So-net無料ブログ作成

鎧を着た街 [小旅行]

今日もこの土曜日のお話を。

ここはゾーリンゲンの一角グレーフラートというところ。
a1.jpg


なかなか素敵な教会も丘の上に立っている。
a2.jpg


この街の建物は昔ながらの木組みなのだけど、壁に化粧板としてスレートを使っているのが特徴。
a3.jpg


↑上の写真、光がなくて残念な写真なのだけど、こちらの窓をご紹介したくて。ドイツの窓は取っ手を下に向けると締まり、右に回すと観音扉のように開くのだけど、その取っ手を上に向けると窓の下の部分が窓枠に固定されたまま上だけが開き、このように斜めに開く。窓を全開にする必要がないときに役に立つ開け方。泥棒も入りにくいので、夜はこんなふうに開けて寝るうちが多い。網戸はつけにくい構造だけどね。だから大抵のうちには網戸はない。

何故か屋根は普通の瓦なんだけど。クロウタさんが元気に朝の歌を響かせていた。
a4.jpg


石畳とスレートの街並みに車がなければもっと素敵な写真が撮れるのだろうけど(車がなくても腕は同じだけど)、まあそれは仕方がないわね。ここの人たちだって車必需品なのだろうから。路駐はここに住む人達の正規の駐車スペース。
a5.jpg


撮影: D600 + 70-300mm(F4.5-5.6)
nice!(24)  コメント(7)