So-net無料ブログ作成

別の町の聖体の祭り [南西ドイツ 2017年6月]

ax.jpg

現在、6月中旬の初夏の旅の話を連載中。

ちょっと話は戻るのだが、ヒュフィンゲンで聖体の祭りを見たあとドナウエッシンゲンへドナウの泉という観光地を見に行って、その後フルトヴァンゲンという小さな町へドナウの源泉(ブレーク川の源泉)を見に行こうと移動中、通行止めにあった。そこにいた警察官によると、今聖体の祭りの行列中だから、と。この辺りでは同じ時間にいたるところで聖体の祭りをやっているということね。

そんなわけで、通行止めが解除されるまでまたもや聖体の祭りの行列を見ることができた。
a1.jpg


↑これ、靴が衣装と合ってないわよね~

その後ろから楽隊が。疲れているみたい・・・この日は暑かったものなあ・・・
a2.jpg


ちょうどここは曲がり角。
a3.jpg


後ろからドレスアップした人やら普段着の人やらがぞろぞろと続く。
a4.jpg


可愛い衣装ね~
a5.jpg


ヒュフィンゲンの女の子たちも白い衣装だったが、彼女らは中世のような格好をしてたけど、ここのはウェディングドレスみたいね。

その後ろから聖体顕示台を掲げた司教がやってきた。
a6.jpg


ヒュフィンゲンの方が素敵な人だったな・・・
a7.jpg


行列なのに観光客はいなくて、みんな真面目な顔で歩いていった。そういうところはヒュフィンゲンと同じで、宗教儀式なのだと再び思い知る。ヒュフィンゲンと違って花の絨毯は作っていないけれど、最後尾の人たちがお花を撒きながら歩いていった。

とっても小さな田舎町。あの人達はここに住んでいるのね。どんな暮らしなのかな。
a9.jpg


町の名前は絶対に忘れるだろうと思って、後ろについていく消防の車を撮っておいた。Vöhrenbachは人口3800人ほど。
a10.jpg


場所はこちら。




そうそう、ヒュフィンゲンはHüfingenで、テュービンゲンはTübingenで、別の町。テュービンゲンはガイドブックにも載っている有名な観光地で、人口7万2千で比較的大きめ。ヒュフィンゲンはテュービンゲンの70kmくらい南西にあるという感じかな。この辺りはTuttlingenという町もあるしHechingenという町もあるし、みんな似たような名前でナントカingenというのが多くて、紛らわしいわねぇ。

撮影: D600 + 70-300mm(F4.5-5.6)
nice!(29)  コメント(6) 

nice! 29

コメント 6

Baldhead1010

まさか、インゲン豆はドイツからじゃ・・・^^;
by Baldhead1010 (2017-07-18 05:25) 

YAP

たしかにナントカingenという地名は多いですね。
行ってから何年か経つので、記憶の中でもどこがどこだったか、もうわからなくなってきた場所も多いです。
by YAP (2017-07-18 08:21) 

mimimomo

わぁ~見るからに暑そう(><; 女性はそれでも袖なしでいられるけれど、男性は気の毒ですよね~
やはり違ったか。日本の高校生が使う地図本に載っているような町じゃないのね~
↑Baldhead1010さんのコメント読んで楽しんじゃった。
確かに地図みているとよく似た名前が多いし紛らわしいですよね。
by mimimomo (2017-07-18 09:19) 

engrid

女の子のドレスが素敵、髪飾りも 可愛らしいな
此の日のために、、オシャレなのね
by engrid (2017-07-18 17:56) 

Inatimy

聖体の祭りの行列、同じエリアでも街によって、服装も方法も様々なんですね。
ナントカingenって、オランダでも多いかも。
なんか深い意味があるのかしらねぇ^^。
by Inatimy (2017-07-18 22:48) 

miffy

ご無沙汰しました。
みんなおめかしして可愛らしいですね。
by miffy (2017-07-18 23:03)