So-net無料ブログ作成

アナログの道 [カメラのこと]

ax.jpg

めぎの高校が夏休みに入って一週間が既に過ぎた。高校の教員たちはみんな休暇に行ってしまったが、めぎは大学がまだ学期中なのでどこにも行かず仕事をしている。が、めぎの授業時間数は高校が3分の2を占めるので、フル稼働の3分の1しか仕事をしていない計算になる。したがってかなり休みモードで、時間ができたらやってみようと思っていたことにどっぷりとハマり込んだ・・・アナログカメラへの道である。

基本もできてなくてピント外ればかり量産している身なのにこの上アナログですか?という感じだが、じっくりと光を読んでマニュアルで全てを設定してシャッターを切るアナログ撮影に非常に憧れを持っていた。めぎはもちろんレコードやカセットテープで育ったアナログ世代だけど、物心ついてからのフィルムカメラは全てオートか写ルンですで、考えてマニュアル設定して撮るということをしたことがない。デジカメではいっぱい撮って良いのを選ぶという撮り方をしているのだが、よくうちのドイツ人に「アナログみたいに一枚だけ撮るつもりでもっとゆっくりじっくり考えて撮ったら?」と言われていた。でも、デジカメはどうしてもいくらでも消せるという安心感があって、シャッターチャンスにはオートフォーカスと絞り優先モードでバシバシ撮ってしまうのだ。そして、結局はどれもダメということがよくある。

で、それなら思い切ってアナログカメラで練習してみようかと思ったのだ。その場で確認できないから、そして消すこともできないから、慎重に撮影せざるを得ない。何から何までマニュアルで設定しなければならない。必然的に偶然の瞬間をパシャッと撮るのではなく、予測して瞬間を待って撮るということになる。そういう面倒臭さに自分を追い込んでみようかと。そんなことは休暇中でなければとてもできないし。

そう思って、安い中古のアナログカメラをネットで物色していた。幾つか候補を上げて、どれが良いと思う?とうちのドイツ人に聞いてみた。すると・・・アナログカメラなら納戸にあるよ~

え゛~!うちのドイツ人ってホント物持ちが良いというか、ホントドラえもんみたいになんでも持っているというか、意外な展開にびっくり。で、天井裏から出てきたのがこちら。
a1.jpg


中から出てきたのはフォクトレンダー!
a2.jpg


フォクトレンダーというのは18世紀創業の光学器械メーカー。ドイツ語で書くとVoigtländerで、フォークトレンダーと発音するのだが、定着している日本語表記に従ってフォクトレンダーと書くことにする。もともとはウィーン出身でドイツのブランシュヴァイクという町でかつて大成功を収めた名門カメラメーカーで、会社としては1982年に消滅、現在はコシナで商標名だけが残り続けている。つまり今でもフォクトレンダーというカメラやレンズが有るわけだが、コシナになる前にも何度か商標権譲渡が繰り返されたようだ。このVoigtländer VSL1 TMは1974年頃製造のもので、その頃商標権をRollaiという会社に譲渡し、そのためRollaiのシンガポール工場で製造された。つまりドイツ製ではない。
a4.jpg


↑上に写っている左の赤い丸いところは電池を入れるところで、中は昔懐かしの水銀電池。今はもう売られていないのだが、ネットで探すと一応代替物があるようで一安心。カメラについているあれこれ設定するダイヤルがとても素敵♪ 露出は左の小さな緑色のところの針で見てシャッタースピードを決めるという仕組み(同じような針はファインダー内にもあって、覗き込んだまま調整できる)。この露出計は電池で動いているので、つまり水銀電池はまだ生きているようだ。
a3.jpg


ファインダーもずいぶんホコリだらけで、拭いても取れない。オーバーホールに出したほうが良いのかもしれないが、まあその前に使ってみなくては。後ろ側に液晶がないというのがとても新鮮。昔はみんなこうだったのよね~
a5.jpg


カメラに付いていたレンズはM42マウントのVoigtländer Color-Ultron 50mm F1.8で、このカメラの標準レンズだったらしい。カメラとレンズについては、日本語ではこちらこちらに詳しく書かれている。それ以外にうちのドイツ人が持っていたレンズはこの2本。さらにマクロ撮影のための接写リングも。
a6.jpg


2本のレンズのうち長い方はコシナの135mmで日本製。短い方はBeroflexの35mmで、もともとは東ドイツの会社のレンズ。
a7.jpg


さて、有名なツァイスではなかったが、同じ時期に同じRollaiのシンガポール工場で作られたためツァイスのカメラと実は兄弟だとか同じものだとか囁かれているアナログカメラの突然の出現にびっくりのめぎ。うちのドイツ人がカメラにハマっていた頃に撮った写真のアルバムなども見せてもらい、そうか、こういう写りをするのね~それじゃ早速フィルムを手に入れて・・・と思ったら、更にびっくり、冷蔵庫の中から3本のフィルムが出現!
a8.jpg


ほとんど消えそうな文字で8.99DMと書かれてる・・・うちのドイツ人、何処までモノ持ちがいいの!?と言うか、めぎ、今まで約15年間一緒に暮らしてきてずっと冷蔵庫の中にあったのに一度も気が付かなかったって、どういうこと・・・?私って、どれだけ料理しないか、冷蔵庫の中に興味がないかってことだわね。
a9.jpg


賞味期限(というの?使用期限?)は2002年7月までだったけど、まあ試しに使ってみましょ、と開けたのは、無難にこのカラーのISO200のもの。中にこんな説明が。いや~アナログ時代、楽しいわねえ~~♪
a10.jpg


オートではないためフィルムを自分で巻き上げていく。そしてあれこれ設定してシャッターを押す。いやあ面白い。写っているのか否か確かめようもなく、とにかく36枚取り切るしか無い。デジタルでは36枚なんて場合によってはほんの1~2分で撮ってしまう量だけど、フィルムでは1週間でも撮り終えていないめぎ。だからまだ現像にも出せず、どうなっているかわからない。出来上がったらいずれご紹介するつもり。

ちなみにアナログカメラって重いわね~いつも持っているD600より小さいのに、同じくらいずっしりと重い。いや、それ以上かな。
a11.jpg


それから、実はもう一つアナログカメラが。Agfaというメーカーのコンパクトカメラ。Agfaは、1894年にアントワープで創業した印画紙・カメラメーカーと1867年にベルリンでメンデルスゾーンの息子が創業した化学薬品メーカーが1964年に合併してできた会社で、1983年にカメラ事業からは撤退している。2004年に再び設立され、今もデジカメを作っているらしいが、フィルムのほうがう有名かな。これはSiletteというカメラで、1954年のもの。うちのドイツ人はこれを父親から譲り受けたのだとか。
a12.jpg


大きさはニコワンのV3と同じくらい。これもずっしり重く、ニコワンより重く感じる。
a13.jpg


こちらはまだ使ってみていない。どんなふうに使うかは、なんとビデオを見つけた。こちらをどうぞ。便利な時代だわね~

さて、オールドレンズがあるということは、今のデジカメにつけても撮影できるということ。早速マウントアダプターを購入して、やってみた。その話はまた明日。

撮影: D600 + 35mm(F1.8)
nice!(33)  コメント(9) 

nice! 33

コメント 9

Baldhead1010

現像の仕上がりの日が楽しみでしたね。

フィルムカメラやレンズは全部売り払ってしまいました。
by Baldhead1010 (2017-07-25 05:07) 

YAP

意外なところからお宝発見ですね。
しかも、フィルムまで出てくるなんて、ネタとして仕込んでるんじゃないかというくらいですね。
めぎさんの記事で、私もフィルムへのモチベーションがまた出てくるかも。
by YAP (2017-07-25 08:22) 

sheri

フィルムのパッケージが既に懐かしいです。(3個あるうちの真ん中の)
こんな箱に入ってたなぁとめぎさんのお写真みて感慨深いです。

でもその頃、写真にはあまり興味なかったんですよね~
旅行とかで撮って、家で見るくらいで。
by sheri (2017-07-25 16:22) 

Inatimy

なんでも大事にお持ちですね、ドイツ人さん♪
私もフィルムカメラは残してあるけど、
オリンパスのゾーンフォーカスのだものな^^;。
有名ですよねAgfa。 昔、ケルンの大聖堂の近くに
Agfaの写真のコレクションのミュージアムがあったけど、今もあるのかなぁ。
36枚のフィルムの写真、楽しみにしています^^。
by Inatimy (2017-07-25 21:09) 

テリー

いやー好きですね。
私も、フィルムの一眼レフ2-3台、コンパクトカメラ2-3台、持っていたと思います。数年前に、デジイチでは、出ない色も出るとか、いう話があり、私もやってみましたが、やはり、もったいないので、止めました。
まだ、カメラは、持っていますが、フィルムは、使用期限をかなり、越えましたので、捨てました。
めぎさんの試し撮りの結果が、楽しみです。
by テリー (2017-07-25 23:45) 

engrid

ワクワクしますね
どんなお写真が、、
何枚でも、取り直しもと、デジカメ
でも慎重に、此の感じでと決めて、シャッターを、、
うちにもあります、フィルムカメラ、重いですよね
by engrid (2017-07-26 00:48) 

mimimomo

頑張りますね~わたくしはフィルムで写そうと思ったことないです。ばかちょん世代^^
by mimimomo (2017-07-26 19:51) 

stellaria

ドイツ人さん、すごいですね〜。めぎさんの夏休みの楽しみが増えてよかったですね!私が中学生の頃、父のPENTAX SPなどを借りて撮ってたの、懐かしく思い出しました〜。カメラのボディの凸凹の部分の手触りとか、フィルムを巻き上げるときの音や手応えとか…懐かしいなあ。
by stellaria (2017-07-26 21:39) 

ナツパパ

ようこそ、クラシックカメラの世界へ...または底なし沼へ(笑)
記事のカメラ、どちらも素敵なカメラです。
フォクトレンダーでもカメラ出してたんですね。
同じメーカーのレンズと一緒でしたら、相性もいいでしょう。
素敵なひとときを楽しんでくださいね。
by ナツパパ (2017-08-23 13:57)