So-net無料ブログ作成
検索選択

馴染みのレストランへ [ザクセン&ザクセン・アンハルト]

bx.jpg

現在、今年の夏旅の話を連載中。

義母の家に到着した日の夜は、レストランへ。屋敷から100mも無いくらいの近所で、この町随一の繁華街。
b1.jpg


え?繁華街?と思ったかしら・・・このとき夜の7時過ぎなのだが、ドイツの田舎町というのは、その時間帯になるとほとんど誰も出歩かない。お店はみな閉まってるし、仕事を終えて帰宅するのは5時前後だし、みんなうちでゆっくり寛いでいる時間帯。

ここはホテルで、1階がレストラン。
b2.jpg


誰もいないんじゃないの?と思ったが、中に入ると意外にも数組が食事中。テラス席はさらに中より人が多く、小さな町らしく義母の知り合いもちらほら。ああこちらが来ると言っていた息子さんね~ああこちらがそのアジア人の奥さんね~タイ人だったっけ?ああ、日本人だったのね~というような会話をして、やっと着席。これはそのテラス席からの眺め。残念ながらアングル悪くて、教会が木に隠れちゃった・・・
b3.jpg


ウエイトレスさんはめぎたちのことを覚えていた・・・というのは、2年前の80歳の誕生日パーティーの時ここを会場としたし、その2年前めぎたちはこのホテルに数日泊まって、朝食もここで食べたからだ。
b4.jpg


さて、ここで今回食べた料理だが・・・これはGriebenschmalzと言って、カリカリに焼いたベーコンが入ったラードのようなもの。豚のとガチョウのがあるが、これはガチョウの。これ、ものすごくカロリー高いが、ものすごく美味しい。パンに塗って食べる。
b5.jpg


東側にきたので、出来るだけその地域らしいものを注文。これはSoljankaという東欧風のスープ。
b6.jpg


うちのドイツ人はグーラシュを食べ・・・(彼が食べたかった料理はもう終わっちゃってて、グーラシュを。)
b7.jpg


めぎはラウジッツ地方のナマズを。ラウジッツというのはドイツのザクセン州とポーランドにまたがる地域で、ドイツの少数民族ソルブ人が多く住むところ。そこのナマズ、大味だがまあまあ。かかっているのは白ごまのソース。
b8.jpg


余談だけど、このレストランのウエイトレスさんはとっても美人で可愛い若い女性なのだが、恐ろしくザクセン訛りのドイツ語を話す。ドイツ人というのは方言を大事にする人たちで、他所からきた人たちのために標準ドイツ語で話しても訛りは方言のままで、気取って発音を矯正したりはせず、どこでもいつでも誇りを持ってお国訛りで話す。そして他の地域の方言をしかめっ面で揶揄するのがお決まりなのだが、なかでもザクセン方言というのはドイツ中から特に揶揄されている訛りで、どんなに美人でも言葉を聞いたら百年の恋も冷める、とまで言われる。可愛いウェイトレスさんのザクセン訛りの受け答えに、うちのドイツ人は苦笑。その訛りがあまりにも凄いのでかえって可愛いとも言えるのだが、いっや~その料理もうなぐってさ~なっまらわるいね~いっや~こっちでいいっかい?ああうまかったっしょ~~(ちょっと思い出して書いてみた北海道弁)という感じだろうか。

レストランは夜の11時まで開いているとのことだったが、めぎたちが食事をしているうちにみんな食事を終えて帰宅していった。
b9.jpg


食べながら、そして食べたあと一服しながら(義母はヘビースモーカーで、うちのドイツ人も喫煙者なので、食後は煙草タイムとなる)、家族のことをあれこれと。2年前の誕生日会の時も、今回も、声をかけたけどやっぱり来なかった義妹のことも話題に。義妹は4年くらい前の夏にめぎ家と一緒にここを訪ねたのだが、それきり母親に愛想を尽かし、関係を絶っている。赤ちゃんの頃から今まで何もしてくれなかった母親に、娘の側からしてあげることなど何もない、というのが義妹の言い分で、母親の方は、自分にお金がないから娘はやってこないのだ、父親の遺した奥さんは遺産を持っているからそちらに媚びるのだろう、と思っている・・・断絶は深い。

夜の9時頃。まだ明るくて、テラスに座っていても寒くなくて、気持ちの良い夏の夜だった。
b10.jpg


撮影: D600 + 20mm(F1.8)
nice!(40)  コメント(5) 

nice! 40

コメント 5

Baldhead1010

うちの県の訛りも結構きついようです^^;
by Baldhead1010 (2016-08-17 04:29) 

ナツパパ

あはは...めぎさん、さすが!!
カミさんの母方の実家は琴似で農家ですが、
そこの伯母は函館生まれです。
陽気な浜言葉は、めぎさん以上にすごいです。
by ナツパパ (2016-08-17 09:53) 

テリー

ドイツの田舎町の景色は、いいですね。
こういう町のレストランで、親戚縁者が集まって食事。
どろどろした人間関係が、また、面白いです。

by テリー (2016-08-17 10:16) 

engrid

母は、生まれ育った地方の言葉を、今はほとんど使いませんが
でも、電話であちらの方と話しているうちに、知らず知らずに
使っていますね、慣れ親しんだ言葉は、忘れてしまわないな、、
そんなこと思います、、
by engrid (2016-08-18 00:41) 

Inatimy

ドイツは大きな国だから、方言も数が多いのでしょうね^^。
やっぱり大きく違うとTVで字幕がついたりするかしら。
ドイツの少数民族ソルブ人のこと、初めて知りました。
言語も何らかの違いがあるのかしら。
by Inatimy (2016-08-18 06:54)