So-net無料ブログ作成
検索選択

その昔誰かの心を和ませていたもの [文化の違い]

bx.jpg

今日の話は昨日の続き。うちのドイツ人の祖母の再々婚相手の家から伝わったもの。再々婚相手には同棲していた従妹がいて、かつて再々婚相手が亡くなったときには彼の子どもとこの従妹に遺産相続があった。そして今回その同棲していた従妹が亡くなって、彼女には身寄りがなく、遺書によってうちのドイツ人の母親とその妹、つまりうちのドイツ人の叔母が相続人に指定されていた。それは、そこに彼女たちの母親、つまりうちのドイツ人の祖母の遺品があるから。ちなみにお金はどの程度合ったのか知らないが、全員が相続放棄し、祖母所縁の物だけもらい受けてきた模様。

これは玉手箱・・・ではなくて・・・
b1.jpg


オルゴール。箱の作りはずいぶん簡素。MLPはたぶんうちのドイツ人の母親のことではないかという推測。当の本人は覚えていないみたいだけど。中身は・・・
b2.jpg


スイス製のようね。
b3.jpg


鍵も入っていて、ねじを巻くと音が鳴る。
b4.jpg


埃だらけね~
b5.jpg


曲は・・・アリアが2つらしい。クラシック音楽には結構詳しいめぎ家だけど、めぎはもちろんうちのドイツ人も聴いたことのないメロディー。ここに書かれている曲名を手がかりにYou Tubeで探したけど、モーツァルトでもないし、グノーでもないし、どうにも分からず。局名で検索すると流行歌らしきものもヒットしたが、聞いてみてもやっぱりよく分からず。曲名は手書きでイタリア語だが、「アリア」は英語で、スイス製・・・
b6.jpg


このオルゴールはだれもいらないそうで、めぎのところへやってきた。

それからこの急須も。これは祖母が使っていたことをうちのドイツ人の従妹が覚えているそうなのだが、でも彼女の趣味じゃなく、底にmade in Japanというシールが貼ってあったのでめぎにと。物の古さに妙に似合わない新しめのシールを剥がすと底にもどこのものか書いてないし、本当に日本のものなのか疑問だけど。それに、日本製のものはめぎは自分で持ってるんだけどな~でもまあ、その昔うちのドイツ人の祖母がどこでどのようにこれを手に入れたのか分からないが、これで東洋に思いを馳せながらお茶していたのねと思うと、それをめぎが今使うなんて、ロマンチックだわね。
b7.jpg


それから昔の挿絵付きの新聞のような瓦版のようなものをまとめたものや・・・
b8.jpg
b9.jpg


古い聖書。こういうのは古本好きで亀の子文字が読めるめぎとうちのドイツ人にと。
b10.jpg


一つ一つ、その人が使っていた当時、その人の心を和ませていたと思われる物たち。その人たちはこの世からいなくなり、物もすっかり古ぼけて、時は容赦なく過ぎていく。

会ったこともないけれど、これを手にしていた人に思いを馳せる。その人はかつてめぎのように本当に生きていたのだわね。そして、めぎがネットでブログなどを見て心を和ませているように、これを読んで癒されていたのかも知れないわね。
b11.jpg


さて、昨日のガラスのネガだが、撮った写真をRAWから現像してあれこれいじってみると、こんな画像が現れた!
a1.jpg


おお~かつてはこんな暮らしが!面白いわね~~~♪

ところで、祖母とは関係ないのにこのガラスのネガがめぎのところへやってきた経緯は・・・この写真に写っている子どもがうちのドイツ人の従妹の父親で(この従妹というのはこの子どもが晩年に同棲した彼の従妹ではなく、うちのドイツ人の叔母の娘)、彼女がめぎとうちのドイツ人に、現像ができないかと相談してきたから。ここで、え?と気がついた方はいるかしら・・・そう、この写真の子どもはうちのドイツ人の祖母の再々婚相手なのだけど、同時に孫であるはずの従妹の父親なのである。それはそう、つまり、祖母の2人目の再婚相手の子どもで3人目の再婚時には連れ子だった叔母が、当時この義理の父親に・・・・されちゃったというわけで、ここには当時凄いドラマがあったのだ。そんな経験をした叔母が、その義理の父親の最後に同棲した従妹の世話をしたというのも凄いわよね。時は色々なことを解決していくのだな・・・かつて、おじいちゃんだと思っていた人が実の父親だと知ったときの従妹の衝撃も大きかったそうだが、それが今はこうして昔の写真に向き合うことができるようになったのだわね。

トーンカーブを色々いじってみたり。
a1.jpg


この作業、はまりそう・・・写真屋に相談したら、一枚15ユーロくらいで現像してくれるらしい。でも、自分でできるところまでやってみたいな~ということで、そのうちにしっかり時間を取ってネガをまっすぐ正面から写し、順次試行錯誤してみたいなと思っている。

撮影: D600 + DX40mm(F2.8)micro
nice!(41)  コメント(6)