So-net無料ブログ作成
検索選択

3月初旬の公園 [小さな出来事]

雨に煙るデュッセルドルフ。
a1.jpg

↑これは3月9日木曜日の撮影。この日に限らず、ここ2週間以上雨が多い。

北ドイツの義妹の家の話の途中だけど、今日はやっぱりめぎにとっても特別な日なので、ちょっと別記事を。激しい雨で土が跳ね上がったこんな姿を見ると、津波の後の町の様子が思い出される。
a2.jpg


更地のように綺麗に整備されたところにぽつんぽつんと芽が出てきているのを見ると、津波の数年後に訪ねた東北で更地に新しい家がぽつんぽつんとしか建っていなかった景色が思い出される。
a3.jpg


古い物は少しずつ除去され、新しい初々しい芽が出てくる季節。
a4.jpg


それは慶びであると共に、残酷なことでもあるわね。
a5.jpg


人々の思いは様々。めぎの思いもその一つ。それぞれの思いが積み重なり、どれかは花開き、多くは埋もれ、花もいつかはその時を終え、いつしか礎になっていく。そんなことを雨の公園で思う。
a6.jpg


またこの青い花が咲く季節になった。
a7.jpg


またこの黄色の花も咲き始めた。
a8.jpg


このブログを始めた頃からずっとずっと繰り返し撮り続け、書き続けているこの季節の巡り。
a9.jpg


この一年は、その一年の巡りが加速度を増したように感じる。
a10.jpg


撮影: Nikon 1 V3 + 18.5mm(F1.8)
nice!(43)  コメント(10) 

nice! 43

コメント 10

Baldhead1010

あれから丸6年、年々悲惨さが忘れられているように思えます。

原発は次々と稼働し始めたし。

日本人てやっぱりアホですね。
by Baldhead1010 (2017-03-11 04:54) 

YAP

6年たって被災地の姿はどうなっているかというと、「復興」という言葉はとても言えないくらいに遅々として進んでません。
阪神・淡路大震災のときと時代が進んでいるにもかかわらず、明らかに遅いです。
東京オリンピックのせいで、ヒト・モノ・カネが東京に集まり、さらに遅れるでしょう。
けっきょく、この国は東京を中心にしかものを考えられないということかなと悲しくなります。
by YAP (2017-03-11 06:58) 

schnitzer

もう6年も経ってしまったのですね。
いまだに自宅に戻れない方が多いと聞いてます。
被災された方が一日も早く普通の生活に戻れるようになればよいですね。
by schnitzer (2017-03-11 14:03) 

stellaria

もう6年。多くの問題が解決されないまま残されて、誰もがその中で生きていかなければなりませんでした…。あの時に、めぎさんが応援してくださったこと、ずっと忘れません。 ありがとうございました。
by stellaria (2017-03-11 14:22) 

たいちさん

デュッセルドルフで大変な事件が起こりましたね。日本では大きくは報道されませんが、心配しています。
by たいちさん (2017-03-11 16:51) 

テリー

花が一斉に咲き出すこの時期は、一番生き生きしている時期ですね。
by テリー (2017-03-11 22:43) 

engrid

季節はめぐり 春生命の頃となりました
前に向いてすすめる、当たり前が当たり前にできるように、です
by engrid (2017-03-12 00:52) 

Inatimy

季節の巡りがあっという間。
芽吹きを楽しめるひと時、
何事もなく暮らせるというのは、ありがたいです。
by Inatimy (2017-03-12 07:45) 

mimimomo

急に春が来たような芽吹きですね~♪
もう一息。
by mimimomo (2017-03-12 12:13) 

ぽりぽり

生活の身近な自然をフォーカスですねぇ。 まだまだ空気感は寒々ですが、春の息吹は着実に感じられますね。
by ぽりぽり (2017-03-12 20:40)