So-net無料ブログ作成

一発勝負撮影vsインターバル撮影 [カメラのこと]

ax.jpgaxx.jpg

今日はこの土曜日にやってみた面白い試みをご紹介。

お天気がよかったのでフルサイズカメラと58mm単焦点を持ちだして、気合いを入れて作品になるような写真を撮ることを目指して出かけたのだが、それと同時に1インチカメラに10mm(換算28mm)単焦点をつけて、同時にインターバル撮影をやってみたのだ。

いつも金曜日にマルクト市場が開かれている公園に来ると、広い公園に青々と茂った葉っぱの影が綺麗にできていて、そこで父親とサッカーの練習をしている子どもがいた。その雰囲気をフルサイズでアングルやらぼかし具合やら考えてパチリ。このどこが作品ですかと言われたら返す言葉もない不出来な写真なのだが、特に手前の左右の隅が同じ感じでつまらなくて片方は別のものが写るようにすればよかったなと反省しているのだが、これを撮っているときはめぎなりにあれこれ考えて撮ったもの。
a1.jpg


その間に同じ場所でインターバル撮影されていたものの中から一枚。あれこれデジイチをいじって考えているうちに15枚くらい撮影されていて(5秒に1枚撮るよう設定)、そのほとんどは意味のないゴミ。カメラを水平に下げておくよう気をつけてもいるのだが、いつの間にか斜めにもなっている。しかし、たまに、これ面白いな~と思うのが入っている。自分が考えていたイメージがどれほど視野が狭くつまらないものか、自分が何を見ていなかったか、思い知らされる。
a2.jpg


同じ公園で、自転車でやってきた若い女性が頭の上につけていたサングラスをとって顔にかけていくところ。
a3.jpg


そのインターバル撮影。
a4.jpg


ここではこの斜めの道路で斜めに設置されているテーブルを斜めのまま撮るか、テーブルを水平にして街を斜めに撮るか、どうしようかなと考えながら撮ったもの。
a5.jpg


そこでインターバル撮影されていたテーブルと椅子の脚。これに注目していたら、面白い幾何学的な写真が撮れたわよね~
a6.jpg


同じ被写体や状況に対し、めぎが見ていたもの、めぎの心を動かしたものと、カメラが捉えた実際の世界のズレが非常に面白く、色々と気づかされるのだ。まあ何百枚と撮れたインターバル撮影のゴミ写真から面白いのを選ぶのは結構な作業量で、それを敢えてやる意味があるのかどうかもかなり疑問だが。

これは作品作りを目指して撮った一発勝負型一枚写真で・・・
a7.jpg


こちらはその間カメラが写したインターバル撮影写真。こういうのはめぎの勝ち。
a8.jpg


カメラ任せと言っても、街歩きでインターバル撮影をするならそれなりにコツがいる。面白い被写体があると感じたら歩みを止めるかゆっくりにし、ぶらさないよう気をつける。あまり斜めになりすぎないように時々カメラの傾きをチェックする。電池はしっかり充電しておき、できるだけ電気を食わないよう外付けファインダーなどを外す。大容量で高速のメモリーカードを使う。できるだけぶれないようにISOもオートにしておく、等々。今までの経験では、曇りの日より晴れの日の方がピントの合う歩留まりが良い。ただ、写っている素材はたまたま面白いかも知れないけれど、絵としてはタダの偶然をのっぺり写し取ったものに過ぎない。自分で考えて撮ったものは、うまくいけば奥行きやらテーマやらが詰まっていて、見る人に物語を感じてもらえるのだ。インターバル撮影は、素材への気づきという意味で使うのが正しいだろうと思う。

これは道路のど真ん中で積み込み中の椅子を撮ったもので・・・
a11.jpg


これはそのインターバル撮影。手前の自転車など目に入ってなかったなあ・・・駐車中の車のボンネットへの映り込みも良いなあ。
a12.jpg


ここで本当は何をどう撮るべきだったのだろう。自転車でも映り込みでもなくあの椅子を撮るなら、たぶん、あの積み込み中の人たちの決定的瞬間を待って撮るべきだったんだろうな。そして、歩道からではなく、車のすぐそばまで寄って撮るべきだったんだろうな・・・そういうことに気づけば、こんな意味のない写真を撮ることから卒業できるかも。

この日は久々に20℃くらいまで上がった気持ちの良い日だったのでフローズンヨーグルトの店が大繁盛していたのだが・・・と言っても、この写真も反対側の歩道からじゃ遠すぎるし駐車している車が邪魔過ぎてなんの意図も伝わらない失敗写真なのだが、それはさておき・・・
a9.jpg


そのインターバル撮影には手前の水着姿の脚が思いっきり大きく写っていた。これ、面白いな~こういうのを狙って撮れるような目を養えば、めぎの写真ももっと面白くなるのかも知れない。
a10.jpg


撮影: D600 + 58mm(F1.4)、Nikon 1 V3 + 10mm(F2.8)
nice!(33)  コメント(7)