So-net無料ブログ作成
ルーマニア ブログトップ
前の3件 | -

ドブロジャ地方 [ルーマニア]

ax.jpg

今日からルーマニアのお話を。

5月22日から24日までのほんの2泊3日、駆け足でルーマニアのドブロジャ地方へ。

Rumänien



↑これはルーマニアの首都、ブカレスト。何度か縮小していただけると、ルーマニアの形が見えてくる。今回めぎが向かったのは、ブカレストの東側、ドブロジャ地方。右側に黒海が見えました?

そもそもなぜルーマニアへ行くこととなったかというと、旅行の計画ではなく、学会のためだった。その学会は去年の秋の予定だったのだが、仕事の都合がつかず参加を見送ることとなり、既に取ってあった飛行機をキャンセルしようかとしたときに、うちのドイツ人が、せっかくだからルーマニアに行ってみようよ、と言いだしたのだ・・・彼はヨーロッパ各地ほとんどくまなく行ったことがあるのだけど、ルーマニアは未踏だったそうで、ぜひ、と。そのときに飛行機の予約を延期したのが上記の期間だったというわけである。

ルーマニアって聞いても、恥ずかしながらめぎはチャウシェスクとコマネチくらいしか思い浮かばなかったので、具体的に行きたい所などはなかった。何をしよう?何が見たい?と自問自答したときに、街には興味のわかなかっためぎはとりあえず黒海を目指すことにした。海の好きなうちのドイツ人にも異論はなく、それから黒海というキーワードでネット検索を続けているうちに、ドナウデルタの存在に気がついた。おおおお!ドナウデルタって、昔々地理で習ったような・・・と懐かしくなって調べたら、そこは鳥さんたちの夢の楽園だとか。それは行くっきゃないでしょ♪

と、すっかり楽しい休暇気分で現地入りしためぎ。首都ブカレストで飛行機を降りてレンタカーして走り出したときにまずめぎの目に飛び込んできたのは、幹線道路の真ん中に立って車を止めてサングラスを売ろうとしている少年の姿だった。ええっ!?ルーマニアって、こういうところだったの?だって、EUに入ったんでしょ?とどぎまぎしていると、程なく田舎に入ってから見えてきたのがこちら。
a2.jpg


振り返ってびっくり、ロバに引かせた荷馬車。それから次々と、牛に鋤を引かせている様子などが目に入ってきた。そして、手作業で農業を営んでいる人々が・・・(ぶれてしまったのが多いけど、雰囲気をどうぞ)

a1.jpg
a3.jpg
a4.jpg
a3.jpg
a4.jpg
a5.jpg


こんな広いところで、炎天下で、気が遠くなりそう。
a6.jpg


荷馬車を引くのはロバの場合と馬の場合があって、それも貧富の差なのかしら、と想像してみたり。
a2.jpg
a1.jpg


道具を持って歩いている人たちも。
a7.jpg


こうして見ると長閑にも見えるんだけど。ぶれてしまったが、雰囲気をどうぞ。
a5.jpg
a6.jpg


真っ黒になって過酷な作業をしている人たちをあんまりカシャカシャ撮るのは気が引けて、遠くから望遠で。ホンの小さな子どもも大きな鎌を持って仕事をしていた光景が忘れられない。この牛飼いも、顔を見たら15歳くらいの少年だった。
a1.jpg


休暇気分の吹っ飛んだめぎ。とは言えもちろんドナウデルタの美しい鳥の楽園の光景を満喫し、おいしい料理を非常にお安く賞味し、黒海のリゾートの雰囲気までしっかり味わってきたので、その様子も追い追いにお伝えするつもりだけど、まずはこのドブロジャ地方の暮らしの様子を整理してから。そのようなわけで、明日は彼らの住んでいる村の様子をお伝えする予定。
nice!(57)  コメント(24) 

ドブロジャ地方2(村の様子) [ルーマニア]

ax.jpg

本日は、ルーマニアのドブロジャ地方の村の様子をお見せしつつ、めぎのルーマニアに対する複雑な思いをつれづれに。いつもと違って重たいテーマなので、お疲れの方は写真だけをどうぞ。
a5.jpg


ルーマニアについて書こうとすると、自分の文才の無さに愕然とする。どうしたらこの現状を正確にお伝えできるのか、全くもって分からない。語彙力も表現力も欠乏していて、それは自分自身が無知だったからだという現実にも愕然とする。
a7.jpg


めぎは、ルーマニアをヨーロッパの一部、EUの仲間入りを果たした国、というふうにしか見ていなかった。旧共産国と言えば東ドイツも同じことで、旧東ドイツは未だ旧西ドイツ側と比べると復興が遅れているけれど、基本的な西側の、つまり先進国の生活水準は一応保たれている。ルーマニアへ行くにあたり、旧東ドイツよりちょっと復興や開発が遅れている程度、例を挙げればポーランド程度を想定していたのであって、発展途上国へ行くつもりでは全くなかった。
a16.jpg


地理的にはルーマニアはトルコのすぐ近く、海を渡ればグルジア、つまりほとんどアジアのような、ヨーロッパの地の果てだと言うことはもちろん分かっている。その中でもドブロジャ地方は最も東で、もともとトルコ人やロシア人、さらにジプシー(この言葉はドイツでは差別用語なので使ってはいけないが、日本語では分かりやすいので使用する)が多い地域。もともと貧しかった上にチャウシェスク時代にもインフラ整備に取り残されたそうで、ドラキュラで有名なトランシルバニア地方のような美しい街並みが残っているわけではない。
a23.jpg


しかし、ひたすら無知だっためぎは、EUの仲間の国と言えば、ドイツ国内旅行と大差ない気分だったのだ。スペインやオランダやチェコへ行く気分と同様だったと言えば多少想像していただけるだろうか。
a18.jpg


もっとわかりやすく言うにはどうしたらよいだろう。ルーマニアはドイツの隣の隣の隣の国。国は違うけど同じEUの国。ということは、東京から福島、新潟、富山、岐阜、愛知辺りに旅行する気分と同じ。日本国内でも歴史も文化も違うし、東京のギガントな発展と他県の現状とは全く違っているから、ちょっと違うものに触れたいという旅情を求めて他県へ旅行に行く。でも、基本的な生活水準は日本国内ならそれほどの差はない。他県に行ったらほとんど車が無くて、あってもたいてい60年代のであちこち壊れてて、みなさんロバの引く荷車に乗ってました、なんてことは絶対にない。それと同じような気分だったと想像していただければ分かるかしら。
a1.jpg
a2.jpg


要するにめぎはけっして、発展途上国のまだ観光地化されてない奥地の村に行くようなつもりではなかったのだ。しかし、ルーマニアのドブロジャ地方は、それにほぼ近い暮らしである、と言えなくもないのが現実だった。それになんと言ってもここは、冬には雪が積もる寒い地域。この住まいで寒さをしのいでいるのかと思うと、なんと言って良いやら・・・
a14.jpg


小さな村にも教会があって、それはとても立派。教会については改めて詳しく書くつもりだ。村には新しめの家が建っている場合もあるが、建築中の新しい家が途中で放置されたままになっている例も多く、経済がうまくいっていないことが伺えた。
a8.jpg
a3.jpg


この写真だけを見ていると、牧歌的な感じや古き良き時代の懐かしさが感じられる。それに、たしかにここに住む人たちにとってはこれが現実で、この生活にある程度満足している雰囲気もあった。悲壮感が漂っていたわけではない。ただ、忘れてならないのは、彼らは選んでこの生活をしているわけではないということだ。例えば、環境保護のために機械化導入を見送ったわけではない。民族の歴史的文化を守るためにこの住居を維持しているわけでもない。ただただお金の余裕が無くて、選択の余地無くこの厳しい生活を続けている、ということだけだ。
a10.jpg


ルーマニアの、家族みんなで力を合わせる生活は非常に大変とはいえその流す汗は美しく、今日の写真から見える暮らしぶりも、世界中の生活が画一化して行っているこの世の中では非常に価値のある貴重なものだと言うことさえ、見方によってはできるだろう。これは、昔の生活を博物館で復元したものではなく、本当の現実なのだから。ドイツや日本の50~60年前、約2世代前の生活をしている人が、ヨーロッパ内に存在する・・・それが、現実なのだ。
a12.jpg


しかし一方で、ルーマニアは国としてはEU入りを果たし、その結果EUは巨額投資をしてルーマニアに高速道路を造ったりなどの援助をしている。調印だけはなんとシェンゲン入りも果たしている。簡単に言えばシェンゲンというのは通貨をユーロで統一し、国境のパスポート検査も廃止して国内旅行扱いとし、したがってどこに行っても同じインフラと生活水準を約束する協定。だから、ルーマニアは目下通貨をユーロにするために全力で復興中というわけで、それはドイツやフランスが自分たちと同じ生活水準にするためにルーマニアに巨額な援助をこれからずっと続けていかなければならないと言うこと。
a15.jpg


それは、ドイツに住む外国人のめぎにとっては、なんとも言えない、複雑な気分を生み出すのだ・・・そうでなくても経済危機でドイツ国内だってこれから色々大変なのに、めぎがなけなしの給料から払っている税金の多くがドイツ国内で使われずルーマニアへ流れるっていうこと。将来、めぎが老後を迎えた頃、ドイツはいったいどうなっているのだろう。外国への援助で財政赤字が雪だるま式に増えていても、今のように外国人にも寛大でいてくれるかしら。
a19.jpg


それから、外国人労働者のめぎがドイツからぬくぬくとルーマニアへ休暇なんぞに出かけているのに対し、ヨーロッパの民族がこんなに汗水たらしてギリギリの生活をしているということ。
a17.jpg


ドイツに住んで、ヨーロッパの仕組みの中に身を置いて、もうすぐ丸7年が経とうとしていて、ずいぶんヨーロッパに詳しくなったつもりでいたけれど、なんにも、ほんとに文字通り何も、全く、全然、これっぽっちも知らなかったんだなあ、と思い知っためぎ。ヨーロッパを遠く離れた日本で育ち、先進国でしか生きたことのないめぎには、経験上想像力が全く欠如しているのだろう。人の想像力というのは経験の範囲内しか及ばないということをつくづく感じる。
a20.jpg


こういう村へやってくる日本人はまだ非常に少ないのだろう。めぎは一歩車を降りると非常に注目の的で、写真を撮るのは非常に難しかった。だから、走っている車からガラス越しに撮ったものが多く、変な光が入っていたりするが、どうぞご容赦を。
a21.jpg


これからどんどん外国資本が入り、後日お伝えするつもりだが工場が危なっかしい設備のまま乱立し続け、EUに入ってから人の移動も簡単になって既に若い労働力が西側へ流れ始めているし、サテライトTVや携帯電話の普及もめざましく、これがどう変わっていくのだろう。ブカレストでは物乞いの少年がいたし、このままこの生活に甘んじ続けるとは到底思えない。いずれにしろ、ルーマニアはEUの水準に達することを国家を揚げて取り組んでいる真っ最中なのだから、この景色は30年後くらいには激変しているのかも知れない。
a22.jpg


ルーマニアの現状に関しては、岡嵜八重子さんが2005年にこちらをお書きになってネット公開している。この中のドブロジャ地方に関する記述は、めぎが今回見たのと全く変わりがない。興味のある方はぜひどうぞ。

明日は集合住宅の建つ町の様子をお伝えする予定。その後、教会、車、工場、電車などが続く。鳥の楽園や黒海のリゾートの様子をお伝えできるのはもう少し先のことになりそう。
nice!(58)  コメント(36) 

ドブロジャ地方3(町の様子) [ルーマニア]

ax.jpg

今日はドブロジャの町の様子を。例によって車のガラス越しの撮影のものが多く写りがおかしいけれど、どうぞご容赦を。まずは、一日目に通ったBraila(ブライラ)という地方都市。
a2.jpg


政党のプラカートが至るところにあって選挙戦中のように見えたが、選挙は去年の冬だったはずだし、うーん・・・いつもこうなのかしら。
a4.jpg


町には車が結構いっぱい走っているし、トラムもある。町と村とでは相当な格差があるようだ。
a1.jpg


教会はとても立派。
a5.jpg



Braila




次に、一夜明けてドナウデルタ地帯の小さな町、Mahmudia(マハムディア)やMurighiol(ムリグヒオル)の辺り・・・町の読み方は想像なので、もしかしたら違うかも。ちょっとトルコ風の名前で、ここが微妙な地域であることが伺える。
b1.jpg


このように、集合住宅にはサテライトTVが普及していることがよく分かる。このような暮らしをしつつ、アメリカ映画のルーマニア語吹き替えなどを見ているわけで、彼らが豊かな生活を求めて西側へ移動するのも時間の問題だろう。
b2.jpg


めぎにとってサテライトTVや携帯電話は、その他の様々な都市生活のインフラ発展に伴って導入されてきたというイメージが強い。白黒テレビからカラーテレビになり、その後かなり経ってから衛星放送が導入されていったという歴史や、黒電話がプッシュホンになりFAXが導入され子機が出現しPHSやポケベルが流行始め・・・という歴史の延長線上に携帯電話がある。その歴史とともに、日本の町の景観もどんどん変化していった。それに対し、ここに写っているアパートや雑然とした整備されていない道路の様子(電信柱の上にはコウノトリの巣!)は、めぎが生まれた頃かもっと以前の日本の景観であって、携帯電話を初めて手にした頃の景色とは雲泥の差だ。しかし、ルーマニアでは町にはパラボナアンテナが至る所に取り付けられ、町の住民は皆、そう、みんな一人一人携帯を持っていた。最新技術がこのような所へポンといきなり入り込んでしまっているのが妙に落ち着かずミスマッチだと感じるのは、先進国の人間の勝手なイメージなのだろうけど、どうも不思議な感覚だった。
b3.jpg


ルーマニアが今更黒電話や大きな子機から始める必要は全くないし、大掛かりな工事が無くてもこうして世界とつながることができるなんて、素晴らしい。ただ、なんというか、この様子を見るにつけ、日本の明治維新や戦後の状況・・・技術のみをどんどん取り入れ、その背景にある歴史や文化や思想やものの考え方などは後回しになったこと・・・を彷彿とさせるのだ。便利さだけを追求したり国力アップだけを目標にしたりしていては様々な問題があとから浮上してくるのは目に見えている。考え過ぎじゃなければいいけれど。


Mahmudia




最後に黒海沿岸都市、Constanta(コンスタンツァ)。これは考古学博物館。
a6.jpg


その近くにあるモスク。
a3.jpg


この辺りはコンスタンツァの観光中心地。ブカレストの人たちが休暇を過ごしたりする場所のようだ。
a5.jpg


ところが・・・
a4.jpg


びっくりするほど瓦礫が多く、寂れている。
a1.jpg


でも、西側文化はしっかりと入ってきている模様。
a2.jpg


このすぐそばには黒海。
a7.jpg


ルーマニアの貨物輸出入の半分はここで行われているとか。
a10.jpg


ドアを開けたまま走るバス。ずいぶん綺麗な色だなあ。
a8.jpg


これがドブロジャ地方最大の都市のど真ん中の現状。
a9.jpg



Constanta




明日は車の話を。
nice!(52)  コメント(26) 
前の3件 | - ルーマニア ブログトップ