So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ベントハイマー豚など [エムスラント 2018年5月]

現在、5月初旬の週末の旅の話を連載中。

昨日までご紹介した1920~30年代の家の展示を見て外に出ると、コッコッコと賑やかだった。
b3.jpg


そのすぐそばに豚さんが寝ていた。
b2.jpg


こんなふうに転がっていて、うんともすんとも。
b1.jpg


その近くの納屋に入ると、子豚さんたちもお昼寝していた。
b4.jpg


めぎのシャッターの音に気づき・・・
b5.jpg


何だぁブーブーと起き・・・
b6.jpg


みんな一斉に食べ始めた!
b7.jpg


しっぽが可愛い♪
b8.jpg


食べ終わった豚さんたちから順に水を飲みに行った。
b9.jpg


この斑の豚さんたちの名前はベントハイマー豚。この旅の最初に訪れたバート・ベントハイムに由来する種類の豚で、前日の夕食に食べたもの。こうして豚さんたちは大きくなって、あのステーキになるのね・・・

近くには鶏さんの雛たちも。
b11.jpg


なんだか、焼鳥さんになっちゃいますよ~という感じだったけど。
b10.jpg


納屋には燕も出入りしていた。これはトリミング。
b15.jpg


納屋を出てしばらく歩いていくと、羊さんたちも。
b12.jpg


泥炭地の沢が広がっていたところを埋め立てて何をしたかと言えば、牧畜が主だったのね。
b13.jpg


よしよし・・・きみたちも美味しいラム肉になっちゃうのかな・・・
b14.jpg


撮影: D600 + 70-200mm(F4)
nice!(2)  コメント(1) 

昔の暮らし [エムスラント 2018年5月]

現在、5月初旬の週末の旅の話を連載中。

泥炭地ミュージアムの中にあった1920~30年代のドイツの暮らしを再現した家のつづき。ここは寝室。
a1.jpg


足元には湯たんぽ。
a4.jpg


ベッドの下にはブーツを脱ぐ道具とおまる。
a9.jpg


そして、宗教も寝室に同居。
a5.jpg
a6.jpg


電気もあったのね。
a2.jpg


メーターは1951年のものだった。
a3.jpg


朝起きたらこういうので顔を洗っていた暮らしは実はほんの少し前のことなのに、今ではもう考えられないわよね。左上には櫛が置かれ、小さな鏡も。
a7.jpg


石板とランドセル。
a10.jpg


手芸道具のこういう入れ物はうちのドイツ人も同じタイプのを使っている。
a8.jpg


こうしてどうにかこうにか70-200mmのレンズで家の中を写し、外へ。

外にはパン焼き窯。
a11.jpg


ちょっと魔女の宅急便を思い出した。
a12.jpg


撮影: D600 + 70-200mm(F4)
nice!(22)  コメント(6) 

1920~30年代の暮らし [エムスラント 2018年5月]

現在、5月初旬の週末の旅の話を連載中。

ドイツ北西部のエムスラント地方にある泥炭地ミュージアムに、開館10時きっかりにやってきためぎたち。そう言えばミュージアムの建物の写真は取っていない。こんなところである。写真はこちらから。ミュージアムのホームページはこちら
Moormuseum.jpg


入ると、まずは歴史の説明などのある建物を見学。昔の映像もあって、泥炭を作る様子が興味深かった。
b1.jpg


人々の服装や、当時の働く女性たちの力強さが印象的。映像は3種類くらいあって、昔の映像に典型的な早回しのような映像をゆっくりと見た。
b2.jpg


外に出ると、ミュージアムの広大な敷地を回れるようになっている。めぎたちのいたところは1番で、そこから5番の場所へ向かった。
Map.jpg


そこには、1920~30年代にこの地方に住み着いた人たちの暮らしが再現されていた。これは映像にも出てきた靴。これを履いて泥炭と踏み固めていた。
b3.jpg


中はかなり理想的に再現したものとあって、集めたものが何でも置かれているという感じだが、当時の生活がよく伺えた。
b4.jpg


泥炭地ミュージアムで展示物を撮影するつもりはなかったので、狭い家の中で撮影するには全く不向きな70-200mmの望遠レンズしか持っていなかったが、色々と興味深いものが置かれていて、そこに明るい朝の光が差し込んでいて綺麗だったので、1mまで寄れるというのを一生懸命活かして撮影。

朝日の差し込む窓辺。
b5.jpg


当時の水道とシンク。
b6.jpg


当時の調理器具や調味料入れなど。
b7.jpg


そこにあったこの戸棚には、うちのドイツ人が「あ!これ、うちにあったのと同じ!!」と声を上げた。60年代に住んでいた家にこれと似たようなのがあったという。よく見ると、上に乗っているラジオとか、Dr. Oetkerの缶とか真ん中のパン保存容器とか、懐かしいものがいっぱいの様子。いやはや、うちのドイツ人ももう本当に生きた歴史の一人になったということね。いや、めぎだって、懐かしの昭和のものを集めたミュージアムにでも行けばああこれこれ知ってる~懐かしい!となるはずで、以前昔の暮らしを伝えてくれたような祖父母の代にめぎたちも入ってきたんだなとつくづく感じさせられた。
b8.jpg


コーヒーミルは今も使っている人も結構いると思うけど、このWolfはなかなかいないわよね。Wolf(狼)という名のこの道具は肉をミンチにするためのもの。めぎ家はこれを特にレバー団子スープを作るときに愛用している。
b9.jpg


天井からこうしてハーブを吊り下げるのはうちのドイツ人がよくしていること。
b10.jpg


左上の壁にあるのは玉葱入れ。芽が出ているところが妙に現実的。
b12.jpg


そうそう、4枚目の写真で右手前にボケて写っているバックみたいなのは、開くとこんなのが入っていた♪
b11.jpg


この頃の暮らしと今の暮らし・・・今は褐炭生産のような重労働をしなくても良くなって、何もかも便利になったけど、どちらが人の一生として充実していたと言えるのだろう・・・ふとそんなことを思った。

撮影: D600 + 70-200mm(F4)
nice!(30)  コメント(6) 
前の3件 | -