So-net無料ブログ作成

ザルツブルクの夜景 [ザルツブルク 2016年夏]

現在、2016年夏のザルツブルクの話を連載中。3日目の夜のお話。

コンサートが終わったときは、もう真っ暗だった。
c00.jpg


これがホールの入口で・・・
c000.jpg


こちらがモーツァルテウム(音楽大学)。
c0.jpg


クラシック音楽をやったことのある人にとっては、モーツァルテウムって憧れの一つよね。ずっと音楽を続けていたら、どんな人生だったかしら。そんなふうな思いを抱くのはうちのドイツ人も同じ。彼は今全く違う職業に就いているけれど、昔のままずっとオペラ座で仕事をしていたら、今頃どんな人生だったかしら。めぎもうちのドイツ人も今の人生の選択に満足しているのだけど、こういう世界にいたこともまた可能だったのに、今こうして観客として休暇に訪ねてきているということに、人生の不可思議さを感じるのだった。

また橋を渡って旧市街側へ戻る。あるきながらの撮影でブレブレだけど、この人達もめぎたちと同じコンサート帰り。
c2.jpg


橋からの眺めを何時かはきちんとフルサイズカメラと三脚で撮ろうと思いつつ、未だ実現していない。夜はいつもオペラやコンサートに行ってしまってて、ブルーアワーに撮影する時間がないからだ。
c1.jpg
c3.jpg
c4.jpg


夜10時頃なのだけど、まだ若干明るい。それを撮りたくて頑張って何枚か写したが、こちら側は手ブレしてしまった。実は橋も揺れているので、三脚があってもブレるだろうと思う。もっと高感度に強くて明るいレンズでパシャっと高速シャッターで撮らないとだめかもしれない。
c5.jpg


写真を撮っていると、コンサートから旧市街の宿へ戻る人たちがどんどん追い抜いていく。この民族衣装のおじさんも。
c6.jpg


これは確かゲトライデガッセのワイン屋さんのショーウィンドウにあったもの。24.40ユーロ(約3200円)だって。高いのかな、安いのかな。
c7.jpg


こうして3日目が終了。2016年のザルツブルクの話はあと2泊3日分。でも、4日目はちょっと日帰り遠出ドライブをしたので写真大量。あと何日かかるかしらねえ。早くしないとイースター休みになっちゃうわねえ。

撮影: Nikon1 V3 + 18.5mm(F1.8)
nice!(34)  コメント(7)