So-net無料ブログ作成

ドイツという国の良さ [文化の違い]

ax.jpg

9月に入ってもまだ19時に太陽があそこにあるドイツ。
a1.jpg


これからどんどん暗くなる・・・そう思うとちょっと気が滅入るけど、この昼が長くて明るい夏があるからこそ、冬を頑張って乗り切れるのだ。
a3.jpg


ドイツという国の名前を聞いて思い浮かぶものは、みなさま、何かしら。ビール、ソーセージ、ベンツやBMWなどの車、クリスマスマーケット、ベートーベンやブラームスなどクラシック音楽、ゲーテやトーマス・マン、ブレヒトなどの文学・・・等々、とってもポジティブなものと大きく並んで、ナチス、ヒトラー、そしてネオナチかしらね。
a2.jpg


そんなブラックなイメージも強いドイツに、今難民が押し寄せている。去年だけでも20万人。今年はたぶん80万人、この調子でいくと来年以降はいったいどうなるのか・・・(ちなみに日本は去年難民申請したのが3千人程度で、認可されたのは6人だって!)

ちょっと理性的に考えられる方ならすぐに疑問が湧くはずだ。どうしてドイツへ?と。日本人がたぶんドイツよりずっと民主主義なんじゃないかとポジティブなイメージを持っているフランスでもイギリスでも北欧でもなく、どうしてドイツへ行きたいの?ドイツって、ネオナチが増えているんじゃないの?どうして難民がやってきて平気なの?迫害受けちゃうんじゃないの?差別凄いんじゃないの?それなのにどうして難民はドイツに行きたいと思うの?と。
a4.jpg


今の難民の人たちはフランスやイギリスへ行きたいとも、アメリカへ行きたいとも言っていない。もちろん日本へ行きたいとも誰も言わない。行きたいのはドイツなのだ。皆、ドイツだけが自分たちを受け入れてくれると信じている。その昔たくさんの人が夢の実現を目指してアメリカへ向かったように、今やドイツが世界のドリームランドなのだ。
a5.jpg


それはなぜなのだろう。ナチスの反省から、徹底的に民族主義を排除する努力をしてきたドイツ。たしかにドイツにはネオナチがあるが、それは極々少数派。メディアはすぐにネオナチを大きく取り上げるから、日本にいたら、やっぱりドイツって危ない・・・という印象をすぐに抱いてしまうが、実はドイツって、フランスよりもイギリスよりも、そして日本やアメリカよりも、民族の違いによる差別が少ない。ドイツは、めぎのような外国人が正規の教員になれる国だ。日本の場合、英語のネイティブの先生はたいてい任期付きのアシスタント扱いなのを思えば、その扱いの平等さがお分かりいただけるだろうか。めぎの教えている高校はデュッセルドルフで一二を争う優秀な進学校だが、ドイツ人生徒たちに東欧系もアラブ系もアフリカ系もアジア系も席を並べている。それが少なくとも都市部では極めて普通で、誰でも、ドイツ語ができさえすれば、ドイツ人と肩を並べて生きていける。
a8.jpg


デュッセルドルフは、いったいどれほど外国籍の人が住んでいるのか、いや、生粋のドイツ人がどのくらいいるのか、と思うほど国際都市である。電車に乗れば、ドイツ語が聞こえてこないほど様々な言葉が飛び交っている。めぎがよく行くパン屋の売り子の人たちはロシア系かトルコ系だし、学校や大学の掃除夫さんたちはアフリカ系だし、いつも通勤に使うバスの運転手さんたちはアフリカ系かアラブ系だし、スーパーのレジは東欧系かトルコ系だし、道路工事や大工仕事などは東欧系だし、彼らがいなかったらデュッセルドルフの日常生活はどうなってしまうのかと思うほどだ。つまり、移民に支えられている国であると言っていいだろう。ドイツの出生率は下がるばかりだし、ドイツ人は休暇好きであまり働く意欲がないし、移民がいなかったら働き手が十分ではないはずだ。ちなみにドイツの中でもめぎの住むNRW州は最も潤っている州だから、ドイツの難民の20%を受け入れるのだという。そうかあ、これからさらに外国人が増えるのね。あ、そういえば、めぎもここでは外国人なのよね。お仲間が増えるのね。
a7.jpg


もちろん治安の悪化などを懸念する声もある。保守的な人はどこにでもいるし、選挙のために言葉を濁したり外国人排斥の発言をする政治家ももちろんいる。しかし、治安を悪化させているのは外国人ではなくネオナチに走るドイツ人だという気もする。ドイツは移民やマイノリティへの援助が非常に手厚いため、外国人が犯罪を起こすということが実は非常に少ないのだ。一方、ドイツに留まるにはドイツで難民登録する必要があるが、それにはまず役所でアポイントをとる必要があり、しかし昨年数万人がアポイントをとろうとして申請したが未だアポをもらえていないという現実もある。それに対応する役所の職員の数も少ないし、彼らは例によって長期休暇もとるし、(もしかしたら故意かも知れないが)数に追いつかないのである。しかしその一方で、ボランティアで彼らに手をさしのべるドイツ人も少なくない。ミュンヘンやドルトムントでどれほどの一般のドイツ人がシリアからの難民到着時に服やら食べ物やらを持参して迎えたか・・・ほんの数人のネオナチが反対と叫んで小火を起こしたりするのと対照的に、誰に強制されている訳でもないのに駅まで温かく迎えに出かけたドイツ人たちの圧倒的な数・・・その様子を見ると、ドイツって、ものすごいヒューマンな国だったのね、と改めて驚かされる。うちのドイツ人が言うには・・・80万人といえばドイツの人口の1%だ。80人のドイツ人のうち1人が難民だったとしたら、あとの79人で養うことは容易いのではないか。しかもその1人は、後の79人よりずっとずっと、頑張って働きたい!という意欲とエネルギーに満ちてやってきているのだ。結果的にはドイツの経済にとって有益ではないか。だいたい、ドイツは労働人口が少ないのだから。これは夜中にデュッセルドルフ駅で難民の到着を待っている人たち。(写真はRP-Onlineから。)
RP.jpg


思えば、うちのドイツ人の父親も母親も、旧東ドイツから西側へ逃れた移民である。思えば、めぎの祖先は、何らかの事情で本州から北海道へ夢を求めて移住した一種の移民である。めぎ自身も、めぎなりの事情で夢の実現を目指してドイツに渡った一種の移民である。その所為か、難民のニュースはあまり他人事とは思えない。

ただただ、戦争のないところへ行きたい、普通に働いて寝てご飯が食べられる所へ行きたい、そう思って、そう願って、かけがえのない故郷を捨てて来なければならなかった人たちに、幸せがもたらされますように。
a6.jpg


撮影: Nikon 1 V3 + 18.5mm(F1.8)
nice!(46)  コメント(11) 

nice! 46

コメント 11

Baldhead1010

日本に住み、嫌なことはたくさんあるけれど、しみじみと平和のありがたさをかみしめています。
by Baldhead1010 (2015-09-08 04:28) 

ちばおハム

ドイツの方々がどのように移民を受け入れしているのか気になっていました。
とんでもない数のように思えるので。
懐の深い国なんだな、と、心が動かされるドイツの国としての対応だと思います。
by ちばおハム (2015-09-08 05:13) 

母ちゃん

連日このニュースが報道されてます。あまりの数の多さ、めぎさんのお住まいのドイツがどうなるんだろう・・・、ってちょっと心配してます。
by 母ちゃん (2015-09-08 06:19) 

YAP

難民のニュースは、日本でも連日報道されています。
寛容なドイツ(政府)も、どこまで体力的に持つのか。
いや、ドイツも日本同様に労働者人口が高くなってきているということだそうですから、将来の労働力としても見ているのかな?
by YAP (2015-09-08 08:11) 

engrid

連日のニュース
ドイツの対応と、他の国の対応の違い
新聞で読むより、よくわかりました
中なら見る内情に、そうなのと理解が出来ます
そうはいえ、どうなっていくのでしょうか、、
by engrid (2015-09-08 18:03) 

Inatimy

ドイツを目指すのは、EU内でも力があり、
他の国よりも失業率が低く経済も安定してるほうだからかな。
スペインも失業率高い上すでにアフリカから船で漂流してきた人たちで手一杯で、フランスは本国以外に海外県や海外領土も多く抱えているし、英国もフランスから海峡トンネルを歩いて入ってくる移民の人たちのニュースが大きく取り上げられてたし、オランダも歓迎・反対の両方・・・どうなっていくのか今後の流れから目が離せませんね。
言葉や習慣の違う国で、この先地域の住人と折り合いよく、ちゃんと暮らしに馴染んでいけるといいけれど。これから冬を迎えるし、歩いて目的地を目指している人たちも心配。しかも、資金も体力もなく、まだ国から出られずに残っている人たちもいるんですよね・・・。
by Inatimy (2015-09-08 19:01) 

Bonheur

「ドイツで80万人移民受け入れ」というニュースを見た時に、大変驚きました。労働力として期待しているのはわかりますが、彼らへの援助も当然必要となるわけで、ドイツ経済は大丈夫なのかと。北欧の国では、「移民は受け入れない」と明確に打ち出しているところもありますよね。移民のニュースからは目を離せません。
by Bonheur (2015-09-08 20:04) 

ぽりぽり

シリアというパンドラの箱を開けてしまった、欧米諸国が責任をとる必要がありますよね。特にドイツはEUの勝ち組で富を独占しつつあることは皆の知るところになってきましたから、相応の対応が必然だと多くの方が感じていると思います。めぎさんのような高学歴で能力の高い方はドイツも本当にウェルカムでしょうが、現在進行形の今回の移民問題はそう簡単にハッピーエンドになるとは思えません。
by ぽりぽり (2015-09-08 21:16) 

テリー

やはり、ドイツは、それだけ、働ける場所、産業があるから、80万人もの人を受け入れるのでしょうね。
ただ、ドイツの若者の働き口を奪うのも確かでしょうから、若者の失業率が増え、折角大学を出ても、働く口がなくなって
社会不安につながる恐れも、あり、ネオナチの勢いを増す恐れも、あるでしょうね。ドイツは、懐が深いとも言えますね。
まあ、民族の大移動は、昔からありましたね。
日本は、周りが海に囲まれて、単一民族ですので、外国人に対する許容度は少なく、自分たちの職を失われることになると、拒否反応を起こしますね。
人手が足り無くて困っている分野に限って、しかも、年数制限付きで、学習という形で、安価に働かせていますね。これも、問題となっているようですが、--。
by テリー (2015-09-08 22:08) 

mimimomo

国の事情がいろいろありますからね~良い悪いと言うことは難しいでしょう。日本に来て日本語をしっかり覚えられる人は結構少ないし、こう言う言葉の壁も一つの理由でしょう。

by mimimomo (2015-09-09 07:20) 

momo

最近毎日ニュースで目にします。めぎさんの解説でなるほどなぁ*と
思いました。
by momo (2015-09-09 21:53)