一面に水田が、ちょっと隆起しているところには森が。この、平らな水田か隆起した森かというハッキリとした対立が非常に日本らしいと感じたようだった。あ、森じゃなくて山というのかしら?
a1.jpg


ドイツの畑は多少隆起しててもうねうねと畑が続くのに対し、水田は水を張るから当然真っ平ら。そして、真っ平らなところにはほとんど水田しかなく、あとはせいぜい農家の建物とその小さな野菜畑のみ。水田地帯ばかり巡ったから当然なんだけど、水田に混じって家畜の牧草地が見当たらないことがドイツ人たちには珍しいらしい。ドイツだったら一面に家畜の餌になる畑が広がり、その広さは麦畑やじゃがいも畑など人間様が食べる畑より多い印象。一つ一つの畑の大きさも広大で、日本の水田の一つの区画がかなり小さいことにもびっくりしていた。

さて、話は変わって日本の交通規則もいくつかドイツ人には興味深いことの一つ。踏切での一時停止はドイツにはない。
a2.jpg


アウトバーンが有料でかなりお高めなこともびっくりだし、お金払うのに車線幅が結構狭くて最高でも100キロまでしか出せないというのにはかなりびっくり。100キロ制限は、ドイツのアウトバーンでは工事中とか雨とかの場合の制限速度なのだ。
a7.jpg


この写真はアウトバーンじゃないけれど、道路工事現場にこういう交通整理の人が何人も立っていることも、ドイツ人たちにはびっくり。しかも日曜日も夜も工事してるし。人件費がこれだけかかっているからなんでも高いんだ、と納得。
a0.jpg


それから、日本らしさと言えば、人がいっぱいな中で非常に秩序だっていること。こんなごった返した中でもきちんと最後尾なんて言う札があったりするし・・・
a3.jpg


野球の応援もチームごとにきちんとやり方が決まっていて、いつどのタイミングでどんな応援をするかもきちんと決まっていて、グループが一体化して非常に整然としている。野球自体が表と裏で攻守入れ替わるから、みんなが同時に応援するということがなく、それぞれが勝手に叫びまくるということもない。均整の取れた応援合戦は非常に興味深かった。
a9.jpga10.jpg


4ドアか3ドアか、12両編成か15両編成かなどをしっかり確認してきちんと並んで整然と電車に吸い込まれていくところも見事。ダイヤもほんの1分遅れただけでも放送で謝ってくれちゃうほど正確。全てが一体化してリズムに乗って動いている。
a3.jpg


このリズムを乱すこと、例えば大きなスーツケースを持ってこの列の中に並んでもたもたしちゃうことには非常に冷ややかで、チッと舌打ちされればまだ良い方で、下手すると押しのけられたり。ドイツだったら絶対に見知らぬ誰かが手伝ってくれるのに。

急いでいるのは人間だけじゃなくて、空も。夕暮れから暗くなるまでが非常に早い。綺麗な夕焼けだなあと思ったらすぐに写さなければあっという間に暗くなってしまう。刻々と色が変わっていくから、一瞬一瞬が勝負という感じ。緯度の高いドイツでは夕焼けから暗くなるまでたっぷり時間かかるから、のんびりと撮影できる。
a2.jpg
a2.jpg


忙しい人たちがちょっとゆったりできる喫茶店。日本にはこんなレトロな雰囲気を演出した素敵な喫茶店がいっぱいあるが、こういうのは伝統的な「和」でも本物の「洋」でもないため、ドイツ人たちには不評。でも、スタバのようなアメリカナイズされたカフェも大不評。カフェはヨーロッパの文化だから、その採点は非常に厳しい。
a3.jpg


ちなみにこの時期日本は暑くてアイスコーヒーを飲んでいる人がいっぱいいたが、コーヒーを冷たくして飲む習慣もドイツにはない。ドイツ語で「冷たいコーヒー」と言うと「不味いコーヒー」という意味だから、コーヒーを冷たくして飲むなんて御法度なのだ。でも、真夏の蒸し暑さの中でアイスコーヒーがどれほど美味しく感じられるかも、多少理解したようだった・・・特に缶コーヒーは意外に美味しくて、冷たくても好んで飲んでいた(喫茶店では頑としてホットしか飲まなかった)。ちなみに、缶コーヒーにはなぜ「ミルク入り砂糖無し」がないのか、というのもドイツ人たちにはかなり大きな疑問だった。微糖やブラックはあるけど、ミルク入り砂糖無しは見当たらないのだ・・・でも、諦めの悪いドイツ人はどこの自販機でもしつこく毎回探していた・・・つまり、「ここにはミルク入り砂糖無しがあるかも知れない」と言い張るドイツ人の友人女性のために私は毎回チェックしなればならなかった・・・ないってば。諦めなさいってば。こっちは見なくっても分かるんだけど、毎回探してやらなければ納得しないドイツ人。かなりうんざりしたことの一つ。

さて、日本旅行と言えばメインの一つとして神社やお寺を観光するわけだが、神仏習合はいくら歴史的経緯を説明してもキリスト教徒にはなかなか理解できないこと。
a4.jpg


根津神社の屋根には寺院マークがあるし。これは神社なの?お寺なの?と何度聞かれたことだろう。宗教の境界線が曖昧なのはどうも納得がいかないらしい。それに、このマークを見ると、いくら反対向きとはいえどうしてもギョッとしちゃうドイツ人たち。ここはナチスの寺か?と感じちゃうのだ。ちなみにドイツでは鉤十字の使用が法律で禁止されており、それによく似た卍も決して使われない。
a5.jpg


時間の使い方についてもときに境界線が曖昧に見える。夏休みに入っても明らかに学校のイベントに参加していると思われる子ども達の姿があちこちで見かけられ、休み期間中にどうして学校があるのか、とドイツ人たちに何度も聞かれた。休み中に部活があったり補習があったりするのは、ドイツ人には全く理解できないこと。それじゃ「休み」じゃないじゃない?いつからきちんとした休みなの?うーん、お盆の数日でしょうかねえ・・・え?それだけ?それじゃ、いつ「休む」の?
a5.jpg
a6.jpg


うーん、休むのは電車の中のようね・・・みんな疲れて寝てるし。高校生が電車でこれほど疲れて寝ているという光景は、ドイツ人たちには異様に見えるらしい。これほど疲れるほど忙しい高校生活は一つの虐待じゃない?と思われるほど。
a1.jpg


いったいいつ休暇に行くの?とも何度も聞かれた。ドイツ人の考える「休暇」=「ビーチで2週間ひたすら日光浴」なんて日本にはありませんってば。ニッポンのお父さんたちは2週間も休めないし、2週間もどこかに泊まり続けたら破産しちゃうわ。
a1.jpg


じゃ、日本人はいったいいつどこでリフレッシュするのか?その一つは温泉。温泉がこれほど成熟した一つの文化だとは、日本滞在が通算5ヵ月近いうちのドイツ人でさえ今回初めて気がついたらしい。でも、多くの人が一泊しかできないから、どこの温泉旅館も高くって。一泊しかできないとなると贅沢な上げ膳据え膳を楽しみたいし、旅館側も至れり尽くせりのサービスを用意する。何泊もする貧乏旅行者向けの温泉旅館って、ほとんどあり得ない。日本人にとって温泉旅行は、単なる息抜きの休暇というより、ハレの日的感覚の名残が強いのかも。ドイツ人にとって休暇は非常に当たり前なものだけど、日本人にとってお休みってちょっと特別なものですよね?そのハレとケの境界はすごく際立っているのだけど、それは外国人旅行者からはなかなか見えにくい。
a8.jpg


温泉といえば食事。夜の豪華な食事はドイツ人たちも大喜びで堪能したけれど、朝から焼き魚やお味噌汁はなかなかきつかった模様。写真はペンションを名乗る民宿のもの。オレンジジュースと生ハムサラダがついているのが日本人的にはちょっと洋風なんだけど、ヨーロッパ人にとってはこれは全く洋風ではない。ちなみにヨーロッパ大陸では朝にはコーヒー以外に温かいものを用意する習慣はない。ゆで卵か目玉焼きを食べるのも日曜日の朝食のみ。野菜も食べない。たとえお味噌汁がスープだったとしても、ドイツ人たちにとっては非常にキツイ。朝食といえばコーヒーとパンとジャム。そう、甘いものが欲しいのだ。
a2.jpg


ちなみに上のペンションでは食後にコーヒーも出されたのだが、食「後」というのが全く洋風ではない。ヨーロッパではコーヒーを最初に飲む。パンよりなによりまずコーヒーなのだ。食前にではなく食後にコーヒーが出されるというのは、非常に日本的に感じたという。

それから温泉で非常に残念がられたのは、混浴が圧倒的に少ないこと。ドイツだったらクアハウスは混浴で、カップルが一緒にクアを楽しめる。温泉プールは水着着用だが、サウナはすっぽんぽんの混浴だ。だから、ドイツ人は温泉で裸で混浴というのに意外に慣れている。せっかくこんなに素敵な温泉なのに、パートナーと一緒に入れないなんてナンセンス、とのこと。もちろん今時は貸し切り家族風呂とか露天風呂とかだんだん充実してきているようだったけど、大きな素敵な温泉大浴場を一緒に楽しみたいと思うのはドイツ人だけじゃなくてめぎも同様。
a5.jpg


でもねえ、こういうのにも、モザイクかけちゃうお国柄ですもんね。ちなみにドイツ人は、タオルで大事なところを隠す習慣も無くって、サウナではみんな堂々と見せて歩いている。だから、恥ずかしいという意識もない。そうそう、こういう映画にストーリー性があるのも日本ならではのこと。ドイツのは、脈絡もなくただ行為を見せるのみ。もちろん全部見えるし。
a4.jpg


さてさて・・・夏の日本、想像以上にしんどかった・・・暑くて暑くて、したいことの半分以上をカットした。でも、日本の若者たちは元気だったな~今年のファッションはマンガの世界みたいね。普通のファッションがコスプレ風になったのね。
a00.jpg


洋服を着ていても歩き方が着物風だとのドイツ人たちからの指摘。みんなぺたぺた歩いていて、それがヒールのある靴や洋服とミスマッチだとか。着物や浴衣を着て歩いている人は体型や歩き方と完璧にあっていて、非常に美しく見えるそうだ。でもねえ、そうは言っても、毎日着物着て会社や学校に行ける世の中じゃなくなっちゃったからねえ。

浴衣を着て花火へ出かける光景はまさに日本的で大絶賛。ドイツ人には浴衣と着物の違いがどうもピンと来なかったけど、実は夏に花火という方がもっとピンと来なかったかも。ドイツでは、花火といえば大晦日の風物詩。
a4.jpg


以上、テーマがいっぱいぎっしりでどうもまとまりがなくなってしまったが、めぎのメモ書きと思ってどうぞご容赦を。7名の高校生と3名の50代ドイツ人の目に映った日本ならではのもの、いかがでした?これから追い追いに日本旅行を紹介していくうちに、もっと思い出したり掘り下げたりするかも。一ヶ月に写した写真の数は3800枚くらい。意外と少ないかしら?さてさて、どうやって記事にしようかしらねえ・・・

最後に、あちこちにいたぴーひょろろと鳴くこの鳥さん。ドイツ人たちに大人気だった。
a1.jpg
nice!(52)  コメント(34) 

富士山:須走口から六合目まで [2010年夏 日本の旅]

ax.jpg

日本のこと、何から書こうかしら・・・一ヶ月の間に一年間分くらい旅したんじゃないかと思うくらいあちこち行って、写真の数が膨大すぎて、どこもそれぞれに思い入れが強くて、距離を取って書くのがなかなか大変。まずはニッポン一の富士山から行きましょうかね~登ったのは2010年7月30日のこと。

夏に日本へ行くならぜひ富士山に登りたい、とうちのドイツ人や友人夫婦に言われたのは一年前のこと(つまり一年前から夏の休暇の予定がほぼ決まっているのがドイツ)。それからネットや取り寄せた本などで色々調べ、スタート地点として選んだのが須走口。
a1.jpg


前日に御殿場近くの宿に一泊し、当日妹夫婦もそこに集合し、須走口まで私とドイツ人たち計4人はタクシーで、妹夫婦はその後ろから自家用車でついていく形で向かった。しかしその道程はなかなか険しかった・・・須走口まではかなり急勾配で、タクシーが38万キロ走ったとかで古かったからか、燃料がプロパンガスだったからか、大柄なドイツ人たちと登山用荷物が重すぎたからか、途中でエンストしてしまったのだ。どうにもこうにも登れなくなり、急遽ドイツ人2人を後ろの妹夫婦の車へ。そしたら妹たちの車もエンストしてしまい、少し戻ってから登り直してきた・・・須走口に大人4人で向かう場合は、急勾配の曲がり角に要注意。

金剛杖を持って登るのがちょっと夢だったのだけど、焼き印押してもらってもどうやってドイツへ持ち帰ったらいい?長すぎてスーツケースに入らないよね・・・とハタと気付き、ぐぐっと我慢。
a2.jpg


この前日の夜はものすごい雷雨で、本当に登れるのかしら?と危惧したが、昼前に五合目に着いたらまあガス(霧)がかかっている程度でよかった。富士登山3回目の妹夫婦の助言に従って、須走口で2時間近く休憩した後1時半頃に登山開始。まずは神社にお参りを。ドイツ人たちはただ眺めているだけだったけど。
a3.jpg


五合目での2時間が待ち切れなさそうだった友人夫婦は、自分たちのペースでどんどん登っていった・・・やっぱりドイツ人は体力が全然違うわ。
a4.jpg


須走口を選んだのは、富士山の植生が見られるから。ガスもかかってなかなか素敵な雰囲気。時々鳥居をくぐるのも、聖なる山に登っているんだなあと気持ちを引き締めてくれる。
a5.jpga6.jpg
a7.jpga8.jpg


可愛い植物さんたち。
a9.jpga10.jpg


そうこうしているうちにだんだんと植物の丈が低くなってきた。上にいる人、下にいる人がよく見える。
a11.jpg
a12.jpg


予定よりずいぶん時間をかけてようやく六合目に到着。ここで、うちのドイツ人がリュックから取りだしたものは・・・ドイツから持ち込んだオランダのゴーダチーズとプンパーニッケルという黒パン。これがホント美味しかったわ~
a13.jpga14.jpg


7月30日というと、日本へ来てからもう3週間近く経つ頃。ドイツの味がたぶん恋しくなってきている頃で、こういう究極のしんどい場面ではきっと欲しくなるはずだ!とめぎが助言し、何が欲しくなるか色々考えた末に選ばれたのがゴーダチーズと黒パンだったの。

また元気を出して上へ上へ。まだ時々こんな灌木がある感じ。
a15.jpg


・・・あ、いつの間にかガスが消えて、富士山の頂上が見えだした!
a16.jpg


見渡しもよくなって、結構な急斜面を登っていることがよく分かるようになった。
a17.jpg


ふと振り返ると、まあなんて綺麗なの!
a18.jpg


雲の形も面白いし・・・
a20.jpg


富士山もハッキリくっきり見えるようになったし・・・
a19.jpg


綺麗な花はあるし、富士五湖まで見えるようになって・・・
a22.jpga23.jpg


これでもう充分登った甲斐があったわ、と早くも満足しためぎだった♪
a21.jpg


それにしても、もう結構な時間になってきたのに、まだ六合目からこれしか登ってないわ~!
a24.jpg


つづく。
nice!(49)  コメント(22) 

富士山:七合目の山小屋 [2010年夏 日本の旅]

bx.jpg

昨日から、7月30日の富士登山のお話を連載中。

富士山は刻々とその表情を変えていく。
b2.jpg


こんな下界を見たかと思えば・・・
b1.jpg


逆富士が見えますよ、と見知らぬ人に教えられて振り向くと、こんな下界。
b3.jpg


ホンのちょこっとずつだけど確実に登ってるんだなあ・・・

逆富士のことを教えてくれた方を始め、登山中は知らない人々が挨拶し合ってて、なんだかドイツみたいだった。
b4.jpg


逆富士が見えたあたりの近くにこんな小さな鳥居があって、なぜかここにたくさん鈴がぶら下げてあった。どうしてなのかな~
b5.jpg


さて、一生懸命歩いているんだけど、なかなか今日の宿に辿り着けないめぎ。宿まであとどのくらい?
b6.jpg


え~~あんなに遠く?あれじゃ日暮れまでは絶対に無理だわ~~
b7.jpg


こんなに写真撮っているから余計に時間かかっちゃうんだけどね。
b8.jpg


・・・とあくまでマイペースでゆっくり登り続け、できるだけ18時までに到着してください、と言われていたところを19時近くなってようやく到着。
b11.jpg


そのときは、こんな空だった。
b9.jpg


泊まる宿はこちら。
b10.jpg


もう少し上には鳥居のある本七合目の宿や・・・
b12.jpg


さっき下から見て「辿り着けない」と思った八合目の宿が見えるが(写真ではちょっと暗くて分かりにくいですわね)、ネットや本では「すぐ上に見える」と書かれていたけどめぎには「すぐ上」にはとても思えなかった。
b13.jpg


それにしても、なんて素敵な光景なんでしょ。山登りをする人の気持ちがよく分かったわ。
b14.jpg


明日のご来光も楽しみだな~♪
b15.jpg


・・・と美しい夕焼け雲を楽しんだあとは、富士山の山小屋としては屈指の量と質を誇るというこの食事をいただいたのであった。特に、おかわり自由の温かい豚汁は感動的だった。(18時には到着できないと判断した妹が早めに宿に電話を入れてくれたため、食事などはちゃんと取っておいてくれた。)
b16.jpg


ところで、富士山の山小屋のなかなか過酷な状況&結構お高めの宿泊料は事前にたっぷり読んでいたのでめぎは心構えもできていたし、まあ山小屋というのはそんなもんなのね、と納得もしたのであったが、ドイツ人にとってはそう簡単に納得できることではなかった。ものすごく狭いこと、一人一人の寝床がないこと、トイレが水洗じゃないこと、シャワーも洗面所もないこと等々はもちろんよく理解しているのだが(そういうのはヨーロッパの山小屋も同じこと)、彼らが納得できないのはその宿泊料。富士山は夏にしか営業できないし、ここで営業に当たる人件費は大変、と説明されても、一泊素泊まりで6300円もするというのは彼らの常識ではかなりびっくりだったのだ。なにしろ同じような条件下の山小屋が、ヨーロッパの場合一泊15~20ユーロ程度(つまり2千円程度)なのだから。富士山は「物価が高い」という意味でも日本を象徴する場所の一つだとつくづく感じた次第であった。

夕食後、外に出たらすっかり闇に包まれていた。前日の激しい雷雨が嘘のように晴れ渡り、下界の灯りもハッキリ見えて、明日はきっと綺麗なご来光が見えるんじゃないかな、と期待も膨らみつつ寝たのであった。
b17.jpg


つづく。
nice!(57)  コメント(22) 
前の3件 | - 2010年夏 日本の旅 ブログトップ