So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルシンキでの滞在 [2017年春 ヘルシンキ]

ax.jpg

ヘルシンキでのフィギュアスケート世界選手権観戦記は終わったが、その話の最後にめぎのヘルシンキ滞在のことを書いておこうと思う。

ヘルシンキへ移動したのは金曜日の夜。とった飛行機はフィンエアーとエア・ベルリンの共同運航便で、往復200ユーロくらいだったのだが、直前になって69ユーロでビジネスにアップグレードという案内が来て、おお~それいっちゃおう~とばかりに追加で支払い、ビジネスでの往路。
a1.jpg


金曜日は午後しっかり仕事があったし、学校までうちのドイツ人に迎えに来てもらってまっすぐ空港へ送ってもらってギリギリセーフというスケジュールだったし、夜の移動でホテルに着くのは夜中なので、ビジネスの夕食は非常に有り難かった。まあビジネスといっても長距離国際線のエコノミーみたいなレベルだけどね。
a2.jpg


2時間半くらいの飛行で到着。
a3.jpg


夜中に着いてヘルシンキの街中まで移動するのは面倒だと思ったので、泊まったのはエアポートホテル。
a4.jpg


ヒルトンのエアポートホテルは機能性抜群で、ビジネスホテルに泊まることのないめぎには別世界。
a5.jpg


一人で泊まるには勿体ないほど快適だった。
a6.jpg


次の日の朝に写した外の風景。まあ飛行機が見えるのでそこそこ楽しい。
a7.jpg


朝食は非常に充実してて、パンがとても美味しかった。実はめぎ、ここでしっかり昼のお弁当(サンドイッチ)を作り、アリーナへ持ち込んだ。そういうところはめぎってすっかりドイツ人化したと思う。
a8.jpg


飛行場からヘルシンキの中心へは新しく鉄道が開通してて、ホテルからその乗り場までは歩いて7~8分くらいかかったけど、屋根のあるところを歩いていけるし、分かりやすくて非常に快適。めぎは2日間乗り放題チケットを21ユーロで購入し、チケットをイチイチ買う手間を省いた(ヘルシンキ市内だけのチケットならもっと安いが、飛行場のあるところは市外なので複数のゾーンとなるため高め)。2日間正規料金で往復すると全部で22ユーロで、1ユーロのお得(さらにヘルシンキの観光地まで足を伸ばしたりすればもっとお得)。アリーナまでは約25分ほど乗るのだが、あと1駅でヘルシンキ中心部。つまりヘルシンキ中心部に宿をとってもアリーナまで便利だし空港からよりずっと近い訳だが、めぎは2日間この25分の旅を結構楽しんだ。意外と沿線の普通の人も使っているようだったのだ。
a9.jpg


電車はこんな感じ。これはアリーナ近くの駅のホームで撮ったもの。
a10.jpg


夜に行われたアイスダンスのあと、帰りの撮影だが、まだほんのり明るい。北欧だものね~
a11.jpg


しかし、ホント冬のようだったな・・・ホームの奥、ずっと向こうに見えているのがアリーナ。駅から歩いて5~6分くらい。
a12.jpg


これはエキシビションのあと。手袋や帽子から寒さがお分かりいただけるかしら。
a13.jpg


男子フリーとアイスダンスの日は一日アリーナに缶詰だったが、エキシビションの日は昼間だけ。もし天気がよければその日の朝か夕方、ヘルシンキの中心部に写真を撮りに行こうかなとも思っていたのだが、霙がち&霧がちの天気だったので朝はゆっくり朝食を楽しみ、夕方もさくっとホテルに戻り、ホテルのフィンランド・サウナを楽しみ、夕食はラウンジで。ワイン飲み放題だしね~
a14.jpg


チーズやらバカラオ(干し鱈)やら軽食は結構美味しくて、のんびりゆっくり時間を堪能した。
a15.jpg


つまりめぎは、今回ヘルシンキではエアポートとアリーナの往復をしただけで、食事も全てホテルので済ませ(アリーナで購入したのは水だけ)、しかも全てタダで(そうは言っても朝食はともかくラウンジ使用できるカテゴリーの部屋の料金を払っているわけだが)、唯一フィンランドらしいことをしたといえばホテルのサウナだけ。そんなわけで、全くヘルシンキらしい写真はない。これは最終日の夜にホテルの部屋から撮影した夜景。
a16.jpg


実はヘルシンキにはめぎは行ったことがあって・・・だからどうしても町を見たいという欲求がなかった訳だが・・・それは2011年の夏、エストニアのタリンから船で日帰りで遊びに行ったときのこと。が、当時のエストニア旅行記にそのことを書いていない。書こうと思っていたのだけどタイミングを逃してしまったのだ。とても綺麗な町だったし、船でヘルシンキへ渡るのはとても楽しく、もうずいぶん前のことだけど遡って旅行記書いてもいいかもね・・・そんな風に書かないままお蔵入りしている写真とエピソードがめぎにはいっぱいある。時間さえあれば旅ブログを別に作っても良いほど。それも、ドイツ編と海外編に分けて2つブログを立ち上げても良いほど写真いっぱい。勿体ないことだわね~ここ一週間ヘルシンキのことを書いているうちにドイツでは季節が移ろっていって撮った写真は膨大だし、いったいどうしてよいやら。

さて、帰りの飛行機は朝7時台の出発で、ホテルから飛行場まで歩いて5分という便利さを享受。今はスマホでチェックインもできるし、近距離の2泊なので預ける荷物もないし、楽々。これは帰りの飛行機から見えた、たぶん発電所の煙。
a17.jpg


飛行機の影も見えた。
a18.jpg


こうして朝9時にデュッセルドルフに戻り、うちのドイツ人に迎えに来てもらって帰宅。午後からの仕事になんら支障なく戻ってこられてなによりだった。天候などの所為でまた欠航になったりしたら学校になんて言おうか、とちょっと心配していたのだけど、全く問題なく。

以上でヘルシンキの話は本当にお仕舞い。

撮影: Xperia Z1、D600 + 58mm(F1.4)、Nikon 1 V3 + 18.5mm(F1.8)
nice!(43)  コメント(8)