So-net無料ブログ作成

ザルツブルクの眺めと位置関係 [ザルツブルク 2016年夏]

現在、2016年夏のザルツブルクの話を連載中。3年連続で訪れたザルツブルクの2年目のこと。

昨日ご紹介した崖の上のレストランから・・・
b1.jpg


ザルツブルクの素晴らしい眺めを愉しんだ。
b2.jpg


これはコレーギエン教会。大学広場前にあって、1年目にはここでの音楽祭のコンサートに何度か通った。
b3.jpg


これは城塞。城塞と行っても王様がいたのではなく、主は司教。ザルツブルクは大司教が領主として治める教会国家だったのだ。あそこも人がいっぱいだわね~あそこで食事することもできるが、めぎはあそこに座ったことはまだ無い。城の見学は1年目にしたし、毎年眺めを撮りに何度か登ってはいるけどね。
b4.jpg


その城塞の手前には聖ペーター教会。城塞のある崖の麓にあって、崖の中にカタコンペも作られている。カタコンペは1年目に一人で、3年目にうちのドイツ人を案内して見学した。めぎはこの聖ペーター教会がザルツブルクの教会の中では一番好きで、何度も何度も何度も撮影に訪れている。3年目はここでの音楽祭のコンサートも鑑賞。演目はモーツァルトのハ短調ミサで、なんとも素晴らしかった。
b5.jpg


崖の麓の奥には3つの教会の尖塔が並び、これがめぎのお気に入り。左の白いのが大聖堂の一部で、真ん中奥の赤いのがあのサウンドオブミュージックのマリアのいたノンベルク修道院で、右手前のはフランツィスカーナー教会。
b6.jpg


狭いところに教会が目白押し。どれもカトリック系。
b7.jpg


視線をちょっと左に移すと、ザルツァッハ川の向こうに新市街。ミラベル宮殿とか中央駅とかがあるところ。
b8.jpg


川に掛かる橋はいくつもあるのだが、これはそのうちの1つで、いつも人でいっぱい。渡ると左手にカラヤンの生家、右手にホテル・ザッハー。
b9.jpg


さて、2つ上の写真で右に写っている川向うの右の山の中腹の黄色い建物のあたりから写したのがこちら。ちょうど手前の木の陰に隠れているところに城塞があり、右端のところにレストランがある。今日の写真の2枚目で遠くに写っている城塞が、実はめぎのいるレストランから地続きの崖の上にあることがわかる。滞在中は何度かこのレストランの場所から城塞まで崖の上の道を歩いて写真を撮っていた。
b10.jpg


↑上のトリミング。ここは城壁のあるところで、その城壁の一部を利用してユースのようなホテルがあって、そのレストランにいたというわけ。下へ伸びている細長いのが何だったかは結局わからずじまい。麓にある教会はゲトライデガッセの突き当りのブラジウス教会。
b11.jpg


地図はこちら。




撮影: D600 + 20mm(F1.8)/ 70-300mm(F4.5-5.6)
nice!(36)  コメント(6)