So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ風牛肉のロール巻き [食べ物・飲み物]

bx.jpg

今日は久々にうちのドイツ人の料理の様子をどうぞ。

レシピは牛肉のロール巻き。まずドイツのロール巻き用の牛肉を広げる。これはかなり大きい。一枚でおなかいっぱいになりそうなぎっしりとした赤身で、日本の薄切り肉よりずっと分厚い。
b1.jpg


大きさはこれでご想像いただけるかな。まず、カラシを塗る。
b2.jpg


それから赤いパプリカの粉末(これは唐辛子ではなく、全く辛くない)を振りかけ・・・
b3.jpg


胡椒を振りかけ・・・
b4.jpg


塩も振りかけ・・・
b5.jpg


ベーコンの脂身のみのスライスを載せる。これを載せるのは味付けのためでもあるし、これがないと赤身がパサパサになるからでもある。
b6.jpg


料理の様子を撮影するのは久しぶり。めぎは仕事柄うちのドイツ人が料理する時間にうちにいないことが多いし、彼は料理をするときにラジオでニュースやら論評やらを聞きたいので近くでパシャパシャされたくないのだ。でも、これは撮って欲しかったらしく、わざわざめぎを呼びに来たので、思いっきりパシャパシャカシャカシャ♪

それから切ったピクルスを振りかけ・・・
b7.jpg


みじん切りのタマネギもふりかけ・・・
b8.jpg


ぐるぐるぐるぐる・・・
b9.jpg


巻いただけでは中身が出てきそうなので・・・
b10.jpg


ピンで両端をしっかり留める。
b11.jpg


今回は3つ。昔は5つも6つも作ったものだが、めぎもうちのドイツ人も歳をとってきてあんまり食べられなくなってきて、買う量も少なめに。
b12.jpg


それからラードかガチョウの脂身を使って・・・
b13.jpg


外側を焼き・・・
b14.jpg


少々お湯を入れて低温のオーブンへ。低温で1時間くらいじっくりと蒸し焼きにし、その間時々水分が十分にあるかどうかを確認して適宜お湯を足すだけ。味付けはいらない・・・巻いた中身から十分に味が出てくるため。
b15.jpg


できあがり~~~じっくり低温で時間をかけるのが、肉を軟らかく仕上げるコツ。
b16.jpg


一人1つずつ食べて、おなかいっぱい。最後の1つは後日、残り物整理の日に二人で分けて食べた。芽キャベツと言い、こういう煮込みは冬の料理。そろそろお仕舞いね。

撮影: D600 + 105mm(F2.8)micro
nice!(36)  コメント(10)