So-net無料ブログ作成
検索選択
アール川河畔の葡萄棚 ブログトップ
前の3件 | -

アール渓谷 [アール川河畔の葡萄棚]

ここ数日にわたって天気のよいデュッセルドルフ。日曜日にうちにこもっているなんて勿体ない!それで、あるものがとても見たくなって、車で一時間少々走って遠足に。

Altenahr


着いたところはAltenahr(アルテンアール)と言う町。ライン支流のアール川沿いの町だ。

そこで、こんな遊歩道に入る。

上にはこんなものが見えている。

遊歩道はこんな道。

この日は陽射しがきつくて登っていると汗ばんだが、日陰の部分は凍っていた。空気は結構冷たい。



さあ、もう少し。



古い城跡。12世紀に建てられ、18世紀にケルンによって滅ぼされたのだそうだ。

上から見るとアルテンアールはこんな町。


これがアール川。

さて、めぎがぜひ見たかったものはこちら。

そう、これ♪

続きは明日。


nice!(63)  コメント(39) 

葡萄畑 [アール川河畔の葡萄棚]

めぎが見たかったもの。

それは、Weinberg、すなわち葡萄畑。

葡萄畑のことを、ドイツ語ではWeinberg(葡萄山)という。畑という意味のドイツ語を使わない。葡萄畑は山の斜面にあるからなのだろう。Weingarten(葡萄庭)という言い方もあるが、普通はWeinbergだ。

こんな遊歩道ができている。

この日は天気がよくて、葡萄畑をハイキングしている人がいっぱいいた。

枯れた葡萄畑は、典型的なドイツの冬の景色という感じがする。


と言っても、ドイツでは基本的に赤ワインは出来ない。寒すぎるのだ。でも、ここで生産されるワインの70%が赤ワイン。量は少ないが上質のが出来る、と宣伝されている。この辺りがドイツ、いやヨーロッパの赤ワイン生産の北限だ。

一年間、時々見に来て、葡萄の育つ様子を観察できたらいいなと思っている。

昨日お見せした城跡はあんな遠く。

さて、葡萄畑ハイキングでおなかが空いたので、町に戻ろう。

アルテンアールの町は、ワインを売り物にしてすっかり観光地化されている。

可愛らしいワイン屋さんやレストランや居酒屋が軒を並べている。

ワインは毎日あなたを輝かせます・・・わたし、毎日飲んでいるんだけどなあ・・・

ここが可愛いな、と思ったが・・・

ハイキングシューズではいるのはちょっと・・・という雰囲気だし、うちのドイツ人は運転でお酒飲めないので、またの機会に。

ちなみにこのからくり時計は2ユーロ入れて鳴らす仕組み。

めぎたちがお昼を食べたのはこちら。

光がとても暖かだったので、ダウンジャケットを着ながら外で食事。

めぎが食べたのはHolzfäller Steak(木こりのステーキ)といって、豚肉のステーキ。うちのドイツ人が食べたのは、牛レバーのステーキ。見た目はほとんど同じだった。

最初は、お酒の飲めない運転手につきあって紅茶を頼んだのだが、ワインを運んでいるお姉さんをみて・・・

1グラスだけ追加注文♪

赤ワインが70%とのことだったが、まわりの人がみんな白ワインを飲んでいたので白に。
美味しかった♪

この結晶みたいのはドイツ語でWeinsäure(ヴァインゾイレ)といい、辞書には酒石酸と書かれているが、一般的に日本語でなんて言うのだろう??


nice!(61)  コメント(47) 

アール川 [アール川河畔の葡萄棚]

アルテンアールの町は、とっても可愛かった。


ワインの町であり・・・

キリスト教の町でもある。

こんな小さな町だけど、こんな立派な教会がある。

素朴な十字架と・・・

新しい十字架。

近くの別の山の頂にも十字架。

さて、めぎたちはアール川をライン川の方へ下っていった。その途中にも小さな村が点在している。この橋が素敵だなあと思って一休み。

古そうですねえ。

小さな村にもキリスト教。

川を守ってもらっているのですね。


葡萄がいつまでも美味しく穫れますように。

♪ おまけ ♪
この植物、何て言うんでしょうか?

ちょっと触ると・・・

うわぁ~ぎゃあ゛~!!!!


nice!(63)  コメント(45) 
前の3件 | - アール川河畔の葡萄棚 ブログトップ