So-net無料ブログ作成
検索選択

大聖堂であれこれと [ベルギー]

cx.jpg

アントワープの話は本日最終回。

ここはアントワープの聖母大聖堂。
c1.jpg


教会の中の微妙な光を撮るのってホント難しい。
c2.jpg


これは玉ボケが綺麗に撮れたけど、内容がイマイチ。
c3.jpg


今回使ったレンズはF1.4の58mm単焦点。明るいレンズなので暗い教会でもフラッシュ無しでかなり写せるのだが、近寄れないのが時々きつかった。

ここが割合綺麗に撮れたのが嬉しかったな・・・ライトアップ、外からのステンドグラスの光、手前の蝋燭・・・ホワイトバランスや露出がものすごく難しい。
c4.jpg


次の2枚は1インチセンサーのV3と望遠ズームレンズで。
c5.jpg
c5a.jpg


その他、十字架と蛇さんとか・・・
c6.jpg


地下のお墓とか・・・
c7.jpg


蝋燭を整理しているお姉さんとか・・・
c8.jpg


見学している人たちの動きとか。
c9.jpg


美しく荘厳な教会をどうしたら上手く写せるか、どうしたらあの光と影の微妙な色彩と聖なる雰囲気を表現出来るのか、まだまだよく分からない。この4か月受けてみたニッコールクラブの通信添削講座では、教会を写した写真家の作品をもっともっとたくさん見て、真似をして研究すべき、とのアドバイス。そうかぁ・・・

こうして今回の教会撮影修行はお仕舞い。
c10.jpg


アントワープの話もこれでお仕舞い。

撮影: D600 + 58mm(F1.4)、Nikon 1 V3 + 30-110mm(F3.8-5.6)
nice!(43)  コメント(7)