So-net無料ブログ作成

ヘルシンキ探検開始 ~タリンから日帰り旅行~ [エストニア]

ax.jpg

日本はGW真っ最中ですわね・・・みなさま、いかがお過ごしかしら。ドイツにはGWはもちろん無いけど、5月1日はメーデーで祝日である。したがって3連休中のめぎ。どこにも行かずうちでのんびり。明日から4日間は普通に仕事で、しかも結構色々気遣いとストレスの多い週でもあるので、ブログだけでも旅気分で逃避行いたしましょうか・・・というわけで、今日からまた2011年夏のヘルシンキのお話を。エストニアのタリンからフィンランドのヘルシンキまでフェリーで日帰り旅行したときのこと。当時のカメラD40xでの撮影で、当時好んでいたビビッド仕上げで、ちょっとどぎつい感もあるが、どうぞおつきあいを。

到着してすぐ、港近くの公園へ。
a1.jpg


デート中のお二人。
a2.jpg


ヘルシンキは道路標識が二ヵ国語。上がフィンランド語で下がスウェーデン語。
a3.jpg


スウェーデン語は表記を見る限りドイツ語から結構推測が利くが、フィンランド語はちんぷんかんぷん。フィンランド語だけ言語的にルーツが全く異なることがこれでよく分かる。
a8.jpg


そんなことを話しながら散歩。言語のルーツに関してはうちのドイツ人とめぎの好きな話題で、どこに行っても標識を見ながらあれこれと話が弾む。
a9.jpg


それにしても綺麗なところね~
a4.jpg


実はめぎたち、タリンからヘルシンキに行くというのは事前に全く考えていなかったので、地図もなければ予習もしてきていなかった。バリバリ観光するつもりだった訳でもなく、タリンからヘルシンキへ定期フェリーが出ているのを見て、天気も良いし、一日時間あるし、行ってみようか、という出来心に近い感じで渡ってきたのである。この頃はたしか窓七電話を持っていたと思うのだが、外国でインターネットにアクセスするととっても高く、ホテルのWi-Fiに繋ぐ以外には使っていなかった。だから、かなり適当に歩いていたと言っても過言ではない。

さて、どこか遠いところへ遊びに行くと、言語についての他に決まってうちのドイツ人が話題にすること・・・それは、石について。地学的にこの地方はどんな石が多いかといった話を彼は好み、めぎは常にそのレクチャーにつきあうこととなる。
a5.jpg


この辺りは大理石があちこちにゴロゴロ使われていた。
a6.jpg


ピンク色の大理石が多いようだ。綺麗ね~
a7.jpg


これはどうして撮ったのかもう全く思い出せないブラシ。
a10.jpg


こんな適当な散歩の話がしばらくつづく・・・

撮影: D40x + 18-200mm
nice!(37)  コメント(6)