So-net無料ブログ作成

分水界のことなど [南西ドイツ 2017年6月]

cx.jpg

現在、6月中旬の南西ドイツの旅の話を連載中。

ドナウ源泉の近くには、もう一つ重要な地点がある。ドナウ河とライン河の分水界。
c1.jpg


Wasserscheide(水の分離)って?とその場で教えてもらったことによると、この地点で川の水系がドナウとラインに別れてて、それはすなわちヨーロッパの黒海の水系と北海水系の分かれ目、境界になるということらしい。日本語で分水界とか分水嶺というようだ。ちなみにライン河の源泉はスイスのトーマ湖だけど、それがドイツのボーデン湖に流れ込み、そこにドナウと同じ源泉から来た河も流れ込むので、ラインにはドナウの水も入るということらしい。それはともかくこの分水界の地点に立ったドイツ人たちは殊の外感動していた。彼らにとっては源泉を見たことより分水界の地点に立ったことのほうが感動的だったようだ。その感動の様子は、喩えて言えば、日本人がEU内で国境線上に立って感動するのと似てるかな・・・大陸が黒海側と北海側に分かれている地点というのは国境を超える話で、スケールが大きいわね。

さて、この近くにはレストランがあって、ちょうどお昼時になったので・・・
c2.jpg


ここでランチ。
c3.jpg


↑運転手の友人のご主人の方はお水(ガス入りミネラルウォーター)で、うちのドイツ人はリンゴジュースのガス入りミネラルウォーター割(アップルソーダというのかしら)。女性陣のみビール♪

お昼にはこの辺り(シュヴァルツヴァルト)の料理であるマウルタッシェンというのを。中に肉とほうれん草の入ったカネロニというか大きな餃子のようなもので、コンソメスープ味。
c4.jpg


ここは宿泊もできるようだ。
c5.jpg


こんなところに泊まって、ドナウの源泉と分水界を見る以外に何をするかと言えば、ハイキングとか・・・
c6.jpg


リュージュとか・・・(夏もできるのかは不明)
c7.jpg


サイクリングとか。この辺りは車もバイクも禁止で、更に馬車も禁止だって!
c8.jpg


乗馬ならいいんだろうか・・・などといろいろ考えてしまった。残念ながら見かけなかったけど。

自転車とハイキングの人が結構行き来していた。
c9.jpg


そんな休暇の過ごし方もあるのよね。
c10.jpg


めぎの仕事は、高校がこの金曜日に無事年度末を迎え、この週末から夏休み突入!でも、大学がまだあと2週間あるので、休暇はまだ。だから仕事のあるこの2週間のうちにうず高く積み上げた状態のプリントの整理などしてしまおうと思うのだけど、なんだかやる気わかないわ・・・

撮影: D600 + 70-300mm(F4.5-5.6)


Furtwangenのドナウ源泉はこちら。


nice!(33)  コメント(5) 

nice! 33

コメント 5

Baldhead1010

狭い日本でも分水嶺に立つとなんだかあの方この方と夢が膨らみますが、壮大な大陸での分水嶺は感動ものでしょうね。
by Baldhead1010 (2017-07-16 04:54) 

YAP

マウルタッシェンって、この辺の料理なんですか。
そんなことも知らずに、普通に食べてました。
考えてみれば、日本だって北海道と沖縄で料理って大きく違うので、ドイツにも地方食あるはずですよね。
by YAP (2017-07-16 06:43) 

テリー

この分水嶺を、見たくなりました。

by テリー (2017-07-16 08:01) 

mimimomo

分水嶺のお話を読んでちょっと地図を広げてみたけれど、小さすぎて町の名が出ていない。
でもドナウ川って地図で見ると途中でマイン川って名が変わってライン川とくっついて見えるけれど、めぎさんが立っていた地点ってどの辺りなんだろう。興味津々^^
by mimimomo (2017-07-16 13:34) 

momo

最近、お出かけと言えば仕事とスケートリンクのみだったのですが
ちょっと日常から離れてドイツに意識が飛びました♪
nice全部押せてませんが、過去記事も駆け足ながら拝見いたしました。
ドイツ、ホントいいですね~。
息子が将来は海外で暮らしたい(特にどこ、という希望はまだない)
というので、「絶対ドイツ」と洗脳中です(笑)
大学に入って英語以外の語学取るならドイツがいいよーとお勧めしたら
その気になってました。
そしたら頑張って飛行機を克服して遊びに行くぞ。
by momo (2017-07-16 13:46)